【WWE日本公演 見所特集コラムA】2度の長期欠場から不屈のカムバック!ヒデオ・イタミが待望の日本凱旋試合!クルーザー級の新星、戸澤陽とのタッグも実現![WWE]

 ハルク・ホーガン立ち会いのもとおこなわれた公開契約から3年、ついに、そしてようやく、ヒデオ・イタミがWWE日本公演のリングにコスチューム姿で立つことになる。世界最大のスポーツエンターテインメント団体WWEが今年も両国国技館で開催する日本公演「WWE LIVE TOKYO」6月30日(金=18時開場、19時開演)、7月1日(土=17時開場、18時開演)。来日スーパースターのなかには、2度の長期欠場から復活したヒデオもメンバーに名を連ねている。  NOAHのKENTAからWWEのヒデオ・イタミへと変身を遂げたのは2014年9月のことだった。鳴り物入りで世界最大の舞台に登場し、新鋭ブランドNXTのスーパースターとなった。15年4月には年間最大のビッグイベント「レッスルマニア31」に参戦。アンドレ・ザ・ジャイアント杯バトルロイヤルに出場し順調な歩みを見せていた。封印されていた得意技go2sleepを解禁したのも、この頃のNXTだった。

 ところが、5月に左肩を負傷、長期欠場をしいられることになる。ヒデオの参戦も予定されていた7月の日本公演は無念の欠場。それに先立つプロモーション来日では左腕を吊り、痛々しい姿で会見やインタビューをこなした。スーツ姿での凱旋となった両国国技館では殿堂入りセレモニーで藤波辰爾を紹介、リングに呼び込み役割を全うした。大会のメインでは日本育ちのフィン・ベイラー(プリンス・デヴィット)がNXT王座を初戴冠、海外のハウスショーでタイトルが移動という快挙をやってのけただけに、“順調ならばここにヒデオも…”という思いが脳裏をよぎったものである。  復帰にかかった時間は1年2カ月。カムバック戦は16年6月30日だった。この時期、ヒデオのあとからWWE入りした中邑真輔やアスカは日本公演のため故郷に向かっていた。ヒデオは、元TMDKのニック・ミラー&シェイン・ソーンと元NOAHトリオを結成し、サモア・ジョー組から勝利。フィニッシュをとったのもヒデオだった。

 しかし、ここからというところでまたもや負傷してしまう。10月1日のハウスショーでリディック・モスのパワースラムを食らった際、首を痛めてしまったのだ。ヒデオの欠場中、アスカはNXT女子王座として負け知らず、記録を次々と塗り替えNXT女子を牽引していった。中邑はNXTで世界的大旋風を巻き起こし、メインロースター昇格への道を切り開いていた。ヒデオが戻ってきたのは今年3月23日。振り返ってみればWWEを取り巻く状況も入団当時とは大きく変わっている。日本人が増えたことはもちろん、番組、ブランドも増えた。所属するNXTの趣旨も、発足当初とは大きく変貌を遂げている。ある意味、その先駆けとなったのがヒデオの入団だっただけに、このままで終わるわけにはいかないのだ。

 「レッスルマニア33」直後の大会(4・4リッチモンド)で中邑がスマックダウンに登場、メインロースター昇格を果たすと、こんどはヒデオにもチャンスがやってきた。中邑が価値を上げたNXT王座。そのベルトへの挑戦権が巡ってきたのだ。初挑戦の舞台はビッグマッチ、5・20「テイクオーバー:シカゴ」のセミファイナル。来日経験もあるボビー・ルードがチャンピオンで、ヒデオがチャレンジャーという図式である。過去にレッスルマニアもおこなわれたオールステートアリーナで、ヒデオはこれまでの鬱憤を晴らすかのように躍動した。しかし、最後はルードのグロリアスDDTを食らい、3カウントを聞いてしまう。go2sleepも決めたのだが、読まれていた回数の方が遙かに多かったのだ。試合後のヒデオはバックステージで大荒れ。それだけ、この試合にかける思いが大きかったということか。

とはいうものの、この挑戦は本格参入へのスタート地点にすぎない。これをホンモノにするためにも、今回の日本公演、初凱旋は、弾みをつける絶好のチャンスになるのだろう。しかも、初日の対戦相手は日本で育ち、日本のプロレスを知り尽くしたクリス・ジェリコである。日本公演では、日本で得た、日本仕様のファイトをWWEスタイルにミックスさせて仕掛けてくるのが恒例。昨年の同時期には中邑vsジェリコがおこなわれている。それだけに、ヒデオvsジェリコは見逃せないカードなのだ。 2日目のヒデオは、日本人スーパースター戸澤陽と組んで、新日本で活躍した元バレットクラブのルーク・ギャローズ&カール・アンダーソン組と対戦する。日本人チームと、日本を主戦場としていた大型外国人チーム。こちらも大注目のカードとなった。

ヒデオとタッグを結成する戸澤は、昨年6月から開催された「クルーザー級クラシック」トーナメントにエントリー。3戦をおこないベスト8に残る快進撃をみせた。これが認められると昨年11月にDRAGON GATEを退団しWWEと正式契約。さらにはわずか1カ月でNXT初の日本公演に凱旋し、NXTタッグ王座に挑戦した。現在はクルーザー級中心の「205LIVE」で活躍しロウにも登場。新ブランドとメインブランドを往来する、新しいタイプのスーパースターと言えるだろう。クルーザー級戦線をかきまわす貴重な存在となっているのだ。 それだけに、初日、2日目ともヒデオ絡みのカードが大きな楽しみになってくる。日本公演「WWE LIVE TOKYO」は6月30日と7月1日、両国国技館での2DAYS開催だ。

(構成・文:新井 宏)


※来日タレント、対戦カードは変更される場合があります。予めご了承ください。
※王座は5月20日、NXT「テイクオーバー:シカゴ」終了時点でのもの。



■大会名:WWE Live Tokyo
■日時:6/30(金)〜7/1(土)
■会場:国技館 (東京都)

チケットの詳細はこちら

2017-06-12 15:28 この記事だけ表示