【リアルジャパンプロレス 12・7後楽園ホール】初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス2016特別興行『初代タイガーマスク35周年記念大会 レジェンド王者に挑む“日本が誇る寝技師”タカ・クノウ[リアルジャパン]


©REAL JAPAN

チケットの詳細はこちら



レジェンド王者に挑む“日本が誇る寝技師”タカ・クノウ
「プロレスには“導かれた”感じがある。大谷選手にキャリアは及ばなくても“思い”は負けない」

(取材・文:新井宏)


 リアルジャパンプロレス「『GOLDEN AGE OF THE TIGER』〜初代タイガーマスク35周年記念大会〜」(12月7日、東京・後楽園ホール)で第11代レジェンド王者・大谷晋二郎に挑むタカ・クノウ。プロレスに「導かれた」という“日本が誇る寝技師”は、対戦を前に原点となった金曜夜8時、ストロングスタイルの思い出を語る。大谷に対し「“思い”は負けない」と話すタカ、その本物の技で王座奪取はなるか。


――2013年12月12日、リアルジャパンに初参戦した時以来のタイトルマッチが決定しました。



©REAL JAPAN

タカ もともと猪木会長のIGFでデビューさせて頂いて、会長のところを拠点と思っていたので、他のところは考えていませんでした。なんですけど、佐山先生のところで毎週練習をするようになって「出てみたら?」と先生に言って頂いたので、心を決めて出ようと。でもプロレスラーになったのも、そもそも戦い出したのも会長の影響だし、始めたきっかけはストロングスタイル以外にありません。会見で大谷選手が「金曜夜8時のつもりで戦う」と言っていましたが、僕も同感です。金曜夜8時を見て育って、猪木会長にも確かめたことがあるんです。「会長、“戦い”って金曜夜8時でいいんですよね?」と言ったら、「バカヤロー」と言ってニヤッと笑ってくださって。やっぱりそういうこと・思いがあるので、大谷選手も同じ感覚でいると思います。僕はデビューもそうですし、小さい頃から、遺伝子はアントニオ猪木です。


――そんなタカ選手にとって、「金曜夜8時」の思い出や印象的なシーンだったりを教えてください。



©REAL JAPAN

タカ 本当に自分の原点だし、自分の人生そのものというか。でも僕のルーツは本当は、3つの時とかそれぐらいに見た、多分日本プロレスだと思います。親戚のおばさんがプロレスが大好きで、よく一緒に見ていたんです。物心がつくかつかないぐらいの時でしたけど、でも覚えています。おばさんたちも熱狂して見ていたし、試合内容までは覚えてないんですけど、とにかく人間同士が裸でぶつかり合う姿がカッコよくて、こんなスゴいものがあるのかと思いました。それでプロレスラーになりたいっていうのがずっとあったんですけど、ある時期からちょっと遠ざかってしまって。でも縁なんですかね、アメリカに15年ぐらい行っていて、帰ってきて拾ってもらったのがアントニオ猪木だったっていう。


――アメリカに行っている間はプロレスラーになろうという思いはなかったのでしょうか。


タカ アメリカにはボディビルをしに行ったんですけど、ボディビルを辞めた後で何もすることがなくなって、目標がなくなってしまったんです。でも自分は柔道をやっていたのでそれをきっかけに柔術の試合に出るようになって、そうしたら周りの日本人が集まってきて、道場で練習を教えるという状況になって。その時道場にテレビがあって、近くにあった日本のビデオショップで新日・全日のビデオをそれこそ全部借りてきてよく見ていたんです。そこでプロレスへの思いが蘇ってきた感じですね。


――では、渡米した時やボディビルをやっていた時というのは、今のような状況というのは全く予想がつかなかったのではないですか。



©REAL JAPAN

タカ 全然予想がつかないです。でも面白いことに、自分で選択している人生っていう感じじゃないんです。アメリカに行ったのも、ボディビルをやったのも自分の選択なんですが、それ以降っていうのは全て用意されているような、導かれてこっちに来ている感じがあります。格闘技の世界に入った時も、同じジムにジャン・ジャック・マチャド(“寝技世界一決定戦”アブダビコンバットで優勝を果たすなどした柔術の超強豪)がいて、「こいつ、柔道やっていたんだよ」なんて話をしたら、「じゃあうちの試合に出てみろよ」、「いいね」みたいな軽い気持ちから、そこから作り上げられていったんです。それで日本に帰ってきたら、今もお世話になっている社長が「お前、俺がプロデュースしてやるから格闘技デビューするか?」「じゃあ、お願いします」みたいな感じでトントントンと進んだ感じで。全部がそうやって導かれている感じがします。


――では、ボディビルを終えて以降はどんどんプロレスに呼び寄せられていったと。


タカ 小さい頃なりたかったものの方向に、引力がそっちの方向へ行っていた感じです。やっと昔の思いが繋がった感じで。


――そこからIGFを経て、現在主戦場となっているリアルジャパンという団体についてどう思われているかお願いします。



©REAL JAPAN

タカ ここが自分の戦う、そして表現する場だと思っています。総合格闘技は遊びのない世界ですけど、リアルジャパンも真剣な世界で同じようなものを出せると思うし、やっぱりここは僕の居場所ですね。だから他の団体に出ていないっていうのもそういうことだと思います。


――そういった団体で再びタイトルマッチのチャンスが巡ってきました。



©REAL JAPAN

タカ これも導かれてというのがあると思います。ベルトが欲しい・欲しくないっていうことに関すると、ベルトに対しての欲っていうのはないんです。ただチャンスを与えてくださった佐山先生に自分がどれだけ返せるかっていうことを思っています。


――自分に夢を見せ、与えてくれた人たちに返したいというお気持ちなのですね。


タカ はい。自分が思っていた気持ちをどれだけ周りにも同じように伝えられるかっていうのもありますし、それってこちらが真剣じゃなきゃ伝わらないと思うんです。真剣な戦い、本物の技でなければ。なのでそこを真面目に、そして真剣に、怖さを出しながらやっていきたいです。


――では、小さい頃タカ選手が感じていたものを、見ている人にも同じように伝えたいというところでしょうか。


タカ 全部は伝わらなくても同じ感覚と言いますか、大谷選手との会見でも出たワクワクするものを感じてもらえればと思います。そこから僕もこういう風になったので。なので自分がプロレスラーになりたいとかじゃなくても、何かのインパクトとして試合を見て頑張ろうと思ってくれたり、いろんな気持ちになってくれればいいかなと思います。


――そんな気持ちを込めて立つ試合に、改めて意気込みとメッセージをお願いします。


タカ 僕はプロレスラーとしてのキャリアは大谷選手に遠く及ばないものがありますが、だけど“思い”っていうのは、もう50年近くプロレスに対してありますので、その思いをぶつけて戦いたいと思います。思いは負けないです。



©REAL JAPAN


【対戦カード】


©REAL JAPAN

<第6試合 メインイベント レジェンド選手権試合 60分1本勝負>
【王者】大谷晋二郎(ZERO1)
vs
【挑戦者】タカ・クノウ(チーム太田章)

<第5試合 セミファイナル 6人タッグマッチ 60分1本勝負>
スーパー・タイガー(リアルジャパン)&船木誠勝(フリー)
&5代目タイガーマスク(国籍不明)
vs
石川雄規(Battle Arts Academy)&グレート・タイガー(国籍不明)
&ブラック・タイガー(国籍不明)

<第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)
&山本SAN(COMBO)
vs
ザ・グレートサスケ(みちのくプロレス)
&那須晃太郎(フリー)

<第3試合6人タッグマッチ30分1本勝負>
初代タイガーマスク(リアルジャパン)
&スーパー・ライダー(リアルジャパン)&折原昌夫(メビウス)
vs
雷神矢口(大仁田軍団)
&アレクサンダー大塚(AODC)&田中稔(フリー)

<第2試合 シングルマッチ30分1本勝負>
鈴木秀樹(フリー)vs間下隼人(リアルジャパン)

<第1試合 シングルマッチ30分1本勝負>
倉島信行(ドラディション)vs柴田正人(フリー)

※対戦出場選手は諸事情により変更となる場合もあります。


■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス2016特別興行『初代タイガーマスク35周年記念大会』
■日時:12/7(水)分
■会場:後楽園ホール (東京都)

チケットの詳細はこちら

2016-12-05 11:53 この記事だけ表示