【リアルジャパンプロレス 12・7後楽園ホール】初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス2016特別興行『初代タイガーマスク35周年記念大会 記者会見レポート[リアルジャパン]


©REAL JAPAN

チケットの詳細はこちら



[王者]大谷晋二郎「緊張、恐怖、ワクワク感」!タカ・クノウとレジェンド選手権試合!
「この緊張感を見に来てほしい。リングの上は闘いである」

(取材・文:新井宏)


 30日、掣圏真陰流興義館にて12月7日(水)に後楽園ホールで開催されるリアルジャパンプロレス2016年特別興行『GOLDEN AGE OF THE TIGER』の参戦選手会見が行われた。メインイベントはレジェンド選手権試合。王者・大谷晋二郎にタカ・クノウが挑戦する。
 会見はカードごとに進行。柴田正人と闘う倉島信行は、ドラディション所属だが興義館でリアルジャパン勢と特訓を積んでおり、初代タイガーマスクも「実力を秘めている選手。試合が楽しみ」と大いに期待を寄せている。ウルティモ・ドラゴンは山本SANと組んで、ザ・グレートサスケ&那須晃太郎組と対戦する。出席したウルティモ・ドラゴン校長は、「今回は初代タイガーマスクの復帰戦なので自分の役割は前座を温めること。初代タイガーマスクの試合はセコンドに付きたい!」と述べれば、那須晃太郎は「当日セコンドにつけないようにダメージを負わせる」と応えた。



©REAL JAPAN

 新たに発売された自身のトートバック(価格:2000円)の宣伝を始めたブラック・タイガーは、石川雄規、グレート・タイガーと組んで、スーパー・タイガー&船木誠勝&5代目タイガーマスク組と激突する。組み合わせには不満のようで、「なんで石川と組むのか。5代目タイガーって誰だ?」と悪態をつく。初代タイガーマスクは、5代目ブラック・タイガーを「非常に基本がしっかりしている選手」と高い評価を示し、愛弟子スーパー・タイガーに対しては「ストロングスタイルの信念がはっきりしている。イイ試合をしてもらいたい」とした。
 全日本プロレスなど、アチコチの団体で暴れているスーパー・タイガーは、「パートナー(船木誠勝&5代目タイガーマスク)もライバル」と闘志を燃やす。



©REAL JAPAN

「金曜夜8時の生中継メインイベント」の緊張感!
前回9月10日(土)ディファ有明大会で、前王者・船木誠勝を大激闘の末破り、第10代王者となった“世界一熱いプロレスラー” 大谷晋二郎が初防衛戦の挑戦者に“グラップリング世界王者” タカ・クノウを迎えて行う緊迫感満載のレジェンド選手権。タカ・クノウが「大きなチャンスに感謝します」とした上で、「もともといつ何時、誰とでも闘う主義なので、気負わずに臨む。熱い選手なので嬉しい」と語れば、大谷晋二郎は「リアルジャパンがタカ・クノウ選手を選んだ理由を考えてきたが、今わかった。思いきり強い挑戦者を撃破して、大谷晋二郎がチャンピオンでいて欲しいと求めてきたんだろう」と語り、「正直、試合をみたことがない」対戦相手を挑発する。「緊張と、恐怖と、ワクワク感が止まらない」、「すべてを大谷色に染める」とテンションが上がりっぱなしだ。
 このハイパー発言を受けて初代タイガーマスクも「金曜夜8時の時代ならこれぞメインイベント。ぜひワクワク、ドキドキを味わってほしい。35年たつが熱気の空間は変わらない。ファンも期待して欲しい」と太鼓判である。


 大谷は、これを当時の初代タイガーマスクと大谷が闘ったらどうなるか」という風に受け止め、「生中継されている気分で闘う。長い試合にならないかも知れない。タカ選手が知らないプロレスを自分はたくさん持ってるから。ワクワクがさらに大きくなった」と興奮を隠さない。


 タカ・クノウもまた、「大谷選手を知らない人はいない。ひとたび怒らせれば怖い選手。タフだし強さを感じる。ギリギリからの決死回生もある。ただ、私の寝技の入り方を相手は知らないかもしれない。勝負だから何があるかわからない。大谷選手の知らない関節技で終わってるかもしれない」と臨戦態勢だ。



©REAL JAPAN

 最後に初代タイガーマスクは、「この緊張感を見に来てほしい。リングの上は闘いである」と会見を締めくくった。



【対戦カード】(一部試合順後日発表)

<メインイベント レジェンド選手権試合 60分1本勝負>
【王者】大谷晋二郎(ZERO1)
vs
【挑戦者】タカ・クノウ(チーム太田章)

<セミファイナル 6人タッグマッチ 60分1本勝負>
スーパー・タイガー(リアルジャパン)&船木誠勝(フリー)
&5代目タイガーマスク(国籍不明)
vs
石川雄規(Battle Arts Academy)&グレート・タイガー(国籍不明)
&ブラック・タイガー(国籍不明)

<6人タッグマッチ 30分1本勝負>
初代タイガーマスク(リアルジャパン)
&スーパー・ライダー(リアルジャパン)&折原昌夫(メビウス)
vs
雷神矢口(大仁田軍団)
&アレクサンダー大塚(AODC)&田中稔(フリー)

<タッグマッチ 30分1本勝負>
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)
&山本SAN(COMBO)
vs
ザ・グレートサスケ(みちのくプロレス)
&那須晃太郎(フリー)

<シングルマッチ 30分1本勝負>
鈴木秀樹(フリー)vs間下隼人(リアルジャパン)

<シングルマッチ 30分1本勝負>
倉島信行(ドラディション)vs柴田正人(フリー)

※対戦出場選手は諸事情により変更となる場合もあります。


■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス2016特別興行 『GOLDEN AGE OF THE TIGER』〜初代タイガーマスク35周年記念大会〜
■日時:12/7(水)
■会場:後楽園ホール (東京都)

チケットの詳細はこちら

2016-12-02 10:42 この記事だけ表示