【「NXT LIVE JAPAN」日本公演直前コラム vol.3】Tajiri、戸澤、ヒデオ・イタミ、元TMDK、元ラ・ソンブラetcNXT大阪公演で、日本ゆかりの選手が多数来日![WWE]

■大会名:WWE NXT Live Japan
■日時:12/3(土)
■会場:エディオンアリーナ大阪 (大阪府)

チケットの詳細はこちら



 世界最大のプロレス団体WWEで急成長する第3ブランドNXTが、初めての日本上陸を実現させる。12月3日(土)エディオンアリーナ大阪で開催の「NXT LIVE JAPAN」には、NXTで活躍中の旬のスーパースターがこぞって来日。日本と縁の深い選手も多数参加することになった。

来日メンバーは、中邑真輔、ヒデオ・イタミ、アスカ、サモア・ジョー、ボビー・ルード、♯DIY(ジョニー・ガルガノ&トマソ・チャンパ)、Tajiri、戸澤陽、タイ・デリンジャー、イライアス・サムソン、ティノ・サバテリ&リディック・モス、ザ・リバイバル(スコット・ドーソン&ダッシュ・ワイルダー)、リブ・モーガン、アリーヤ、ペイトン・ロイス、ビリー・ケイ、オニー・ローカン、アンドラデ・アルマス、TM61(シェイン・ソーン&ニック・ミラー)、バディ・マーフィー、ウェズリー・ブレイク、エンバー・ムーン。(11月20日現在。来日予定選手は変更される場合があります)

 メインにはサモア・ジョーvs中邑真輔のNXT王座戦が予定されており、現在進行形の抗争がそのまま輸入されることとなる。中邑は言わずと知れた新日本プロレス出身の元IWGPヘビー級、元インターコンチネンタル王者で、ジョーも日本のプロレスを研究し、ROH、TNA、日本の団体を経由しWWEに到達した選手である。このカードに代表されるように、NXT初の日本公演では、日本にゆかりある選手が多数参戦する。

 たとえば、WWEにカムバックしたTajiri。彼は現体制のWWEでもっとも成功した日本人スーパースターのひとりだろう。日本で初めておこなわれたテレビ収録大会(2005年2月4日)では“師匠”ウイリアム・リーガルとのコンビで世界タッグ王座を奪取、祖国で感動的場面を創りあげてみせた。WWE退団後はハッスルに所属し、SMASH、WNCを旗揚げ。WWEで培ったノウハウをもとにユニークな世界観で団体を牽引した。そして今年、WWEの「クルーザー級クラシック」に登場。今回の日本公演にも参戦することになった、WWEのレジェンド的スーパースターである。  そのTajiriが、WWE入りを決めた元DRAGON GATEの戸澤陽とタッグを組む。戸澤はDRAGON GATE時代から海外志向が強く、アメリカのインディー団体を転戦。現地での活躍も目に留まったのだろう、今年新設されたクルーザー級ディビジョン期待の星として、晴れてWWE入りを決めたのである。

 ボビー・ルードはTNAの看板選手で、シングル&タッグの王座を獲得。2014年3月にWRESTLE−1の両国国技館に来日し、船木誠勝とシングルマッチをおこなっている。WWEへは必殺技をルードボムからグロリアスボムに代え、今年6月にNXTへ満を持して登場。NXTはもちろん、将来的にはロウ、スマックダウンでの王座取りも視野に入ってくるだろう。

 アンドラデ・アルマスもまた、日本に縁のある選手である。元々はマスクマンで、メキシコCMLLのラ・ソンブラがその正体。2003年にデビューし、2007年に老舗のCMLLへ入団。2010年に新日本プロレスに初参戦し、スケールの大きい空中殺法とルチャを超越したパワーでファンを魅了した。メキシコで結成したユニット、ロス・インゴベルナブレスは、内藤哲也がロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンとして日本に持ち込んだものだ。また、中邑真輔とはIWGPインターコンチネンタル王座を巡り日本とメキシコで闘っている。15年9月のCMLL創立記念イベント「アニベルサリオ」ではメインでアトランティスとマスクをかけた一騎打ちをおこない敗戦、素顔を明らかにした。

 その後、WWEとの契約を発表し、アメリカへ進出。現在はアンドラデ・アルマスのリングネームでNXTを主戦場としている。WWEにはいないタイプの選手だけに、今後の大化けが期待できるスーパースターだ。

 また、忘れてならないのがヒデオ・イタミ。日本人にNXTへの扉を開いたのがNOAHからWWEにやってきた元KENTAである。ヒデオは現在負傷欠場中だが、今回の日本公演にはやってくる予定。どんな形で参加するかは未定だが、こちらも楽しみのひとつである。

(取材・文:新井宏)



【決定対戦カード】

NXT王座戦
中邑真輔 vs. サモア・ジョー

タイ・デリンジャー vs. ボビー・ルード vs. イライアス・サムソン

#DIY vs. Tajiri & 戸澤陽

ティノ・サバテリ & リディック・モス vs. ザ・リバイバル オニー・ローカン vs. アンドラデ・アルマス

リブ・モーガン & アリーヤ vs. ペイトン・ロイス & ビリー・ケイ

この他、出場/登場予定
アスカ、ヒデオ・イタミ、TM61、バディ・マーフィー、ウェズリー・ブレイク、エンバー・ムーン

※出場/登場予定選手、カードは変更される場合があります
※各チャンピオンは日本時間11/20配信「NXT TakeOver: Toronto」前のものです


■大会名:WWE NXT Live Japan
■日時:12/3(土)
■会場:エディオンアリーナ大阪 (大阪府)
チケットの詳細はこちら

2016-11-29 12:55 この記事だけ表示