【リアルジャパンプロレス 9・10ディファ有明大会】佐山サトルプロデュース『GOLDEN AGE OF THE TIGER』〜初代タイガーマスク35周年YEAR〜 スーパー・タイガー選手インタビュー[リアルジャパン]


©REAL JAPAN

前回6・23後楽園ホール大会ではケンドー・カシン率いるはぐれIGF軍団に不覚を取ったスーパー・タイガーだが、全日本プロレスに夏のシリーズ参戦を経て、プロレスラーとしてさらなる進化。折原昌夫、間下隼人とタッグを結成し、必勝を期し抗争第2戦へと向かう。より太く幅の広いストロングスタイルを見せんとするタイガーが、決戦を前に闘志の炎を燃やす。

(取材・文:村上謙三久)




――前回6月大会ではカシン選手に不覚を取ってしまいましたが、対戦しての印象をお願いします。

タイガー ああやってこちらが見ていないところで技を掛けたりしてくるのは、やはりインサイドワークと言いますか。僕はまだプロレスっていうものをちょっと真っすぐ取りすぎているのかなと思いました。そこがプロレスの奥深さではありますけど、そこは僕自身の弱さだったり甘さだと思うので、今回はそういったところも踏まえて挑まないといけないと思います。ただ、今回は折原選手と組んでやってもらえるということで、向こうも構えてくると思います。前回のストロングスタイルそのまんまだった長井(満也)さん、アレク(サンダー大塚)さんのチームとはまた違いますし、なんでこのパートナー、チームを選んできたのか?
それはお客さんもそう思うんじゃないかと思いますが、そこが今回こちらの作戦でもあります。

――前回実際に手を合わせて、カシン選手からストロングスタイルを感じるところはありましたか?

タイガー それはもうやる前から分かっていましたし、実際やってみて流石だなと思いました。その印象は全く変わりません。将軍岡本にしても鈴木秀樹にしても、実力があるのは分かっていますし、やっていて楽しかったです。ただ、楽しかった先に油断ができると言うんですかね。“ただ仲良しこよしでやっているんじゃないよ”っていう部分、戦いの厳しさというのがその間、間で入ってくると言いますか。

――カシン選手が持つそうしたインサイドワークといったものが、逆にタイガー選手にしてみれば長く望まれてきたものではないかと思います。

タイガー 真っすぐとらえなきゃいけないと思っていた部分がどうしてもありましたが、今まで鈴木みのるさんや、全日本さんでもエボリューションの諏訪魔先輩でしたり、そういった方たちと接するうちに段々ちょっとずつ分かってきたというか、そうやって自分の力に変えていかなきゃいけないと思っています。今回はこのタッグパートナーに意味を込めて、僕自身が動ける部分と動けない部分、そしてエサとして出す部分をどう組み合わせるか、そこを考えていますし、向こうが1番ビックリすると思います。


©REAL JAPAN

――こうした話の中でも、今までになかった相手への揺さぶりが感じられます。

タイガー 前回はあまりにも正攻法で行き過ぎました。長井さん、アレクさんと組んでバチバチのストロングスタイルでと思って行ったら肩透かしを食らって……。腹も立ちますし怒りも出ましたけど、やっぱり“上手いな”っていう悔しさですよね。あるいは自分がまだまだ甘いなっていう。

――やはりストロングスタイルを意識すると、どうしても正攻法で真正面から行き過ぎるきらいがあるのでしょうか。

タイガー でも“それだけがプロレスじゃないよ”っていうのをケンドー・カシンさんに学ばせてもらったっていうか。今回の会見でも代表に歌を歌わせたり、ああいった要求をしてきましたけど、あれも実力があるからこそです。我々がガッチリ組んでいこうと思ったら、まずああやって油断をさせて、その上でリングではガチとやるっていう。やっぱりその辺はスゴいし、ケンカを知ってる人たちだと思います。

――カシン流の仕掛けをしてきた、今回の会見からすでに戦いは始まっているのですね。その上で今回は折原選手とのタッグ結成となりますが、こちらに関してはいかがでしょう。

タイガー 折原選手は長くリアルジャパンを支えてきてくれましたし、間下(隼人)を育ててくれた部分もあります。同じリアルジャパンという団体に出ていて志、思いは同じですから、向こうよりこっちの方がチームワークは長けていると思います。その上で今回はデコボコ感がキーワードだと思うので、それをケンドー・カシンにぶつけたいです。前回と違って今回はデコボコですが、それは本当に勝ちに行くからこそです。


©REAL JAPAN

――一筋縄ではいかないIFG軍団やカシン選手との戦いを経て、タイガー選手の中でストロングスタイルに対する思いが変わるようなところがあったのでしょうか。

タイガー 思いは一緒なんですけど、やっぱり“厚み”が足りなかったなって。もうただただ、真っすぐだけを求めていたのが、ケンドー・カシンにああいう戦いを見せられて、“お前の思いなんてすぐに折れるぞ”“これからもっと広いプロレスっていう世界でやっていくには、お前のストロングスタイルっていう思いだけでは細すぎるぞ”って前回の試合で言われた気がしました。その部分を前回の試合で見させてもらったので、それに対するアンサーを今回返せるようにと思っています。前回6月から今回の9月の間、僕は全日本さんのシリーズに出させてもらってきたので、この間で僕がどれだけ変わったかを見せたいと思います。

――ご自身ではどういったところが変わったと実感していますか?

タイガー もう全然変わりました。なんかやっと“プロレスラーになってきたな”という実感があります。今までの試合間隔からしたら、下手すると5年分ぐらいを今年一気にやった感じがあります。でもそれが今楽しくて、嬉しくてしょうがないと言うか。ケガもいろいろありますけど、それ以上に僕自身が燃えています。


©REAL JAPAN

――たしかに全国を回って試合を重ねていくのがプロレスラーというイメージはあります。

タイガー その通りだと思いますし、やっぱり反省をすぐに活かせるんですよね。試合でアッと思っても間が空いてしまうともうその時には忘れてしまっていますし、やっぱり100の練習より1の試合ですね。試合で恥をかくなり何なりしても、その中で掴むものというのはすごく大きいです。だから6月から僕自身は進化していますし、あの時だったらただ「悔しい」「この野郎」っていうことしかなかったと思うんですけど、それがこの3ヵ月で“こういうことだったのか”って、ケンドー・カシンのメッセージを読み取れるようになりました。

――では、そのメッセージに対するアンサーを今回はどのように返しますか?

タイガー 本当に今回はタッグパートナーの2人が僕の意気込みだと思うので、そこをどう取ってもらえるかがキーワードだと思います。でもストロングスタイルを追求することは何も変わらないし、プロレスラーとしての幅であったり厚みを戦い中で見せていきたいので、そこを感じ取ってもらえればと思います。


©REAL JAPAN

対戦カード

佐山サトルプロデュース
<メインイベント レジェンド選手権試合 60分1本勝負>
[第10代王者] 船木誠勝(フリー)
vs
[挑戦者] 大谷晋二郎(ZERO1)

<セミファイナル 6人タッグマッチ 60分1本勝負>
スーパー・タイガー(リアルジャパン)&折原昌夫(メビウス)
&間下隼人(リアルジャパン)
vs
ケンドー・カシン&鈴木秀樹&将軍岡本(はぐれIGF軍団)

<第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
田中将斗(ZERO1)&タカ・クノウ(チーム太田章)
[第10代王者] 船木誠勝(フリー)
vs
長井満也(ドラディション)&柴田正人(フリー)

<第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)
&小笠原和彦(PRO-KARATE 押忍闘夢)
vs
ブラック・タイガー(国籍不明)&ヒート(フリー)

<第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
スーパー・ライダー(リアルジャパン)&LEONA(ドラディション)
vs
ベアー福田(SECRET BASE)&山本SAN(COMBO)

<第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負>
倉島信行(ドラディション)
vs
那須晃光太郎(フリー)

※出場選手は諸事情により変更となる場合もあります。

【動画】初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス特別興行9/10(土)ディファ有明大会


■大会名:リアルジャパンプロレス特別興行
佐山サトルプロデュース『GOLDEN AGE OF THE TIGER』
〜初代タイガーマスク35周年YEAR〜
■開催日時:9月10日(土)開場/16時00分 試合開始/17時00分
■会場:ディファ有明 (東京都)

2016-09-07 12:51 この記事だけ表示