【リアルジャパンプロレス 9・10ディファ有明大会】佐山サトルプロデュース『GOLDEN AGE OF THE TIGER』〜初代タイガーマスク35周年YEAR〜 折原昌夫選手インタビュー[リアルジャパン]


©REAL JAPAN

リアルジャパンプロレス『GOLDEN AGE OF THE TIGER〜初代タイガーマスク35周年記念YEAR〜』(10日、東京・ディファ有明)では「はぐれIGF軍団vs.リアルジャパンプロレス軍」による6人タッグマッチ(ケンドー・カシン、鈴木秀樹、将軍岡本組vs.スーパー・タイガー、折原昌夫、間下隼人組)が行われる。前回6・23後楽園ホール大会ではスーパー・タイガーがカシンに丸め込まれ不覚を取ったが、ここでのカシンの振る舞いに異を唱えたのが折原昌夫だ。今回リアルジャパン軍に加わり戦う、その理由と胸のうちを語った。

(取材・文:村上謙三久)




――今回はリアルジャパン軍に加入して、はぐれIGF軍団との6人タッグマッチとなります。やはり長くリアルジャパンのリングで戦ってきて、思い入れから力を貸そうと思ったのでしょうか。

折原 いえ、今までリアルジャパンでやってきた思いからっていうことではないんです。そうではなくて、IGF軍団はこの前の試合も見たんですけど何がしたいのかよく分からない。最初はプロとして何か意思を持ってリアルジャパンに上がってきたのが分かって、この軍団は面白いなと思ったんです。でも、見てみたら何も面白くなかった。あの時の後楽園のお客さんもちょっとフワっとしたというか、“何しに来たんだカシン?”みたいな感じだったと思います。お客さんも久しぶりにリングの上でケンドー・カシンを見たと思うんです。でも、ケンドー・カシンらしさっていうのは出ていなかったし、はぐれIGF軍団っていうチームもお客さんは初めて見る訳ですけど印象が薄かったというか。もっとプロとして何かしかるべきものを持ってアピールしに来ていると思ったんですけど、面白くありませんでした。

――最初は面白そうな予感があったのに、実際見てみたらそうではなかったと。

折原 その通りです。ケンドー・カシンに関しては、“何をするか分からない”、その色が僕と似ていると思うんです。会場に来ないことすらあるかもしれない。僕はトンパチと呼ばれていましたけど、彼も言ってみたらそういう部類に入ると思います。でもそういう彼の良さというものが、しばらくリングを離れている間にほぼゼロになってしまったんじゃないか。肉体的には鍛えるのが好きなんでしょうね、調整してるなと思ったんですけど、やっぱり技とかお客さんに対するパフォーマンスがパッとしないというか。僕から見て以前光っていたあのカシンではなかったです。


©REAL JAPAN

――対戦経験のある折原選手ならではの厳しい意見と言えそうです。

折原 それで唯一目立ったのが背中に描かれた自分の興行(7・8「パンダvsケンドー・カシン」)のポスターです。それが汗をかいても取れない、どうやって描いたんだろうって(笑)。逆に言うと、彼らの試合内容には全然目が行かなくて、それぐらいの方向性になってしまっていたんです。久しぶりに見るからマスクに目が行ったり、カッコいいなとかいろいろあると思うんですけど、ポスターにばかり目が行ってしまって、だから全くつまらなかったっていうことなんでしょうね。そういう印象でした。

――今回はそんな「印象が薄い」「全くつまらなった」と切り捨てた、はぐれIGF軍団との対戦です。

折原 カシンは1対1でレスリングをする上では引き出しの多い選手だと思っていますし、やっていて楽しい相手です。だけど今回は会見を見てもノラリクラリとしたあのチームで、3対3の中でカシンとどれくらい手合わせできるのかっていうところですよね。


©REAL JAPAN

――はぐれIGF軍団を迎えての会見では、カシン選手に対し「リングを甘く見ているんじゃないか」という言葉がありました。これは首に大怪我を負いながらリングで戦い続ける折原選手ならではの言葉だったと思います。

折原 僕は今試合出場が多くて月に3試合か4試合なんですけど、すごく自分の中で厳選して出ています。これはその団体が素晴らしいとかギャラが多いとかそういうことではなく、そこに今の自分を、自分の体を懸けることができるか、懸ける意味があるかっていう基準で出ていて、だからものすごく大切に1試合1試合を送っています。

――そうであるからこそ、はっきりした意図の見えないはぐれIGF軍団の存在は引っ掛かるところがあったというか。

折原 ちょっと気分が悪いです。リングに立っている人間が気分が悪いんだから、お客さんはもっと気分が悪いんじゃないですかね。時間を使ってお金を使って大切な時を過ごしている訳だし、“なんだよ、CMかよ”みたいな。前回は金的で勝ち負けが決まって、スーパー・タイガー本来の凄みや怖さが試合中に出せなかったと思います。そういう部分で普段は敵同士ですけど今回は僕が加わるので力を合わせて、あのフワフワした外敵をぶっ潰してやろうかなと。

――一会見では軍団を「排除する」という強い言葉も聞かれました。

折原 これ以上必要ないって、お客さんもそう思っているんじゃないですかね。僕はウルティモ・ドラゴンと当たることがよくあって、こないだ試合の後でドラゴンに普段思っていることをマイクでぶつけたんです。僕は自分のキャラクターと生き方を1試合1試合で表現しているんですけど、お前と俺ではリングに立つ意気込みが違うと。彼はもちろん試合はものすごく上手いし素晴らしい選手ですけど、ビジネスになっていて目的が若干ズレていると思うんです。それを僕はマイクで言ったんですけど、そのマイクに対しても彼は上手く返してきました。そういう部分でも僕は彼をプロだなって思うんです。だから、いろんな部分で面白みがないとプロってダメなんじゃないかと。なのでちょっとの間でも一般人として生きたカシンは、そのプロという要素がだいぶ欠けているんじゃないかと思うんです。


©REAL JAPAN

――折原選手のプロとしての思い・哲学とカシン選手は相いれないところがあると。

折原 僕はこれしかやることがないし、僕の出で立ちとか飾りとか全ては僕を表現するギミックで、命を懸けています。それに“やられたらやり返す”っていうのが僕の主義なので、僕がやられた訳ではないけど、リアルジャパンの社長が恥をかかされてているのでちょっとイライラしています。なので今回は僕たちが勝利して、無理やりにでもリングでカシンに『壊れかけのRadio』を歌ってもらいます。本人が約束した訳ではないけど、チームが約束しましたから、それは守ってもらいたいです。


©REAL JAPAN

――では今回の対戦で勝利して、はぐれIGF軍団を排除して、この抗争は終了と。

折原 抗争は終わりにして、なおかつ歌も歌ってもらいたい。恥をかいて帰ってくれっていうだけですね。それぐらいのことがあれば、カシンももう一度1から出直して、鍛え直してくるんじゃないですかね。その時のカシンは怖いと思います。

――大会を楽しみにしているファンの方たちへ最後にメッセージをお願いします。

折原 僕はいつも折原昌夫をそのまま見せられる、そんな状態でリングに立っています。不安は全く感じず、自分の体に心配事を残さずリングに立っていますので、お客さんも楽しんでもらいたいです。よろしくお願いします。


©REAL JAPAN

対戦カード

佐山サトルプロデュース
<メインイベント レジェンド選手権試合 60分1本勝負>
[第10代王者] 船木誠勝(フリー)
vs
[挑戦者] 大谷晋二郎(ZERO1)

<セミファイナル 6人タッグマッチ 60分1本勝負>
スーパー・タイガー(リアルジャパン)&折原昌夫(メビウス)
&間下隼人(リアルジャパン)
vs
ケンドー・カシン&鈴木秀樹&将軍岡本(はぐれIGF軍団)

<第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
田中将斗(ZERO1)&タカ・クノウ(チーム太田章)
[第10代王者] 船木誠勝(フリー)
vs
長井満也(ドラディション)&柴田正人(フリー)

<第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)
&小笠原和彦(PRO-KARATE 押忍闘夢)
vs
ブラック・タイガー(国籍不明)&ヒート(フリー)

<第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
スーパー・ライダー(リアルジャパン)&LEONA(ドラディション)
vs
ベアー福田(SECRET BASE)&山本SAN(COMBO)

<第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負>
倉島信行(ドラディション)
vs
那須晃光太郎(フリー)

※出場選手は諸事情により変更となる場合もあります。

【動画】初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス特別興行9/10(土)ディファ有明大会


■大会名:リアルジャパンプロレス特別興行
佐山サトルプロデュース『GOLDEN AGE OF THE TIGER』
〜初代タイガーマスク35周年YEAR〜
■開催日時:9月10日(土)開場/16時00分 試合開始/17時00分
■会場:ディファ有明 (東京都)

2016-09-07 12:50 この記事だけ表示