【リアルジャパンプロレス 9・10ディファ有明大会】佐山サトルプロデュース『GOLDEN AGE OF THE TIGER』〜初代タイガーマスク35周年YEAR〜レジェンド選手権試合決定![リアルジャパンプロレス]

9・10(土)リアルジャパンプロレス ディファ有明大会
「ストロングスタイル最後の砦だ!」
“ラストサムライ”船木誠勝vs. “世界一熱い男”大谷晋二郎レジェンド選手権試合決定!


©REAL JAPAN

22日、掣圏真陰流興義館にてリアルジャパンプロレスが、9月10日(土)ディファ有明で開催される佐山サトルプロデュース『GOLDEN AGE OF THE TIGER』の対戦カードを発表した。注目のレジェンド選手権は、王者・船木誠勝に、ZERO1の現インターナショナルジュニアヘビー級王者・大谷晋二郎が挑戦する事が決定。





©REAL JAPAN

会見に出席した初代タイガーマスクはこのカード決定に「皆が手を叩いて喜んだ」と報告、大谷には「このカードはストロングスタイル最後の砦、記憶に残る試合になる!」と太鼓判を押した。


©REAL JAPAN

大谷が「リアルジャパンが大谷晋二郎のストロングスタイルを必要とし、チャンピオンになってほしいという思いからボクを指名したんだと勝手に思っています。僕を呼んだ以上、勝ち優先で、試合を大谷色に染めてベルトを奪う。必ず勝ちます!」と述べれば、船木は「前回の戴冠時(第8代王者)は、初防衛戦(2015年12月9日)で、関本大介に負けてしまったので、まずは防衛1回」と意気込む。ちなみに大谷は、2005年6月9日、後楽園ホールでのリアルジャパンプロレス旗揚げ戦に出場、メインイベントにて初代タイガーマスク(スーパー・タイガー)と対戦している(キングコブラホールドで大谷が勝利)。また、同年9月26日のリアルジャパンプロレス興行では、2代目ザ・タイガー選手とのタッグで、高岩竜一選手&景虎選手組と闘っており、団体に馴染みがないわけではない。11年ぶりのリアルジャパン参戦となる。


©REAL JAPAN

船木は大谷について「とにかく粘り強い」、「(以前対戦した時も)必殺技がかけられず、とっさに出た(腕ひしぎ逆)十字固めでギリギリで勝った記憶がある」と警戒する。

スペクタクルなストロングスタイル浮上の鍵を握る対決!

初代タイガーマスクは、後楽園ホール改修工事の影響で、ディファ有明での開催となった今大会の第1試合から全対戦カードを紹介、それぞれの見どころを話した。セミファイナルに登場する「はぐれ軍団」のケンドー・カシン&鈴木秀樹&将軍岡本組にも言及して、遺恨が残ってもストロングスタイルだと定義。「単なるガチガチではない、スペクタクルもある」と、標ぼうするプロレスの理想形を解説している。


©REAL JAPAN

船木といえば2週間前、2階から転落しそうになった少年を守り自身が転落。左助軟骨症を負って一部の試合の欠場を余儀なくされたばかり。「25年前にも同じようなケガをしたのに月に3試合したことがある。自分への挑戦である」とした上で、現在はトレーニングも再開しており、動く時はテーピングしているとのことだが、出場に支障はないようだ。


©REAL JAPAN

ともに新日本プロレスOBの船木と大谷だが、一緒だった時期はない。しかし、中学校時代の大谷少年とって船木は、「中卒でプロレスラーになった」経歴に大きく触発されたとのことで、大いなる尊敬心を持つ共に、「勝手なライバル心」を抱いていた相手だと言う。船木について、「一発の重みを大切にされている。倒さなければいけない相手」と述べた。

これを聞いた初代タイガーマスクは、あらためて「ストロングスタイルが浮上するなら、この二人がリードするはずだ!」と会見を締めくくっている。見逃せない大一番がディファ有明で実現する。


©REAL JAPAN


対戦カード

リアルジャパンプロレス特別興行
佐山サトルプロデュース『GOLDEN AGE OF THE TIGER』
〜初代タイガーマスク35周年YEAR〜

<メインイベント レジェンド選手権試合 60分1本勝負>
[第10代王者] 船木誠勝(フリー)
vs
[挑戦者] 大谷晋二郎(ZERO1)
※船木誠勝選手の初防衛戦となります。


©REAL JAPAN


<セミファイナル 6人タッグマッチ 60分1本勝負>
スーパー・タイガー(リアルジャパン)&折原昌夫(メビウス)
&間下隼人(リアルジャパン)
vs
ケンドー・カシン&鈴木秀樹&将軍岡本(はぐれ軍団)

<第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
田中将斗(ZERO1)&タカ・クノウ(チーム太田章)
vs
長井満也(ドラディション)&柴田正人(フリー)

<第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)
&小笠原和彦(PRO-KARATE 押忍闘夢)
vs
ブラック・タイガー(国籍不明)&ヒート(フリー)

<第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
スーパー・ライダー(リアルジャパン)&LEONA(ドラディション)
vs
ベアー福田(SECRET BASE)&山本SAN(COMBO)

<第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負>
倉島信行(ドラディション)
vs
那須晃光太郎(フリー)

※出場選手は諸事情により変更となる場合もあります。

■大会名:リアルジャパンプロレス特別興行
佐山サトルプロデュース『GOLDEN AGE OF THE TIGER』
〜初代タイガーマスク35周年YEAR〜
■開催日時:9月10日(土)開場/16時00分 試合開始/17時00分
■会場:ディファ有明 (東京都)

2016-08-24 12:46 この記事だけ表示