【WWE日本公演 開催直前コラム(5)】ディーバから女子スーパースターへ。リック・フレアーの娘が初来日。アスカ(華名)が凱旋帰国!WWE女子とNXT女子、どちらのタイトルが、より輝くか?[WWE]

 WWEが、来る7月1日(金)&2日(土)に東京・両国国技館で開催する「WWE Live Japan」には、スポーツエンターテインメント界のスーパースターが大挙来日。

 そのなかには男子スーパースターはもちろん、女子のスーパースターも含まれている。これまで“ディーバ”と呼ばれていたWWEの女子レスラーは、ステファニー・マクマホンが発令したディーバ革命をきっかけに、試合内容重視にシフトチェンジ、4・3「レッスルマニア32」から“スーパースター”と呼ばれるようになっている。

 年間最大の祭典では従来のディーバ王座が封印され、WWE女子王座のベルトがお披露目された。ここで3人が同時に闘うトリプルスレットマッチを制し新王者として認定されたのが、シャーロット。彼女はあのリック・フレアーの娘で、父のフィギュア4レッグロック(足4の字固め)を発展させたフィギュア8レッグロック(足8の字固め)で新調のベルトを奪取した。

 そのシャーロットが今回の日本公演で初来日を果たすのだから、これは大きな見どころのひとつ。そのほかにも、WWEのディーバ革命を担う女子選手たちが参戦する。現在進行形の女子戦線が、まさしく目の前で展開されるのだ。

 実際のところ、「レッスルマニア32」でシャーロットがベルトを奪った試合は、大会のベストマッチという声も多い。この試合でシャーロットに敗れたのが、ベッキー・リンチだった。あまり知られていないようだが、アイルランド出身の彼女は来日経験もある。2005年11月に新間事務所主催「IW♥GP 」で初来日。当時のリングネームはレベッカ・ノックスで、その後、日本の女子プロレス団体NEOにも参戦した。しかし、負傷をきっかけに一度引退。数年のブランクを経てアメリカにわたるとマネジャーとしてプロレス界にカムバックを果たす。その後、WWEと契約をかわし、一度は成し遂げられなかった夢をかなえてみせたのだ。そして今回、思い出深い日本にWWEスーパースターとして帰ってくる。

 ベッキー・リンチ同様、ナタリヤにも日本は大きな意味を持つ場所である。ブレット・ハートとのハートファウンデーションで活躍したジム・ナイドハートの娘であるナタリヤも、日本ではNEOに参戦した。ナッティ・ナイドハートのリングネームで後楽園ホールのリングにも上がっているのだ。

 ハートファミリーの血を受け継ぐ彼女は、ディーバ戦線での“実力担当”だった。レッスルマニア翌日のロウでシャーロットにシャープシューターを仕掛け挑発すると、ここから新たな抗争がスタート、5・1「ペイバック」、5・22「エクストリーム・ルールズ」でPPV2度連続のタイトルマッチを実現させた。しかもこの闘いはまだ決着がついておらず、6・19「マネー・イン・ザ・バンク」ではシャーロット&デイナ・ブルック組vsナタリヤ&ベッキー・リンチ組のタッグマッチに発展。フレアーとハート、二大ファミリー闘争がそのまま日本にも輸入されることになる。

 偉大な遺伝子を引き継ぐ豪華な顔ぶれに加わるのが、日本人スーパースターのアスカ(華名)である。アスカは昨年9月にWWE入団。4・1NXT「テイクオーバー」ではベイリーを破り第5代NXT女子王座を奪取した。WWEで日本人女子レスラーがベルトを巻いたのはブル中野以来、22年ぶりの快挙である。しかもNXT初登場以来、シングルで負けなし。もちろん、防衛戦も連勝中で、ベルトを守り抜いている(6月14日現在)。

 いまやNXT女子のエースとなったアスカの日本凱旋で予定されているのは、NXT女子王座、2日連続の防衛戦だ。初日がベッキー・リンチでNXT女子の基盤を築いてきた先駆者との対戦となる。そして2日目がナタリヤ。この対戦はアスカにとって、ロウ、スマックダウンへの登場を占う大一番になるかもしれない。アスカロックとシャープシューターをめぐるスリリングな攻防が期待される。

 シャーロットが保持するWWE女子王座戦も、王座がそのままなら2日連続のタイトルマッチが実現なるだろう。6月14日 のスマックダウン終了時点でベルトを保持しているのはシャーロット。このままいけば、シャーロットも日本でナタリヤ、ベッキー・リンチを迎えることになる。そうなれば自然とアスカの試合と比較される。これは間接的なWWE女子王座vsNXT女子王座。アスカにはとてつもなく高いモチベーションになるのではないか。そう考えれば、より一層今回の日本公演が楽しみになる。男子スーパースターはもちろん、女子スーパースターの闘い模様も大注目だ。

(構成・文:新井 宏)


■大会名:WWE Live Japan
■開催日:7/1(金)〜7/2(土)
■会場:国技館 (東京都)

2016-06-23 18:49 この記事だけ表示