【WWE日本公演 開催直前コラム(3)】日本のトップ外国人レスラーは、いまやWWEの中心人物。AJスタイルズが、中邑らとともに凱旋![WWE]

 世界最大のスポーツエンターテインメント団体WWEが、もう間もなく、7月1日(金)&2日(土)に東京・両国国技館で開催する「WWE Live Japan」。このツアーには日本人スーパースターの中邑真輔とASUKA(華名)が参戦、WWEと契約後、初の凱旋ということで大きな話題となっている。さらに今ツアーでは、日本で大活躍したスーパースターがもうひとりやってくることになった。これも凱旋と言っていいのだろう。新日本プロレスのトップ外国人として闘っていたAJスタイルズである。

 AJはかつて、“WWEにいかない大物”として各地でトップを張ってきた。アメリカ・ジョージア州出身で、1998年にデビュー。彼の存在が知られるようになったのは、2002年にTNAへ参戦してからのことだろう。ジャパニーズルチャと海外で言われる日本のスタイルをモチーフにした無差別級の闘い。Xディビジョンと呼ばれるこのカテゴリーに息吹を吹き込んだひとりが、AJだったのだ。従来のようなウェート制ではなく、リングを立体的に、最大限に使うのがXディビジョンの闘い方。その初代王者がAJで、通算で6度ベルトを巻いている。彼なくしてXディビジョンの発展はなかったとしても過言ではないだろう。

 Xディビジョンからは後のビッグネームが次々と輩出された。ロウ・キー、クリストファー・ダニエルズ、クリス・セイビン、アレックス・シェリー、フランキー・カザリアンなど、枚挙にいとまがないほどだ。彼らはアメリカのみならず、しだいに日本にも照準を合わせていく。AJの初来日は、2003年1月のZERO―ONEだった。初めての日本では、ロウ・キーとXディビジョンのなんたるかを披露。帰国後にはあのジェフ・ジャレットを破りNWA世界ヘビー級王座初戴冠となった。一見、Xディビジョンはジュニアのカテゴリーと思われがちだが、無差別級への扉を開いたのがAJ。後にスーパーヘビー級のサモア・ジョーがXディビジョン王者になったことからも、この王座がフレキシブルなタイトルであることがわかるだろう。

 Xディビジョンの開拓者として活躍していたAJながら、残念なことに彼のよさが日本では十分に伝わらなかった。来日したとしても、いずれも単発だったからだ。売れっ子だからこその多忙スケジュールと言ってしまえばそれまでだが、日本のファンには不運であった。

 しかしながら、TNAを退団後、主戦場を日本に定めてからは状況が一変した。14年6月、オカダ・カズチカを襲撃しBULLET CLUB(バレットクラブ)への加入を表明。過去にも新日本への登場はあったが、外国人ユニットへの加入により、継続参戦が可能になった。ここから一気に評価が上昇、ものすごい勢いで新日本のトップ外国人レスラーに躍り出た。なんと、初登場から1カ月でIWGPヘビー級王座を奪取。外国人レスラーの戴冠は、ブロック・レスナー以来9年ぶりという快挙だった。

 AJはその後、棚橋弘至からもIWGPヘビー級王座を奪取してみせた。どんな相手とも好勝負を連発するのは、「90年代のジャパニーズスタイルに大きな影響を受けた」から。日本のプロレスからインスパイアされたXディビジョンでの経験が大きく活かされたのだ。
今年1月、新日本の東京ドームでは中邑真輔との初対決が実現。試合には敗れたものの、ここでも激闘を展開した。そしてこの初対決が、その後の両者に大きな意味を持つこととなる。中邑が新日本を退団しWWEと契約。AJもBULLET CLUBから追放される形で日本から離れた。そして、1・24「ロイヤルランブル」でWWEに登場。中邑と同様、AJもAJのままでWWE のリングに立った。こちらも破格の待遇と言っていい。
しかも、AJの場合はNXTを通過せずいきなりWWEのメインクラスに割り込んできたから驚きだ。「ロイヤルランブル」翌日のロウにも引き続き登場し、クリス・ジェリコと対戦。これに勝つと、ジェリコとの遺恨が勃発した。「ファストレーン」での一騎打ちでもAJが勝利すると、ジェリコは「認めたくはないがヤツの実力は認めざるを得ない」と3度のシングルマッチを経てタッグを結成。タッグ王座奪取をめざし“Y2AJ”がスタートしたのである。

 ところが、ニューデーの王座に挑んだ試合後、ジェリコがAJを襲撃し、絶縁宣言。再発した遺恨は4・3「レッスルマニア32」へと持ちこまれた。

 ここで勝ったのは、ジェリコだった。日本育ちのジェリコもまた、当時のジュニアスタイルから大きくインスパイアされたレスラーだった。先輩の意地、ということなのだろう。 それでも、AJの“祭典”出場は画期的出来事だった。しかもこれがクライマックスではなく、さらなる展開が待っていたのだ。それは、WWE世界ヘビー級王座挑戦という最上級のチャンス。WWEデビュー戦が同王座戦だったとはいえ、こちらはあくまでも30人参加の時間差バトルロイヤルだった。祭典翌日のロウにおける4WAYマッチでジェリコを破り次期挑戦者に決定。5・1「ペイバック」にて、「レッスルマニア32」のメインを飾ったロマン・レインズのベルトにチャレンジした。もちろん試合はメインイベント。敗れたとはいえ、初登場から3カ月強での王座挑戦&PPVメイン。これはすごいことなのだ。

 そしてこの試合後には、ビンス・マクマホン会長が即、シェイン&ステファニー・マクマホンとともに5・22「エクストリーム・ルールズ」での再戦を決定した。5・2ロウでは元BULLET CLUBのアンダーソン&ギャローズとも再会のWWE初合体を果たしてみせた。それだけに、WWEの中心人物として凱旋するAJに期待せずにはいられない。対戦相手が誰になるかも含め、7・1&2両国は必見である。

(構成・文:新井 宏)


■大会名:WWE Live Japan
■開催日:7/1(金)〜7/2(土)
■会場:国技館 (東京都)

2016-06-23 18:42 この記事だけ表示