【WWE日本公演 開催直前コラム(1)】WWE7・1&2両国は、歴史的2日間
世界中が注目の日本人スーパースター、中邑真輔とASUKAが凱旋![WWE]

 世界最大のスポーツエンターテインメントを提供するWWEが、今年も日本の夏を賑わせる。来る7月1日(金)&2日(土)、東京・両国国技館で「WWE Live Japan」が開催されるのだ。

 WWEの日本公演は、いまや伝説となった“ザ・ロック降臨”の2002年3月1日・横浜アリーナ大会以来、通算で18回目 。夏の両国での開催は5年連続となる(14年は大阪でも開催)。

 しかも今年は、ロック狂騒曲が吹き荒れた横アリ以来の歴史的公演となることが確実なのだ。というのも、日本からアメリカへと渡った中邑真輔、ASUKAの凱旋が決定。しかも、中邑と新日本の東京ドーム大会で対戦したAJ・スタイルズまで、WWEスーパースターとして再びこの地にやってくる豪華版である。もうすでに歴史的2日間が約束されたようなものだろう。

 中邑がWWEと契約をかわしたというニュースは、一瞬にして世界中を駆け巡った。待望のデビューは4月1日、NXT「テイクオーバー:ダラス」。つまりは、年間最大イベントであるレッスルマニアがおこなわれる“レッスルマニアウィーク”での初陣である。あらかじめ大々的にアナウンスされていたことも加え、破格の扱いであることは明白だった。

 しかも驚いたことに、中邑はSHINSUKE NAKAMURAのリングネームで登場した。WWEの場合、これまでの経歴はなかったことにしてフルモデルチェンジするケースがほとんど。先にWWE入りした元NOAHのKENTAもイタミ・ヒデオの新リングネームでデビューした。新日本にカムバックしたヨシ・タツも、このリングネームで闘っていた。WWEが求めるキャラクターへの変身が求められていたのである。

 最近ではサモア・ジョー、オースチン・エリーズらが、ほとんどそのままのキャラクター&スタイルでWWEにやってきており、中邑が前代未聞という表現は必ずしも的確ではない。が、中邑が最近の傾向における最高峰であることに変わりはないだろう。

 中邑真輔は、中邑真輔そのままだった。エビ反りのポーズや痙攣式のストンピングなど“たぎる”ムーブもそのまま。対戦相手が日本スタイルを熟知するサミ・ゼイン(元エル・ジェネリコ)とあって、試合もスイングした。いまWWEで求められているのは、ジャパニーズスタイルの闘い。そう言っても過言ではないほどの好反応が返ってきた。しかも、世界中から――。

 有料動画配信サービス「WWEネットワーク」の誕生により、その場にいなくても試合やオリジナル番組がライブで見られるようになった。日本でも早朝から画面に食い入ったファンも多いことだろう。このシステムが彼の存在感をさらに大きくした。そういう意味でも、中邑は時代の寵児と言えるのかもしれない。

 おなじことは、同大会で日本人初のNXT女子王座を獲得したASUKAにも言えるのではないか(日本人のWWE女子王者はブル中野以来22年ぶり)。華名からリングネームをASUKAに変更したとはいえ、彼女も基本スタイルやキャラクターは日本時代と変わっていない。キックや関節技を駆使した闘いは、WWE女子戦線では異端に見えた。が、これこそWWEが期待していたものだったのだ。

 ではなぜ、WWEが華名に白羽の矢を立てたのか。それは、NXTにおける女子部門の改革を示している。ベルトを奪ったベイリーとのNXT女子タイトルマッチは、かつてのディーバのイメージを覆す内容だった。ASUKAの前にはシャーロット(現WWE女子王者)、サシャ・バンクス、ベッキー・リンチらが先陣を切ってWWEに昇格した。NXTを経験した選手たちが、内容重視の女子プロを展開している。ASUKAが入団したのは昨年9月。シャーロットらのあとを継ぐかたちで、NXTのさらなる充実を託されたのである。

 トリプルHが心血を注いでいるというNXTは、いまやロウ、スマックダウンにつぐ第3のブランドとして認知されつつある。一部にはロウ、スマックダウンよりもNXTを熱烈に支持するファンがいるほどだ。かつてはOVWやFCWというファーム団体が1軍昇格への登竜門として機能していたが、現在はWWEが統括して運営。NXTがNXT独自の価値観を築いており、そこに日本人の中邑とASUKAが所属している。しかもさらなる発展に向け大きな戦力になっている。これは大いに誇っていい。

 そんな2人が、WWEスーパースターとして揃って日本に帰ってくる。中邑人気はますます世界に拡散。試合中に頭を切ったというちょっとした負傷がニュースになるくらい、注目度が高いのだ。ASUKAも無敗のままNXT女子王座を防衛中。凱旋時にはどんな状況で両国のリングに上がるのか。いまから楽しみで仕方がない。

(構成・文:新井 宏)


■大会名:WWE Live Japan
■開催日:7/1(金)〜7/2(土)
■会場:国技館 (東京都)

2016-06-23 18:25 この記事だけ表示