【リアルジャパンプロレス 6・23後楽園大会】『初代タイガーマスク黄金伝説〜LEGEND OF THE GOLD V』 記者会見[リアルジャパンプロレス]


©REAL JAPAN

■大会名:大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 佐山サトルプロデュース
『初代タイガーマスク黄金伝説〜LEGEND OF THE GOLD X』
■開催日時:開催日時:6/23(木) 開場/17時30分 試合開始/18時30分
■会場:後楽園ホール (東京都)





©REAL JAPAN

■初代タイガーマスク(冒頭あいさつ)

「お集まりいただきまして誠にありがとうございます。次回リアルジャパンプロレス、6月23日後楽園ホール大会のセミファイナルの試合が決まりましたので、皆様にお伝えします。その前に、私の体調が戻ってきていますので、私の『須麻比』(すまひ)のデモンストレーションをやらせてもらいます。相手は美濃輪(育久、ミノワマン)選手。限りなく実戦に近い形で“須麻比はどういうものか?”、“格闘技とは何か?”ということを全面的に打ち出すデモンストレーションにしていきたいと思います。これが私のカムバックの第1回目、復帰戦の第1回目になります。体調はバッチリ整えていきますので、期待して待っていてください。もちろんマスクを被ってやります。いろいろな方面にも影響があることなので、しっかりとやっていきたいと思います。須麻比の協会からも何らかの発表があると思いますけど、『sumahi.jp』でホームページも立ち上がりました。組織的にはかなり大きなものでして、戦いをメインとするわけではありません。戦いはありますが、そこで学びをすると。いろんな精神や陽明学、歴史を学ぶ場所にしていって、そのマイスターになっていくというものを作っていきたいと思います。セミファイナルのカードが出ましたが、まだ正式には決定していません。ある条件を満たしてから決定するということになります。セミファイナルはスーパー・タイガー&長井満也&アレクサンダー大塚vsケンドー・カシン&鈴木秀樹&将軍岡本です。これは向こうから戦いたいという話があって実現しましたが、絶好のチャンスであります。こういうストロングスタイルができる選手たちの挑戦をリアルジャパンが受けて立つということで、話を聞いた時にこれはチャンスだと思いました。何がチャンスかというと、ストロングスタイルのチャンスであると。こんな絶好の機会はなかなかないぐらいのいい選手たちが集まってくれたなと非常にありがたく思っています。リアルジャパンにもってこいの選手たちがアピールしてくれたなと思います。ただし、まだ試合は成立していません。ここで発表はさせてもらっていますが、相手にも条件があるみたいなので。その条件を飲めたら、試合は正式に成立することになります」



©REAL JAPAN

<4選手の意気込み>

将軍岡本

「まずは佐山さん、今回こちらの試合を組んでいただき、誠にありがとうございます。初めてリアルジャパンのリングに上がるので、精一杯頑張りたいと思います。6月23日を楽しみにしております」

鈴木秀樹

「リアルジャパンさんには今年はまだ1度もないんですけど、去年は上がらせていただいて、いつも上がるたびに面白いカードをやらせてもらえて、凄く楽しみなんですけど、今回は面白いの半分、ちょっと問題な人もこちらには1人いるので、凄く不安ですけど、凄い試合ができるように頑張りたいと思います」

アレクサンダー大塚

「いつもと変わらず、佐山先生がいつもおっしゃていることをリング上で表現するだけです」

スーパー・タイガー

「今回、はぐれIGF軍団……特にケンドー・カシン選手が率いるこの3人は、僕の最初の気持ちの中では、リアル・ストロングスタイルの継承者を懸けた戦いができるという仲間意識が凄くあったんですけど、今回は改めて対抗戦という気持ちでぶつかる以上、こっちも絶対にこの戦いには負けられない。そういった部分で、アレクサンダー大塚選手、長井満也選手という歴代のレジェンドチャンピオンの先輩たちと一緒に組んで、はぐれIGF軍団に対して徹底的に我々の戦いを見せつけていきたいと思います」

<4選手の発言を聞いてからの反応>

初代タイガー 「本当にありがたい。鈴木選手は前からうちのリングに上がってくれてたんで、どういうファイトをするかもちろんわかっているつもりです。うちのリングにピッタリの選手ですし。ストロングスタイルをできるのはタカ・クノウもいるし、長井選手もいるし、いろいろな選手がいて、層が厚くなってきたんで。そういう中でここでこういう試合が組まれるということは、お客さんにとっても素晴らしいことだと思います。うちのリングでぜひ見せてもらいたいなと。リングの上は戦いなんだということを見せられる選手だと思いますし、これが一番だと思いますので、これをしっかり見てほしい。ただし! まだ試合は決定してない。これを決定するための条件をまだ飲んでないので、それを鈴木選手から発表してもらいたい」

鈴木 「我々の方から、今日は1人来てないんですけど、ケンドー・カシンから1つ条件を言われていまして。そのまま読み上げます。『平井代表、「壊れかけのRadio」をみんなの前で歌え。歌わない場合は試合をキャンセルする』という。これが本当のメールなので、本人からです」

初代タイガー 「本当だ……。これはやるしかないな……」

岡本 「やらないのであれば……(立ち去ろうとする)」

鈴木 「我々はあれなんですけど、カシンがキャンセルするって言うんで……」

初代タイガー「こんな重要な試合がなくなってしまうのか……」

※平井代表が意を決して歌い上げる

鈴木&岡本 「これでやらせていただきます」

初代タイガー「これで正式に対戦カードが決まりました。ありがとうございました」



©REAL JAPAN

<質疑応答>

――平井代表の歌声を聴いてどうだった?

鈴木 「ちょっと思ったより声が大きかったので。これ、本当にカシンの方から来ているものなので」

初代タイガー 「これはしょうがなかったです」

鈴木 「これを報告もしますし、これをぜひサムライで流してもらって。本当なら音声でもWEBで見れるようにしてくれると、カシンも必ず見てますので」

――改めて対戦相手の印象は?

岡本 「特にありません。スーパー・タイガー選手とは練習を何度かやらせてもらっているので、何となく実力はわかります。アレクサンダー選手も試合で何回かやらせてもらっているんで、あんなもんだろうというのはわかっているんで、大丈夫だと思います」

鈴木 「変な言い方ですけど、相手に心配ないというか、実力者が揃っているんで心配ないんですけど、味方にちょっと心配があるんで。そこを気を付けたいなと思います」

大塚 「ケンドー・カシン選手とは初対決になるんで、そこの部分が楽しみではあります」

S・タイガー 「僕も先ほど言いましたけど、実力者のこの3人といかに戦うか。正直、この戦いによって僕がどう変われるのか。味方のアレクサンダー選手、長井選手もある意味、味方であり、ライバルだと思っていますので、そういった中でいかに自分の気持ちを戦いに乗せていけるのか。そこが今回の対抗戦の、僕の中の戦う意味だと思っています」

――ようやくIGFはぐれ軍団として試合ができるようになった気持ちと、その舞台がリアルジャパンになったことについては?

鈴木 「正直な気持ちを言うと、リアルジャパンさんには1人で出たかったなと。はぐれ軍団は早く解散したいと思っています」

岡本 「はぐれ軍団として初めてちゃんと試合が決まったんで、一安心しています。本当に佐山先生にはお礼を申し上げます」

初代タイガー 「本当に喜んで。ウェルカムです」

岡本 「ありがとうございます」

――カシン選手はここにいないが、今後も軍団としてリアルジャパンに参戦していきたい?

鈴木 「どうなんでしょう。また今回みたいな条件があるかもしれませんし、その時にクリアしてもらえれば出るのかなと思いますけど」

――岡本選手は「前払いの団体しか出ない」とアピールしていたが?

岡本 「どうなんでしょうか」

平井 「出ていただく方、公平に対応させていただきます」

――今回の会見になぜカシン選手は参加していない?

鈴木 「一応日時は伝えたんですけど、来ない前提で全て話を詰めてたんで。理由は特に。聞いても無駄かなと。だいたいこういう場所にあの人は来たことないと思うんですよね。これが普通だと思います」

――初代タイガー選手の現在の体調やトレーニング状況は?

初代タイガー 「心臓に関しては今のところまったく問題ないです。お医者さんは反対に『動け』という風に言っています。トレーニングはずっと積んでいます。昨日も550発ぐらい打ったのかな」

――何を……。

初代タイガー 「ゴルフです(笑)。スケジュールを変更してやるからには合宿に入りますので。僕にとっては1週間あれば、デモンストレーションをやれる体調に戻せるかなと。ただサボってリハビリしていたわけじゃないので、かなりのところまでいけると思います。須麻比のデモンストレーションとは言いましたが、マスクを付けて、タイガーマスクとして上がらせてもらいますので、それなりの動きは。美濃輪選手には覚悟しておいてもらいたい。もし変な試合を見せたら、平井さんがリング上で歌います。ダッシュは続けてきましたので、スタミナには自信があります。これも心臓のリハビリといいますか。今の問題は自律神経がワナワナくるところだけですので。これはスポーツ上の問題とかもしくは心臓の異変とかそれが影響するものではまったくありません。このワナワナは非常に気持ち悪いですけど、起こる時には起こるんですが。朝方とか起こるんですが、まったく関係ないそうです。いろんな検査をしてもまったく異常はなく、お医者さんも自律神経だということで。それをなくすためにも走っているというのがリハビリでしたけど、これを実戦に移していくだけです」

――今回の状況によっては、正式なプロレス復帰にも繋がる?

初代タイガー 「ありえます」

――須麻比とはどういうもの?

初代タイガー 「須麻比というのは、私がずっと懸けてきた格闘技をもっともまとめたものです。『すまい』というのが紀元前23年……、垂仁天皇7年7月7日に野見宿禰と当麻蹴速という人が御前試合を行います。これが日本最古の人間が行う格闘技であって。で、相撲はかく力とも言われていますが、フンドシを締めて組み合って行うわけですけど、中国から高句麗を介して朝鮮半島からずっとやってきています。しかし、面白いのがそれらはフンドシをした組み技になっているわけですけど、野見宿禰と当麻蹴速の試合は蹴り技なんです。蹴りによって野見宿禰が当麻蹴速の骨を折って勝つわけですけど、その戦いが全ての日本の武道と呼ばれるものの中の原点であります。『すまい』から大きく分かれて、相撲の方に行って、こっちは剣術に行ったり、柔道になったりとか分かれていきますけど、全ての武道の原点なんです。ほとんどの道場には神棚があるというのは神道が出発点になっているということです。すまひは神道だけでなく神儒仏融合体で、神道を初めとして、様々なものの精神状態を作っていく。私1人が動いているわけではなくて、大きな組織によってこれを動かします。私にとって戦いはどうでもいいことです。いかに精神が強くなっていくのか。礼儀正しくなっていくのか。そういうしっかりとした人間像を作れるようなものであるべきだという観点から、大きな組織によって動いています。まだ正式にどこまで発表できるかわかりませんが、次の大会の時には結構発表できると思います。従来の格闘技や武道と組織図がまったく違います。それは皆さん期待してください。まったく違います。誰も同じアイディアは浮かばないと思います。作ってみて、できてみて、こういうことかとわかってきます。それが見た時に、日本中があ然とします。格闘技とはこういうものなのか。本来の武道とはこういうものなのか。原点に帰って、武道を教育のものとして作っていくのか。教育と行っても学校の教育ではないです。本当の人間性の実践。すぐに正義心を出すことができるか。そういった人間性になれるかどうか。ここには陽明学なども入ってきます。今、ここで講演してもあれなんで、また発表していきたいと思います。この間も1000ページ以上の企画書を持って行ったので。教育をするためにはこうやったらいいというものを僕が作っていますので。そういうものを須麻比協会に持って行きました。詳しくは6月に。順を追って発表していきたいと思います」


対戦カード

佐山サトルプロデュース
<メインイベント レジェンド選手権試合 60分1本勝負>
[第9代王者]関本大介(大日本プロレス)
vs
[挑戦者(第8代王者)]船木誠勝(フリー)

<セミファイナル 6人タッグマッチ 60分1本勝負>
スーパー・タイガー(リアルジャパン)&長井満也(ドラディション)&アレクサンダー大塚(AODC)
vs
ケンドー・カシン&鈴木秀樹&将軍岡本(はぐれIGF軍団)

【出場予定選手】
タカ・クノウ(チーム太田章)
スーパー・ライダー(リアルジャパン)
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)
折原昌夫(メビウス)
ヒート(フリー)小笠原和彦(PRO-KARATE 押忍闘夢)
倉島信行(ドラディション)
間下隼人(リアルジャパン)
山本SAN(COMBO)、
“力道山3世”力(リキエンタープライズ)
LEONA(ドラディション)他。

※他対戦カードは後日発表いたします。
※出場選手は諸事情により変更となる場合もあります。


©REAL JAPAN

■大会名:大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 佐山サトルプロデュース
『初代タイガーマスク黄金伝説〜LEGEND OF THE GOLD X』
■開催日時:開催日時:6/23(木) 開場/17時30分 試合開始/18時30分
■会場:後楽園ホール (東京都)



2016-06-03 18:35 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。