【『UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2015』見所特集コラムVol.6】“前日の計量も必見! UFC日本大会直前情報”[UFC]

■大会名:UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2015
■日時:9/27(日) 開場8:00/試合開始9:00(予定)/メインカード開始11:00
■会場:さいたまスーパーアリーナ


いよいよ今週末開催でカウントダウンに入った『UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2015』(9月27日、さいたまスーパーアリーナ)。出場者の変更、試合中止といった事態もあり、大会は全10試合で行われることとなった。大会を前に一足早く盛り上がりを見せる前日26日の公開計量など、大会直前情報をお届けする。

●ゲガール・ムサシvsユライア・ホール
 まず変更があったのはセミファイナルのゲガール・ムサシvsホアン・カルネイロ。打撃のムサシと寝技のカルネイロと見られた一戦だが、カルネイロが負傷により欠場。替わりにジャマイカ出身、身長182pで爆発的打撃を持つユライア・ホールがムサシと対戦することとなった。

 ユライアは選手たちが合宿生活を送りながら戦いを繰り広げ、UFCとの契約を目指す人気番組「The Ultimate Fighter」(TUF)シーズン17(13年1月スタート)に参加。番組内で行われたミドル級トーナメントでは1回戦・2回戦・準決勝といずれもKOで勝ち進み(上段後ろ回し蹴りによるインパクト大なKOもあった)、決勝こそ2-1の僅差判定で敗れたが、コーチとなったチェール・ソネンをして「今すぐアンデウソン・シウバ(※当時のミドル級王者)に挑戦すべき」と言わしめた。

 ホールはTUFでの戦いが評価され、13年8月からUFCに参戦を開始。これまで4勝を上げ、うち3つをTKOで勝利と、威力と破壊力ある打撃を存分に見せつけている。日本でK-1ルール戦に挑み、武蔵・京太郎とヘビー級の雄2人を下しているムサシとは“触れれば切れる”とばかり、開始から凝視が必須の一戦になりそうだ。

●KID欠場で試合が消滅
 マット・ホーバーとの対戦で12年2月以来、3年7ヵ月ぶりの日本大会出場が期待された山本“KID”徳郁だが、両者負傷により試合が中止に。KIDは試合を間近にした練習でミット打ちを行った際左足のふくらはぎに肉離れを起こしたため試合出場不可となり、これにより今大会は午前8時開場で午前9時に第1試合開始、全10試合で行われることとなった。残念ながら欠場となったKIDだが、自身のInstagramでは同門の堀口恭司、練習で交流を持つ石原夜叉坊にエールを送っている。

●感情移入必至のメインイベント:ジョシュvsネルソン
 大会を締めるメインイベントを担うのはジョシュ・バーネットとロイ・ネルソンのヘビー級対決。テレビ番組「Road to UFC JAPAN」はUFCを目指す日本人選手の奮闘・人生模様にスポットを当てた内容であったが、同時にコーチとして彼らを指導するジョシュとネルソンの人柄も浮き彫りとなる形に。

「武術の基本は生涯生徒であること、武術の心とは人生を楽しみ感謝して、自分が接してもらいたいよう人に接すること」

「格闘家なら思うだけじゃなく行動するんだ」

「俺達はスーパーヒーローを演じるという人生を選んだんだ」

 と、ネルソンが名言を連発すれば、ジョシュもDJ.taikiとお揃いのハッピに身を包み、訪れた夜叉坊の実家では亡きお父さんの話を聞いて涙を拭いと、選手に寄り添う名コーチぶりを発揮。これまでも親日ぶりが知られた2人だが、番組を通じてよりその人となりに触れたことで、応援・観戦にも一層力が入るだろう。PRIDE3強のうちミルコとノゲイラを降しているKOパンチャー・ネルソンか、世界一とも思われるグラウンドでの極めを持つジョシュか。

●直前イベントも大会同様アツい!
 大会に合わせては出場選手だけでなく、フライ級で7度の防衛を成し遂げ“絶対王者”ぶりを見せつけるデメトリアス・ジョンソンをはじめとしたゲストファイターも来日。大会を前にした会見などでサイン・写真撮影会が予定されている。

 また、大会前日の26日には全選手参加による公開計量もさいたまスーパーアリーナにて実施。会場の空気をいち早く体感することができるのはもちろん、こちらの鼓動を高める大音量のBGMに乗り、選手が続々計量を行っていく様は、大会当日とはまた違った高揚感があり大会と合わせての参加をお勧めしたい。

 ともによきコーチぶりを見せたジョシュとネルソン、対決の行方は? 廣田と夜叉坊、UFC本契約を勝ち取るのは? そして日本選手は7試合で勝ち越しなるか。――決戦は27日・日曜、さいたまスーパーアリーナで午前9時開戦となる。

(取材・文:長谷川亮)




【対戦カード】

■メインカード
<ヘビー級>
ジョシュ・バーネット vs ロイ・ネルソン
<ミドル級>
ゲガール・ムサシ vs ユライア・ホール
<フライ級>
堀口恭司 vs チコ・ケイミュス
<バンタム級>
水垣偉弥 vs ジョージ・ループ
<フェザー級>
菊野克紀 vs ディエゴ・ブランダオン
<フェザー級>
廣田瑞人 vs 石原輝仁

■UFC FIGHT PASS
<ウェルター級>
中村圭太 vs リー・ジンリャン
<ライト級>
ニック・ハイン vs 粕谷優介
<ライト級>
小谷直之 vs ケイジャン・ジョンソン
<ウェルター級>
安西信昌 vs ロジャー・ザパタタ
※対戦カードは変更される場合がございます。予めご了承下さい。


2015-09-25 13:08 この記事だけ表示