【イープラスで独占先行受付!しかもカラーチケット仕様】“燃える闘魂”アントニオ猪木 新団体始動![プロレス]

【アントニオ猪木 e+独占映像コメントがアップしました!】今すぐご覧ください!

【イープラス独占先行受付中!】
 “燃える闘魂”アントニオ猪木が、新団体IGF(イノキゲノムフェデレーション)を旗揚げし、【プロレス界】に気合注入、闘魂ビンタ!君も歴史の証人になろう! 『闘今BOM-BA-YE』6・29(金)国技館大会独占先行は、この世で一番早い先行です!

公演詳細・チケットのお申込みはコチラから!

(情報提供:IGF)

4月9日(月)イノキ ゲノム フェデレーション株式会社(以下IGF)の
事務所開きが行われ、代表取締役社長のアントニオ猪木より、IGF設立の経緯、会社概要、会社ロゴ、そして、注目の旗揚げ興行について、正式に6月29日(金)両国国技館での実施が発表された。

会見冒頭で、猪木はIGF設立について熱く語り「とにかく、プロレス界を元気にしなくてはいけないと」力説。さらには、IGFを「日本だけでなく世界へ発信できる団体へ」と、していくこと、そして、何らかの形であれ「社会への貢献」をテーマにして活動していくことが今回の団体設立の大きな要因であることを説明。引き続き会社概要が発表され、アントニオ猪木自らが代表取締役社長として、IGFの舵取りをしていくことを宣言。

そして、注目のIGF旗揚げ興行については、6月29日(金)両国国技館での開催が発表された。大会名は“闘魂”の魂の字を、今という字に変化させた、新生・“闘今”に猪木の代名詞でもある、BOM-BA-YEを合体させた、“闘今BOM-BA-YE”に決定した。

大会名について猪木は、「“今”何か行動を起こさないと、思いたったら“今”すぐ一歩踏み出さないと、時代の流れは速いですから、あっという間に遅れていってしまう。ということで、“今”という字を大会名の中へ入れさせていただきました。」と説明。

新“闘今”伝説が6月29日両国より始まる。

イープラスでは、4/28(土)の一般発売に先駆けて、独占特別先行受付を
開始!猪木ファン、プロレスファン、格闘技ファンは、この先行受付でいち早くチケットをゲットしよう!しかも、イープラスでの購入者にはカラーチケット仕様でお届けする。

さあ、“闘今BOM-BA-YE”に行けばわかるさ。


独占先行受付(プレオーダー):

4/13(金)12:00〜4/22(日)18:00

一般発売日 :4/28(土)10:00

公演名   :闘今BOM-BA-YE

公演日・会場:6/29(金)18:30 両国国技館



コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。