【B“ジャイアント馬場さんにプロレスを教わって、天龍源一郎に酒を教わって、佐山聡に葉巻を教わった”男の今後のプロレス人生】世界一のトンパチ”折原昌夫の独占インタビューB[プロレス]

【“ジャイアント馬場さんにプロレスを教わって、天龍源一郎に酒を教わって、佐山聡に葉巻を教わった”男の今後のプロレス人生】世界一のトンパチ”折原昌夫の独占インタビューB

(取材・構成:中村カタブツ君)

2006.9.20大会では、“世界一性格の悪い三冠王者”鈴木みのるに一敗地にまみれた“世界のトンパチ”折原昌夫が、鈴木みのるに再び宣戦布告だ!

 3.7リアルジャパンプロレス大会の詳細とチケット購入はコチラ!

“世界一のトンパチレスラー”として、プロレス界では独特のオーラを発しているヒールレスラーが折原昌夫(メビウス)である。刺青にモヒカン(あるいは金髪)といういでたちで、対戦相手のレスラー達を恐怖で震え上がらせる悪役レスラーとしてのイメージが強い折原昌夫だが、プロレスラーとしての出発点である全日本プロレス入門前には、レスリングの全日本王者に君臨するという、実力をも兼ね備え、その素質は初代タイガーマスク・佐山サトルも認めるというマット界きっての“陰の実力者”であることは、一般のファンには浸透していない・・・。現在は、「第2代レジェンド・チャンピオン」のベルトを持ちながら“世界一厳しい”と噂されるリアルジャパンプロレス道場の道場長を務める今回のインタビューでは、彼にプロレス人生の始まりから、最初の師匠であるジャイアント馬場、そして“昭和の怪物”天龍源一郎、現在の自分、リアルジャパンプロレス道場、初代タイガーマスク、佐山サトル、そして、来る3月7日大会で再戦する、鈴木みのる(三冠王者)評など、プロレスファンでさえ、なかなか知ることが出来なかった“プロレスラー・オリハラマサオ”を教えてもらうこととする!

──わかりました。ところで、いままでは折原さんの指導者的な話を聞いてきたんですけど、今後の選手としての方向性も聞きたいです。
折原 だから、その部分はここまで先生のもとにいながら、なぜリアルジャパンに所属しないかという理由にも繋がるんですよ。僕はこれからも佐山聡は好きですし、憧れていますけど、そこに刃向かっていくのが折原昌夫なんですよ(笑)。
──そこは変わらないんですね。
折原 やはり僕はタイガーマスクじゃないですから。若い頃はいろんなスタイルを試して、タイガーマスクを意識したものもやりましたよ。ただ自分には合ってなかったですねぇ。自分ではかっこいいと思っていたんですけど、お客さんからはなんの反応もなかったですね(苦笑)。
──SWSの田中社長には反応が良かったようですけど。
折原 あれはケブラーダを出した時ですね(苦笑)。いまのスタイルに目覚めたのは、ちょうど僕がスキンヘッドにしてWARで齋藤彰俊と、青柳(政司)館長とかとやった時ですね。あの時は異常な反応があったんですよ。僕のたたずまいとか、しゃべり方、殴り方すべてにおいて。それで気付きましたよね、僕はタイガーマスク側じゃないなと(笑)。
──気付いちゃいましたか(笑)。
折原 気付いちゃったとな。それからはお客さんの思ってる世界と、僕の思ってる世界がクロスしてきましたね。
──そのスタイルでUインター時代の桜庭和志さんともやりましたからね。
折原 やりましたね(笑)。
──あれはいい試合でした。
折原 だから、僕って自分の思ってるままにやればいいんだって開き直った部分ですよね。その後はエスカレートしてイスで殴るとか、試合中に何回も金玉蹴るとか、そんなスタイルになってしまいました(笑)。だから、佐山さんからは「なんでアマレスっていう基盤がちゃんとしてて、全日本っていうちゃんとした団体から出てるのに、目の回りを黒く塗って金玉蹴るようなスタイルなの?」って聞かれたことはありますね(苦笑)。
──普通の疑問ですよね(笑)。なんて答えたんですか?
折原 いや〜、すいませんと(笑)。ただ、もともとは初代タイガーマスクに憧れてこの世界に入ったんですよ、僕。ところが自分はタイガーマスク側じゃないと気付いて、こうなったわけですから、佐山先生さえ、テレビに出ていなければ、こうはなってないですよね。大元の原因は、「先生、あなただ」と(笑)。でも、それってカリスマですよね。例えば、山口百恵を見て歌手になりたいと思ったのと同じですからね。
──それがいま身近にいるという幸せですね。
折原 うん。僕ね、ある人に言われたんですよ。ジャイアント馬場さんにプロレスを教わって、天龍源一郎に酒を教わって、佐山聡に葉巻を教わったと(笑)。
──贅沢ですね(笑)。
折原 それを聞いて僕も笑ったんですけど、ジャイアント馬場、天龍源一郎、佐山聡に現役中につけたって凄いことですよ。
──まだ17年しか経ってないのにですよね。
折原 今日でちょうどデビュー17年ですよ。たった17年で馬場さんの付き人もしましたし、天龍さんの付き人もしましたし、そしていま最終的に、僕が憧れてプロレス界に入った人のところに来て、その人の思想のもとでレスラーを育てているというのが楽しくて仕方ないですね。だから、明るいですよね、みんなに同じことを言われます(笑)。
──凄く顔がキラキラしてますから。
折原 ただ、選手としていま僕が思ってることは、あの人のもとにいて、あの人の練習方法、あの人の考え方をすべて吸収しようということです。それを吸収した上で刃向かっていこうということですね。いまは佐山聡の頭の中にあるのは鈴木みのる。それ一つでいいと思うんですよ。だけど、鈴木みのるなんて本当は先生の敵ではないんです。それよりも先生の頭を悩ませるような、どうしてこいつがリアルジャパンの中にいるんだろうという選手がいないきゃいけないと思うんですよ。
──それが折原さんなんですね。
折原 そうです。いま佐山聡は何かを作る立場の人だと思います。それはわかるんですが、それだけだとのんびりし過ぎますよね。僕たち若い奴らは牙を剥いて、いろんな手を使ってあの人に向かっていかないと。
──ケツに火をつけるような。
折原 そうですね。
──じゃあ、3月7日に対戦する鈴木みのる(初代タイガーマスク&折原昌夫組VS鈴木みのる&飯伏幸太組)というのはそれほどの壁ではないんですね。
折原 いま目の前にあるただの壁ですね。
──去年、一騎打ちで当たった時はどうでした?
折原 負けちゃったんですけど、記憶に残らない選手でしたね。「なんでこんなヤツが三冠を持っているんだ」って思いました。だから、負けた時はホントに悔しくて大声でマット叩いちゃいましたね。ちょっと恥ずかしかったんですけど。
──叩いてましたね。
折原 こんなに何もできないヤツになぜ負けたんだろうと。ただ、張り手は効きましたね。何回も脳しんとう起こして、それで気が付いたら最後にドライバーを。
──でも、鈴木さんも相当警戒してて、いつも試合ぶりじゃなかったですよね。
折原 考えてきてましたよね。
──鈴木さんもアマレス出身じゃないですか。アマレスの展開みたいなものをしてみようとは思わなかったですか。
折原 アマレスどうこういうのはなかったですね、プロレスですから。ま、そんなもんですね、アイツに関しては。
──タッグパートナーとなる佐山さんの体調はいいですか。
折原 正直言って体重はオーバーしてますね。ヒザをずっとケガしてますから、ロードワークとか、瞬発力を使った練習が全然できてないですね。それは本人がイライラしてる部分じゃないですかね。
──では、そこは折原さんが補って。
折原 そうですね。僕はそれを補って、勝負をつけるタイミングを先生に見極めてもらってスリーカウントを鈴木みのるから取ってもらいたいですね。彼はね、正直言ってプロレスに慣れてきてます。昔、プロレスのことをくそみそに言ってた人間がね。
──そういえば、SWS時代、藤原組で参戦した鈴木さんはプロレスを否定した試合をしたことがありましたね。
折原 ありましたねぇ。でも、いまはちゃんとプロレスラーになってますね。ただね、それはアピールの仕方がうまくなっただけで、プロレス自体はヘタクソですよ。いまのお客さんのニーズに応えられるというのはわかりますけど、プロレスってそれだけじゃないですからね。だから、やっぱり、「なんでアイツが三冠持ってるんだよ」っていう気持ちに戻りますね。
──全日本育ちの折原さんとしては納得できないんですね。
折原 「三冠ってどうなっちゃったんだよ」って思いますよ。
──しかもSWS時代の因縁もありますし、凄く楽しみですね。
折原 こっちは絶対負けないですよ! 
──わかりました。最後に2代目スーパータイガーの仕上がりはどうですか。
折原 やはり気持ちは相当焦ってますね。彼は格闘技界に長くいた人間ですけども、プロレスのリングに立つっていうのはまったく違うものなんでしょうね、世界が。
──違うプレッシャーですよね。
折原 それでいきなり2代目スーパータイガーですからね。免許取り立てでベンツ乗るようなものですから。重圧ありますよね。
──お客さんには温かい目で見てもらいたいと言いたいですが、先生はどうなんですか。
折原 先生は完璧主義なんで、完璧を求めてますね。「最初だからね」という優しい言葉も出てますけれど、気持ちの上ではスーパータイガーはそういうものじゃないと。ローリングサバット一つにしても、もの凄く時間かけて練習してます。
──もう十分にやってるはずなんですけども。
折原 はずなんですけど、スーパータイガーの動きといままでやってきた動きとは別ですから。
──ではもう一回作り直してると。
折原 作り直してるんじゃなくて、磨き直してる部分ですね。特にスピード。それは、これからリアルジャパンでデビューする選手にもいえますけど、スピードと間の取り方は徹底して指導してますね。初代タイガーの動きっていうのはいまビデオで見ても凄いですからね。
──いまでも沸く試合ですよね。そんな方を敵にまわすと宣言しましたけれども。
折原 う〜ん、やっぱり自分が信頼できる人、尊敬できる人はいつまでもトップにいてほしいという気持ちの裏返しですよね(苦笑)。
──複雑な思いですね。佐山さんはそれほどプロレスを長くできないと言ってますけど。
折原 やめさせないですね。まだまだ先生に牙を剥いてくる人はたくさんいますから。そんなあと数年でやめるとか、何をほざいているんだと(笑)。
──ファンもまだ納得してないと思いますし。
折原 そうでしょう。やっぱりファンは虎が獲物をくわえて振り回してるところを見たいと思いますよ。それをリアルジャパンで見せられるよう、僕も頑張りますよ(笑)。



コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。