【A“世界で一番過酷な佐山サトル道場(リアルジャパンプロレス)”の鬼コーチとしての新しい自分の確立】“世界一のトンパチ”折原昌夫の独占インタビュー[プロレス]

(取材・構成:中村カタブツ君)

2006.9.20大会では、“世界一性格の悪い三冠王者”鈴木みのるに一敗地にまみれた“世界のトンパチ”折原昌夫が、鈴木みのるに再び宣戦布告だ!

 3.7リアルジャパンプロレス大会の詳細とチケット購入はコチラ!

“世界一のトンパチレスラー”として、プロレス界では独特のオーラを発しているヒールレスラーが折原昌夫(メビウス)である。刺青にモヒカン(あるいは金髪)といういでたちで、対戦相手のレスラー達を恐怖で震え上がらせる悪役レスラーとしてのイメージが強い折原昌夫だが、プロレスラーとしての出発点である全日本プロレス入門前には、レスリングの全日本王者に君臨するという、実力をも兼ね備え、その素質は初代タイガーマスク・佐山サトルも認めるというマット界きっての“陰の実力者”であることは、一般のファンには浸透していない・・・。現在は、「第2代レジェンド・チャンピオン」のベルトを持ちながら“世界一厳しい”と噂されるリアルジャパンプロレス道場の道場長を務める今回のインタビューでは、彼にプロレス人生の始まりから、最初の師匠であるジャイアント馬場、そして“昭和の怪物”天龍源一郎、現在の自分、リアルジャパンプロレス道場、初代タイガーマスク、佐山サトル、そして、来る3月7日大会で再戦する、鈴木みのる(三冠王者)評など、プロレスファンでさえ、なかなか知ることが出来なかった“プロレスラー・オリハラマサオ”を教えてもらうこととする!

折原 だから、テレビで見る通りの人ですよ。北原さん、小橋さん、菊地さんの3人は心から尊敬してましたね。イコールそれは、自分たちも一緒になって辛い練習をしてた人たちだからですよ。ある先輩のように、口に楊枝をくわえてリングの鉄柱に座ってですね、やれスクワットしろ、腕立てしろとか言わなかったですよ。そんな姿を後輩が見たら、「こいつの言うことだけは聞きたくないな」と思いますよね。だから、いまリアルジャパンの道場でも、僕は練習生たちと一緒になってやってます。
──折原さんも一緒に同じメニューでですか。
折原 そうです。さすがに腰が悪いんで、できない時もありますけど、ほとんど一緒になってやってますよ。
──リアルジャパンの練習ってどんなことをしてるんですか、ファンは凄く気になると思うんですけど。
折原 いまプロレスの練習は月曜から金曜まで1時から6時ごろまでやってます。その後、掣圏真陰流の練習に交じってパンチ、キック、寝技の練習を夜10時ぐらいやってます。
──ということは1日10時間ぐらい?
折原 やってますね。そういう意味では、プロレスラーになりたくてウチに来た子たちは正直面食らってる部分はあるんじゃないですかね。正直、中には「こんなにキツイ練習はイヤだよ。俺はプロレスラーになりに来たんであって、K─1選手やPRIDE選手になるつもりはない」と、そんな風に思ってる子もいると思うんですよ。ただ、先生がいま思ってることは、プロレスラーがK─1やPRIDEでちやほやされている世界に殴り込んでいって勝利を勝ち取るんだっていうことだと思うんですよ。イコール、それはプロレスラーになるための練習と平行して格闘技の練習をするということですね。
──両方やってるんですか、それはめちゃくちゃハードだと思いますが。
折原 そうですね。彼らはよく途中でトイレに行ってゲーゲー吐いてますね。倒れて病院に行って点滴打ってもらった子もいましたね。これは誇張じゃなくて日常茶飯事ですね。あとパンチの練習で拳を壊して、その後のプッシュアップで「すいません、折れてます」と。そういう時はさすがに「片手でいいよ」とは言います。
──えーー! 「休んでいいよ」じゃないんですか!
折原 そうですね。なぜなら彼らはそれでもやりたいんですよ。佐山聡に技術を習いたくて来てますから。だから、今日も昨日の練習がハード過ぎちゃって全員絶滅です。骨折してたり、リンパ腺が腫れちゃって来ないヤツもいる。そういうことはとにかく年柄年中ですね。でも、それでもいいんです。先生も「今日は全滅で誰も生徒がいません」というと、「仕方ないな〜、まだ弱いな」ってだけですから。生徒たちにしても、「今日はすいません! 明日はいきますからクビにしないでください!」って電話してきますから。だから、彼らにしても来たいんですね。あと、いまウチには有名な格闘技の選手も来てます。
──DEEPのチャンピオンになったばかりの長谷川秀彦さんとかですね。
折原 そういう人たちと彼らはいまの段階からスパーリングをしてますから。ケチョンケチョンにやられて、歯が折れて血だらけになってますが、チャンピオンクラスと毎日練習してますから、それは強くなりますよ、自然に(笑)。
──しかも後ろには佐山さんが竹刀持っていますからね(笑)。
折原 いや、竹刀はないです。そういうものは道場に置かないようにしてるんですよ、僕もわかってますから(苦笑)。ただ、そうなると先生は、ベンチプレスの鉄棒あるじゃないですか。あれを使ってみたりしますね。よく見ると畳に穴が空いてますから。もちろんあれで殴られれば、骨折しますし、実際骨折してますしね。
──骨折ですか……。
折原 ただ、先生はかなり気を遣ってるんですよ。
──それでですか(苦笑)。
折原 もちろんもちろん。相手はまだ素人ですから。練習中、「トイレに行きたいんですけど」と言えば行けますし、「頭がクラクラするんで休ませてください」と言えば、「どうぞ」と。別にそれは何もいいません。意思表示をしてきた者に対しては、昔のある先輩みたく「てめえ、顔じゃねーんだよ」みたいなことを僕は言いません。そんなことは悪い風習だと思ってますから。そういう風な意思表示をしてきた者にはキチンと対応します。
──いい部分だけを残していくわけですね。1時から6時までの、プロレス部門の練習はどんなことをしているんですか。
折原 5時間も何するんだと思うでしょ。でもね、5時間がアッという間に経っちゃうんですよ。例えば、スクワットは千回必ずしますし、首の運動も何種類もありますし。そして背筋、腹筋、あとは息を上げた状態で動ける運動とか、タックルの打ち込みを5分続けてすぐに受け身とか、受け身が終わったらまたタックルとか。で、その合間の休憩時間は30秒です。それをずっとやってますね。そりゃあ、途中でゲロ吐きに行きますよね(笑)。
──行きますね(苦笑)。
折原 でも、それが当たり前ですよね。お客さんにお金払って見てもらうことをするわけですから。そのためには、いま僕が持ってる精一杯のものを教えていかないとと思ってますね。
──でも、そうなると練習生は結構やめたりしませんか。
折原 やはりそういう人間は多いです。ただ、先生の考えは、なんでもいいから人を入れたいというものではないんです。リアルジャパンというものを少しでも早く作りたいんだと、そのためには選手を強くすることが一番の近道だと思ってますね。
──少数精鋭ということですね。1人でも強い人が出てくればいい。そのためにはギュウギュウ絞るのも当然ですね。あ、絞るってわけでもないんですね。
折原 そう。絞るってわけでもないんですよ。残ってる人間はみんな自主的に来てるわけですから。だから、そこの部分では昔僕が●●選手に感じてたものを感じてないから、痛くても骨が折れても練習に来ると思うんですね。僕も一緒にスクワットもやれば、スパーリングもやりますし。すべての面になるべく付き合います。口だけでああしろ、こうしろとは絶対言いませんよ。いま37歳ですけど、一緒に練習してます。
──それもハードですね。
折原 ハードです。だから、今日みたいに全員が絶滅してしまう時には僕もお休みになります(笑)。
──神様がくれた休日だと(笑)。ところで、いま練習生は寮に住んでるんですか。
折原 いま二つのパターンがあります。大宮のほうに一軒家がありまして、そこに月2万円家賃を払ってもらって、そこから通う。もしくは家賃、敷金、礼金ゼロの都内のワンルームに住んで貰って、仕事もこっちが用意しますというものですね。ともかく練習生にはプロレス・格闘技に集中してほしいんです。1年間から2年間は集中してほしいと思ってますからね。
──練習環境も整っていると。
折原 だから、環境面でもほかの団体にはないです。ケガしたら先生の知り合いの医者に診て貰えますしね。もちろん先生は大変でしょうけど。

【B“ジャイアント馬場さんにプロレスを教わって、天龍源一郎に酒を教わって、佐山聡に葉巻を教わった”男の今後のプロレス人生】世界一のトンパチ”折原昌夫の独占インタビューBへ続く!

【A“世界で一番過酷な佐山サトル道場(リアルジャパンプロレス)”の鬼コーチとしての新しい自分の確立】“世界一のトンパチ”折原昌夫の独占インタビューの第2弾アップ。



コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。