【E夢のオールスター戦実現へ! TAKAみちのくの野望!】KAIENTAI-DOJOトップレスラー兼社長 「TAKAみちのく」独占インタビューE[プロレス]

旗揚げから、今年の4月で遂に5周年を迎えることになったKAIENTAI-DOJO。2002年の旗揚げから、常設会場の設置、料金後払い制興行、2リーグ分割と、独自の手法でプロレス界でも注目を集めてきた団体である。そのKAIENTAI-DOJOを率いているのがTAKAみちのくだ。世界最高峰のプロレス団体・WWE(当時WWF)でもその実力を認められた男のプロレス人生とは? これまで歩んできた道のりと、自身が率いる「KAIENTAI-DOJO」の魅力について、一気に語り尽くす第6弾!

★「KAIENTAI-DOJO」の大会詳細とチケットのお申し込みはコチラ!2・24(土)『CLUB−K TOUR in NAGOYA 』、2・25(日)『CLUB−K TOUR in OSAKA 』、【KAIENTAI-DOJO 6周年記念興行】4・8(日)『CLUB−K SUPER ev.6』後楽園ホール大会

★TAKAみちのく が参戦するビッグマッチ『Circuit 2007 NEW JAPAN EVOLUTION 旗揚げ記念日 』 3・6(火)後楽園ホール大会の詳細とチケットのお申込はコチラ!<CTU MUTATION>邪道(CTU)、外道(CTU) vs TAKAみちのく(K−DOJO)、ディック東郷(フリー)

【E夢のオールスター戦実現へ! TAKAみちのくの野望!】

──なるほど。あとKAIENTAI-DOJOのもう一つの特徴として、団体の所属選手の本名
を全員非公開にしていますよね。
TAKA そこはやっぱり昔プロレス大百科とかあって、ミル・マスカラスの本名が書い
てないとか、ミステリアスな部分があったんですよ。やっぱ、レスラーはそういう部
分を残さなきゃなってことで、完全非公開にしています。それはあんまり大したこと
じゃないです。あとはうちの特徴を言うとしたら、デビューが決まって本人の特性を
見極めて、リングネームやコスチュームを決めて、そして必ず得意技を作らせるんで
すよ。
──得意技!
TAKA WWEのレスラーはそうなんですよ。絶対的なフィニッシュホールドを持って
いるんですよ。これが出たら終わりっていう。オリジナルのフォールする技、固める
技を考えさせて、それを徹底的に極めさせる。ホント、それを出したら試合を終わら
せるつもりで試合を組み立てろと言っていますね。必殺技を必殺技にすること。
──当たり前のようですけど、それができないと選手としての個性が出ないですから
ね。
TAKA 猪木さんが延髄斬りやったら終わり、卍固めをやったら終わり。そういうふう
にしていきたいですね。その技が決まったのにそれでも試合が終わらなかったら、ま
た白熱するじゃないですか? それが昭和のプロレスだっと思うんですよね。
──やっぱり、その古き良きプロレスへの拘りは凄いですね。
TAKA ただ拘りはあっても、全試合それじゃ面白くないですからね。うちだってハー
ドコアみたいなのもやるし、お笑いみたいなものやりますから。全部同じ色じゃダメ
だと思うんですよ。で、去年の『インディー・サミット』っていう大会があったんで
すよね。
──大晦日に後楽園ホールで大盛況でしたね。
TAKA 自分の中であの興行は理想なんですよ。全8試合で第1試合で若手の試合やって、
第2試合でエンターテイメント、第3が空中戦、第4が社長ランブルってお笑いがあっ
て、バチバチがあって、大日本のデスマッチがあって、自分らの海援隊☆DXのレジェ
ンドマッチがあって、メインで現行のトップどころがぶつかるっていう。
──それぞれちゃんとテーマのある試合が並んでいましたよね。
TAKA それぞれ色があって、それがうまく出たんで、自分の中で理想の興行だったん
ですね。だから、プロレスだってまだまだ捨てたもんじゃないなって思いましたもん。
大晦日にチケットが完全にソールドアウトしましたからね。あれを自分らで純血でや
れたらいいなと思ってます。
──なるほど。あの大会ではマッチメイカーをやられていましたけど、TAKAさんとし
ては理想的な大成功の大会だったんですね。
TAKA そうですね。それで、その『インディー・サミット』から派生して、最終的に
はプロレスの底上げをしたいんですよ。「プロレスってこんなに面白いんだよ」って
いうのを見せたいし。今、アホみたいに団体が枝分かれしているじゃないですか? 
みちのくから大阪プロレスができて、ドラゴンゲートからドラゴンドア→エルドラド
ができてって。結局、分かれた理由ってお金とか人間関係とか下らない理由なんです
よね。そういうのをまとめるってわけじゃないですけど、ちょっとしたしがらみで分
かれたものを集めたら、もっとでかいものができるんじゃねえかなと。
──それはわくわくする話ですねぇ!
TAKA 去年はGPWAっていう組織ができましたけど、あれはあれでいいとして自分でも
なんかできないかなと思って。今回『インディー・サミット』が成功したんで、春と
夏を使って『プロレス・サミット』への道じゃないけど、『ロード・トゥ・プロレス・
サミット』ができたらなって思ってます。この10年でいろいろと交流ができましたか
ら、ちょっとずつ枠を広げていきたいんですよね。大きな団体同士ではできないこと
でも、自分が動くことによって崩せることもあるかなと。いずれは全団体で夢のオー
ルスター戦をと思ってますけど。
──あの『インディー・サミット』の後に、インディーという言葉を外してやりたいっ
ておっしゃってましたよね。
TAKA 結局、インディーかもしれないけど、その『インディー』っていう言葉で逃げ
ている気がするんですよね。
──「インディーだから、こんなもんでいいんじゃねえか?」っていう。
TAKA それを捨てさせたいんですよね。やっぱり、志が高い奴はいると思うんですよ。
だから、その言葉で逃げている奴もいるかもしれないし、それを商売にしている奴も
いるかもしれないけど、それに頼らないで行こうよと。みんなで上に行こうよってい
う意味があったんですよね。
──インディーという言葉による甘えを捨てさせようということですね。
TAKA はい。あと今は夢がないんですよね。
──夢がない?
TAKA お客さんの目線で見て、「これをやるなら絶対に行きたい!」っていうカード
がないんですよね。今は都内だと毎日のように何かしらどこかで興行をやっているじゃ
ないですか? お客さんからすれば、選択肢はたくさんあるわけですよ。でも、お金
はちょっとしかない。その中から選んでもらうには、よっぽど夢がないとダメだと思
うんですよね。
──あと、交流が多かったり、フリーの選手がいろんな団体に出ることによって、団
体の区別が付かないっていう人もいると思うんですよね。
TAKA まあ、自分もいろいろ出てますけど、「あの人、あそこでも見られるんだ」っ
ていう感じになっちゃいますよね。
──その団体を見るテーマや意味がなくなっちゃうというか。
TAKA だから、自分も最終的にはKAIENTAI-DOJOだけでやって、KAIENTAI-DOJOだけで
しか見られないものを作りたいんですけどね。今は到底無理ですけど。
──TAKAさんは全日本にレギュラーで出場されていますけど、やっぱ
りKAIENTAI-DOJOの宣伝の部分もあるわけですよね?
TAKA そうですね。凄い宣伝にはなっていると思います。ただ、全日本の選手だと思っ
ている人もいるみたいで、それはそれで困るんですけど(笑)。
──でも、もう3年以上いますもんね。
TAKA 去年、RO&Dという外人チームが解散になって抜けようとも思ったんですよ。で
も、自分自身もまだレスラーとして成長しなきゃいけないと思っているんで、一箇所
に留まっているわけにはいかないですし。自分の団体でやりながらも外には出たいん
で。
──まだまだハードなロードは続きますね。
TAKA そんな中、自分、今年の9月で15周年になるなんですよ。
──もう、デビューして15年になりますか。
TAKA ちょうどデビューしたのが15年前の9月4日なんですけど、その9月4日に後楽園
ホールが取れたんで、15周年記念をやろうと思っているんですよ。
──デビュー15周年記念大会ですか!
TAKA まだ何をやるかは考えてないんですけどね。それよりも4月8日に後楽園でやる、
KAIENTAI-DOJOの旗揚げ5周年のほうが大事ですから。
──おお、KAIENTAI-DOJOも遂に5周年ですか!
TAKA ここでGETとRAVEの対抗戦をやります。うちの年間最大イベントで、WWEで言え
ば年に1度の『レッスル・マニア』にあたるところなんですよ。でも、旗揚げした時
点では3周年を大田区体育館か代々木でやって、5周年は横浜アリーナって考えていた
んですけど、凄くずれちゃいました(笑)。
──これからですって!
TAKA うまくいかないですね、人生って(笑)。でも、結局、自分で楽しいか楽しく
ないかなんですよ。やってる自分が楽しくなかったら、見ている人間も付いてくる人
間も楽しくないと思うんで楽しむようにしてます。腐って逃げ出したくなることもあ
るんですけども、プロレスを俺から取ったら何も残らないんですよ。一般常識的な頭
はまったくないし、普通の会社では到底無理なんで。これで食っていくしかないんで
すよ。
──いや、普通の人だったら、こういう道のりは歩めないと思いますよ。今でも選手
としていろいろ試合をして、社長としても道場を経営して、興行を回して、キップ売っ
て、選手を育成してってやってるじゃないですか。なんでそこまでやれるんですか?
TAKA でも、やれることしかやらないんですよ。嫌になったらダメだと思うんで。夜
遅くまで徹夜して仕事とかはやらないです。だから、会社が発展しないんですよ、ワッ
ハハハハ(笑)。
──いや、十分大変だと思いますけどね(笑)。
TAKA よく言われるんですよ、「忙しいんでしょう?」って。そうでもないんですよ。
昼ぐらいにゆっくり起きて、事務所に行って、チケット営業とかパソコンちょこっと
いじって、トレーニングやって、夕方ぐらいに腹減ったら帰る(笑)。
──ガッハハハハ!
TAKA それと、自分は趣味がギャンブルでパチスロを1日1時間以上打つようにしてい
るんで。
──ストレス解消ですか?
TAKA 唯一の趣味なんですよ。自分の楽しみはそれしかないんで。だから、人が言う
ほどそんなに大変でもないんですよ。自分で社長やっているから、自分で好き勝手に
できるじゃないですか? これが所属選手だったら、あれしなさいこれしなさいって
ことになりますからね。だから、今は楽しんでやれるようになっているんで、それが
いいのかなと。

独占インタビューF【“純血の純プロレス”のKAIENTAI-DOJOを是非一度!】へ続く!



コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。