【アントニオ猪木酒場(第1号店池袋店)】レセプション画像追加掲載![イベント]

10/24(火)、池袋東口に、アントニオ猪木がプロデュースする“みんなが元気になる居酒屋”というコンセプトの衝撃的なバーレストラン、その名も【アントニオ猪木酒場(第1号店池袋店)】が翌日の一般オープンに先立ち、レセプションパーティを開催。関係者、及びマスコミで賑わったが、イープラスでは、先般このブログで画像レポートをお送りいたしたが、本日追加画像をアップしてみました。第3弾はコチラ)、アントニオ猪木氏自身も参列したお気に入りにのこの酒場。みんなもう行きましたか?私の周りには巡礼者のレポート・感想もチラホラ来ています。この3連休中に行ってみようよ!

さーて、入口を入ると・・・。

ご満悦の我らがアントニオ猪木。自分の名前が店名になる心境はどんなものなのだろうか?もちろん、ぞの昔、伝説の「アントン・リブ」(六本木ロアビル前2F、横浜など)はあったが、今回は名前そのものなのですから。

マスコミ陣に向かって「質問ねぇのか、このヤロー!」と一喝。

(いえいえ言ってません!)

と思ったら、お店のスタッフが、自慢の料理メニューを説明に現れた。各メニューに、猪木氏にちなんだ名前がつけられているのです。

メニューをご覧になりたい方はコチラ!

少し待つと、ジュージュー、美味そうな煙と匂いと共に、鉄板焼き料理が運ばれてきた。店長が真っ先に猪木氏に賞味してもらいたかったその料理とは、・・・・・、

「炎のファイター」だと!

熱々の鉄板の上で、タコが湧き上がる湯気と共に、なんと“タコ踊り”ダー!(笑)

もう一度、メニューをじっくり見てみようか、と猪木氏がチェックしていると出るわ、出るわ、次から次へとボリューム満点のご自慢料理が。

まずは、チキンに手を伸ばしたが、・・・・。

ここは、やはり極厚のステーキ(名づけて“アントン風ビフテキ”)でしょう!

身長191pの猪木氏の前でもこんなにデカイこのステーキ。伝説のステーキハウス「リベラ」を超えるのか!「リベラ」危うし!

「男なら、チマチマするな!こうやって食うんだよ!」と男道を身をもって表現した。本当に美味そうだ。早く食いたいね!

 

やはり、店内で見つけました「道」。猪木氏には絶対これは欠かせない!

【アントニオ猪木酒場の店内を回ってみよう!】

【アントニオ猪木酒場(第1号店池袋店)】は、池袋東口を降り、明治通りを左に2分ほど歩いた左側の東急ビル4Fです。是非、皆様、足をお運びいただけますよう宜しくお願い申し上げます。料理はボリュームと味が両立したグッドテイスト。店内には、猪木氏の足跡を辿る写真、記念品、現役時代のレスリングシューズ、猪木氏が表紙を飾った雑誌の数々、そして激闘の映像、など、猪木信者のみならず、プロレスファン以外の方でも、お店の雰囲気、料理の味に満足されると思います。また、ダーツやスロット機も完備。様々なエンジョイタイムを満喫できます!「アントニオ猪木酒場オフィシャルサイト」はコチラです。



コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。