【T−1二見社長がマスコミに声明文発表!】[プロレス]

T−1二見理社長より、マスコミ各社に対して下記声明文が発表されましたので、掲載させていただきます。(原文ママ)

マスコミ関係各位

大向に対しての声明文です。ご掲載のほどよろしくお願い致します。

【大向美智子に宣戦布告】

本日正式に、大向美智子と総合格闘技ルールでの一騎打ちを要求する。

これは、8月26日のT−1興行に対篠原光戦で大向選手の参戦を要請していたが、当然のように黙殺され、何の返事もなく参戦せず大会も終了した。

その一件で、ケジメとしてT−1興行の終結を宣言した。

と同時に、一連の篠原vs大向に関しての抗争も終わりとさせていただいた。

そう言った事で、今後私個人が、篠原vs大向戦の対戦要求はしません。

しかし、二見vs大向は終わらないし、終わらせるつもりもない。

向こうが、すなわち大向が一番嫌がる日に、これこそがT−1の真骨頂の十八番、殴りこみに行き返事を聞きたい。

その大会とは、来たる10月8日 M’s Style 新宿FACE大会になる。

まぁ、分かっていると思うが話題作りで宣戦布告しているんじゃない。

これは“本気”で“ガチ”だ!

そうは言っても大会まで1週間切っての発言なので、猶予を与える。

もし会場に来てほしくないなら、きちんとマスコミを通じて見解文を出せ。

さらに自分の挑戦は受ける気がなく、今後対戦要求をしてほしくないなら、公の場で私に対して謝罪をし、誠意を見せろ。

これは2月23日のT−1グランプリ全試合終了後、バックステージで大向が私に対して暴言を吐いた事に対しての謝罪になる。

この時に大向に罵倒された借りがあるので、しっかり借りを返したいと思う。

もちろん10月8日が、M’s Styleの解散興行で大事な大会だという事は認識している。


ならば、きちんと筋を通せ、という事だ!

大向が後輩の事を考えているなら、自分を犠牲にしてでも謝罪する事が出来るはずだ。


こっちは謝罪されて、自己満足の世界に酔うつもりはさらさらない。

では何故、そこまで拘るのか?

最大の理由は、この手の話が女子プロレス界では枚挙に遑がないからだ。

だから、次々協力したい関係者が離れて去っていったのではないか?

悪いが、他のジャンルでスポンサーと選手や興行主の関係では決してあり得ない。

逆に言えば、こうした正常とは言えない関係を改善することが、女子プロ復興への近道になると断言してもいい。

私は第2回『T−1グランプリ』大会終了後、マイクでこう絶叫した。

「これは二見劇場でもなんでもないんだよ、いまの女子プロレスの真実なんだよ!高いギャラを払ったてもオレの方が悪者なんだよ!フロントは大人だから堪えているんだよ!オレは大人ではないから堪えられない。いままでフロントが悪いと思っていたが、選手が悪いや、これは。金払っている者が偉いとは言わないが、金を出している者を悪者にするのは許せないんだよ!」

この絶叫マイク“二見独演会”の際、大半のファンは真剣に耳を傾けてくれたにも関わらず、売店で精出した大向。

一体どんな見解文を出すか、お手並み拝見とさせていただく。

繰り返しになるが、ここでも今まで同様のパターンで黙殺するようなら、必ず10.8にT−1の流儀として乱入する。

以上

                           2006年10月3日 二見 理



コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。