【日米格闘技界を代表する2大レジェンドが夢の再開!】“怪鳥”ベニー・“ザ・ジェット”・ユキーデ’&初代タイガーマスク会見&公開練習[リアルジャパンプロレス]

『武頼漢―BURAIKAN―』前日に合同会見と公開練習を実施!

9/23(土)新木場1stRINGにて開催される自身のプロデュース興行を目前
に控えた、“世界で最も有名な格闘家”である、ベニー“THE JET”ユキーデが、
初代タイガーマスク 佐山サトルが設立した掣圏真陰流本部道場『興義館』にて、
前日記者会見と大会に出場する愛弟子、マジット“Magic Man”と、
早千予(白龍ジム/女子キック世界8冠王)と対戦するKATTの公開練習を披
露!

ベニー“THE JET”ユキーデは、1970年代〜1980年代にかけてアメリカを中
心に日本、ヨーロッパで大活躍した伝説の格闘家。マーシャルアーツ(全米プロ
空手)の世界で、WKA(World Karate Association)世界4階級制覇(ライト
級、Sライト級、ウェルター級、Lミドル級) の他、PKA、WKL他、様々
なタイトルを獲得(戦績:63勝0敗3EX) という驚異的な肩書きを持ち、
1977年にアントニオ猪木がザ・モンスターマンとの歴史的な異種格闘技戦を
行った大会で、日本デビュー、当時全日本キック・ライト級1位の鈴木勝幸選手をKO。
トレードマークである「赤いパンタロン」と“バックスピンキック”、そして変
幻自在の天才的ファイトは世界中の格闘技ファンを魅了、“リングの赤い蝶”、
“怪鳥”と呼ばれた!

当時、梶原一騎が『週刊少年マガジン』に連載していた格
闘技劇画『四角いジャングル』(現実の格闘技界の動きを毎週リアルタイムで描く
画期的な劇画)の主人公として紹介されていたユキーデは日本全国の少年・青年に
圧倒的な支持を受けていたのだ。
その後、“鬼の黒崎”率いる「目白ジム」四天王の一人、岡江国光を
マシンガンパンチでKO。“極真の虎”添野義三(現:世界空手道連盟士道館館
長)門下の内藤武を試合開始直後のバックスピンキックで悶絶KO、ライト級の
強豪・大貫忍は、“秘技:ベトナム・ホイップ”で破壊された(キックルールで
は投げは無効とされた為、無効試合)。

岡江国光の弟分で、外国人として始めて、
ムエタイ王者となった“不世出のキックボクサー”藤原敏男(現:藤原ジム会長)
との世紀の1戦は、日本中の話題をさらったが、運命のいたずらか?ユキーデの
練習中の負傷により、中止、その後、試合は実現することなく両者は引退。
ユキーデは、その後、俳優として映画「スパルタンX」「サイクロンZ」「スト
リートファイター」等、ジャッキーチェン、ジャンクロードバンダムの映画に出演。
またアクション担当として「バットマン」「スパイダーマン」「パールハーバー」他、
ハリウッドの話題作に関わり、ニコラスケイジ、ニコールキッドマン、ジャッキーチェン、
シャノン・リー、チャック・ノリス等にアクション指導を行っている。

初代タイガーマスク 佐山サトルとの接点は、ユキーデが“鬼の黒崎”率いる
「目白ジム」四天王の一人、岡江国光をKOした『格闘技大戦争』(1977.11.14.日本武道館)
で、ユキーデはアメリカ側の総大将、佐山サトルはタイガーマスクになる4年前
であり、素顔で初のキックボクシング戦に出場、マーク・コステロ対戦!今回の
再開は、『武頼漢―BURAIKAN―』を主催する長瀬正和氏(自身もユキー
デの弟子として大会に出場)が、梶原一騎ワールドが生んだ世界を代表する2大
レジェンドの揃い踏みをどうしても見たい!という長年の夢がもたらせた結果で
ある。

今回の再開に、初代タイガーマスクも感激!佐山自身は、若かりし時代に格闘技
を追求する過程において、ユキーデのビデオを徹底的に研究したという。そして、
本日もユキーデと語り合う中で、ユキーデの持つ“武士道精神の強さ”に大変感
動した、という。そして、ユキーデと共に来訪したユキーデの愛弟子であるマジッ
ト“Magic Man”とKATTの礼儀正しさに、改めて先生としてのユキー
デの素晴らしさを感じたという。今後もユキーデの日本における活動に協力した
いとの意向を表明した。ユキーデは、「また、大好きな日本に戻ってくることが
出来、非常に嬉しい。日本の若い世代の方々、は私のファイトを見たことがない
と思うので、自分の精神を引き継いだ弟子(マジット&KATT)達
の戦いを見せたい。そして、佐山とも再会することが出来、大変光栄だ。今日か
ら新たなスタートが始まる。」とコメント。


また、会見後には、大会に出場するマジット“The Magic Man”と
KATTは、師であるユキーデにの持つミットを相手に公開練習を実施した。


(マジットは、佐山サトルの1番弟子である桜木裕司とも軽いスパーリングを実
施)


■大会概要と全対戦カード
【大会名】『武頼漢―BURAIKAN―』
【日 時】9月23日(土)18時開場、18時30分開始 ※当日券発売有り。
【会 場】新木場1stRING

<MIDジャパンカップ争奪戦 キックボクシング 3分×3R>
★マジット“The Magic Man”
(JET’S GYM/キックボクシング・カリフォルニア州ウェルター級王者、
ボクシングゴールデングローブ獲得、テコンドー87勝1敗43KO、
オールアジアテコンドー金メダル。)
 vs 市川光広
(士道館橋本道場/MA日本ウェルター級7位) 

<キックボクシング 3分3R>
★チャールズジョンソン
(JET’S GYM/ミシガン州テコンドー選手権優勝)
 vs KAZU柳田
(習志野ジム北海道/北海道空手選手権3連覇・アルティメットボクシング1勝
1分)

<変則ミクストルールマッチ2分×3R
(1Rボクシング/2Rキックボクシング/3R投げ有り)2分3R>
★羽田真宏
(白龍ジム/元WKA・USスーパーライト級王者)
 vs 寺尾 新
(T.R.D.J/元プロボクシング日本フライ級2位・元日本キック連盟フラ
イ級2位)

<女子プロ格 5分2R>
★篠原 光
(チーム南部)
 vs ジェラシーMAX
(ターザン後藤一派)

〜真樹道場 演武〜

<士道館フルコンタクト空手 2分2R>
★加藤竜二
(士道館大澤道場/優勝回数26回・第23回全国少年・少女空手道大会 男子
 高校軽量級の部 優勝第23回全国少年・少女空手道大会 中学・高校型の部 優勝 )
 vs 伊藤拓馬
(士道館橋本道場/士道館少年空手道選手権大会優勝・MAC少年空手道大会 優勝)

<プロ格 5分2R>
★ペドロ高石(カポエイラ/アメリカスヘビー級選手権)
 vs 飛鳥一撃(ターザン後藤一派/正道会館新人戦3位)

<女子キックボクシング 2分2R>
★早千予
(白龍ジム/女子キック世界8冠王)
 vs KATT
(JET’S GYM/ボクシング2戦2勝、キックボクシング2戦2勝・キックボ
クシングUSランキングバンタム級4位)

<MIDジャパンカップ争奪戦 セミコンタクト空手特別ルール 2分3R>
★MASA(JET’S GYM/カリフォルニア州テコンドー3位・全米空手選手権出場)
 vs 村岡 真(GAME/USAシュートファイティングライト級王者)

 



コメント

自分はまだ少年でしたが 当時、沢村忠を筆頭にキックボクシングブームでしたが、自分を圧倒的に惹きつけたのが、ベニーザ・ジエットユキーデでまさに怪鳥でした。藤原敏男も脅威的強さで両者の戦いは頂上決戦で是非とも見たかった一戦でした、ウ〜ン残念!マーシャルアーツと言う響きも新鮮で・・・いつでも男は強いものに惹かれるんでした 押忍!
kenmotu
(2013-02-21 09:07)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。