【『UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2015』見所特集コラムVol.3】[神の子]山本“KID”徳郁の愛弟子・堀口恭司(第9代修斗世界フェザー級王者)が2年連続参戦![UFC]

■大会名:UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2015
■日時:9/27(日) 開場8:00/試合開始9:00(予定)/メインカード開始11:00
■会場:さいたまスーパーアリーナ


●“超新星”堀口が今年も出場
 昨年に続き2度目となるさいたまスーパーアリーナ出場。

 5歳から伝統派空手を学んだ堀口は、TVで活躍を見たKIDに憧れ、高校卒業後にKRAZY BEEへ入門。わずか1大会でアマチュアを卒業すると2010年5月に修斗でプロデビュー、そこから同年の新人王を獲得するなど着実に、そして速い速度で成長を続け、13年3月に修斗の世界王座を獲得する。デビューから3年と経たないスピード戴冠であった。

 爆発力ある打撃と、テイクダウンに至らせない腰&寝技に持ち込まれても立ち上がる体の強さ――これらを活かし13年10月にUFCデビューを果たすと、14年5月の第2戦でも勝利して順調に連勝を記録し、昨年9月の日本大会ではジョン・デロス・レイエスをスタンドパンチからのパウンドで初回TKO。会場を沸かせる勝利を見せている。

●UFC王者へあと一歩
 今年に入り、1月のルイス・ゴーディノ戦も危なげない判定勝利でクリアした堀口は、急きょ王者デメトリアス・ジョンソンの持つUFC王座への挑戦が決定。最終5R、終了わずか1秒前というところでジョンソンに腕十字を極められ日本人初UFC王者の夢はならなかったが、序盤は最速王者にスピードで渡り合い、さらに2Rにはデメトリアスが得意とするテイクダウンを逆に決めるなど、今後の成長そして可能性を感じさせる場面を見せた。

 UFC王者への再スタート、そして再起戦となる今回、フライ級ランキング7位につける堀口が迎えるは下位ランカー14位のチコ・ケイマス。通算戦績は14勝6敗、UFCでは7戦を行い、これまで3勝3敗1無効試合という結果を残している。

 今大会、UFC初勝利を懸けた、堀口にとっては王座再挑戦へ弾みをつけたい一戦となる。

(取材・文:長谷川亮)




■対戦カード

<メインマッチ フライ級 5分3R>
ジョシュ・バーネットvsロイ・ネルソン

<第十戦 フライ級 5分3R>
ゲガール・ムサシvsユライア・ホール

<第九戦 フライ級 5分3R>
堀口恭司vsチコ・ケイミュス

<第八戦 バンタム級 5分3R>
水垣偉弥vsジョージ・ループ

<第七戦 ウェルター級 5分3R>
国本起一vsリー・ジンリャン

<第六戦 バンタム級 5分3R>
山本”KID”徳郁vsマット・ホーバー

<第五戦 Road to UFC Japan フェザー級 5分3R>
畑“DJ.Taiki” vs廣田瑞人

<第四戦 フェザー級 5分3R>
菊野克紀vsディエゴ・ブランダオン

<第三戦 ライト級 5分3R>
ニック・ハインvs粕谷優介

<第ニ戦 ライト級 5分3R>
小谷直之vsケイジャン・ジョンソン

<第一戦 ウェルター級 5分3R>
安西信昌vsロジャー・ザパタ

※対戦カードは変更される場合がございます。予めご了承下さい。


2015-09-02 16:05 この記事だけ表示