【『UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2015』見所特集コラムVol.1】“地球規模・究極の格闘技イベント、今年も日本開催”[UFC]

■大会名:UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2015
■日時:9/27(日) 開場8:00/試合開始9:00(予定)/メインカード(6試合予定):11時00分
■会場:さいたまスーパーアリーナ


“地球規模・究極の格闘技イベント、今年も日本開催”

●4年連続、聖地さいたまSAで日本大会開催!
 2012年から4年連続となるUFC日本大会が今年も9月27日(日)、さいたまスーパーアリーナで開催される。UFCは「オクタゴン」と呼ばれる八角形の金網を舞台に、打撃・投げ技・寝技と何でもありの戦いで、世界最強のファイターを決する究極の格闘技イベント。大会は世界各地で開催されて地球規模の人気を博しており、昨年9月の日本大会には五味隆典、秋山成勲をはじめとした日本人ファイターが大挙10人出場し、メインでは元K-1王者マーク・ハントがロイ・ネルソンとヘビー級のド迫力ファイトを展開。12,395人の観客を集めた。

 今年も早々に発表されたメインイベントは再びヘビー級の一戦。昨年マーク・ハントの強打に屈したロイ・ネルソン(ヘビー級11位)が日本大会のリベンジを狙い今年も出場、親日ファイターのジョシュ・バーネット(同級6位)と激突する。さらにPRIDEを経てDREAMに参戦しライトヘビー級王座を奪取するなど日本で活躍したゲガール・ムサシ(ミドル級7位)も出場し、こちらもかつてDEEPで戦ったホアン・カルネイロ(同級15位)と対戦する。今大会のチケット販売開始を記念し、7月2日には4選手が来日しての記者会見を実施。試合への意気込みを語った。

●メインイベントはジョシュvsネルソンのヘビー級対決!
 昨年ハントとヘビー級の醍醐味あふれる打撃戦を展開するも敗れたネルソンは、今年3月にアリスター・オーフレイムとの再起戦に臨むも判定負け。今回は連敗脱出を懸けての一戦となる。ネルソンは「常に印象に残る試合、KOで終わる試合ができるよう心掛けている」「私はファンに素晴らしい戦いを見せたい。だからKOでフィニッシュしたいし、ジョシュにも同じエネルギーでぶつかってきてもらいたい」とジョシュに打撃戦を要求。ネルソンは昨年4月にかつてのPRIDEヘビー級王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラを右フック1発での豪快ノックアウトに沈めており、打ち合いとなればKOパワーで上回ることから勝機がありそうだ。

 一方、プロレスやマンガ・アニメといった日本文化に造詣が深く、“蒼い瞳のケンシロウ”の異名を持つジョシュは2002年にUFCヘビー級王者となった後、新日本プロレス、パンクラス、PRIDE、戦極といった様々な日本の団体で戦い、2013年からUFCに復帰。復帰初戦では元ヘビー級王者であるフランク・ミアに1Rヒザ蹴りでTKO勝利するも、続いてトラヴィス・ブラウンにヒジ打ちを浴び初回TKO負け(13年12月)。今回はこの試合以来のUFC参戦となる。しかしこの間、ジョシュはグラップリングマッチで組み技世界一のディーン・リスター、決して極めを許さないと定評を持つヒーロン・グレイシーから立て続けに一本勝ちを収めており、“誰でも極められるのではないか”とその極め力に幻想が膨らんでいる。今回、ネルソンが打ち合いを要求しても「打撃戦をやりたければ打撃戦をやるし、グラウンドをやりたければグラウンドをやる。それは私がコントロールする」とアメリカでの異名である“ウォーマスター”らしく、自信を見せ語った。

●堀口、KID、国本の日本勢が参戦
 また記者会見にはフライ級8位の堀口恭司、バンタム級の山本“KID”徳郁、ウェルター級の国本起一も出席し、KIDvsマット・ホーバー(アメリカ)、国本vsリー・ジンリャン(中国)の対戦が発表された。KIDは2月のローマン・サラザール戦で3年ぶりに復帰するも、攻防の中で指が相手の目に入ってしまいノーコンテストに。しかし「息も上がらずリラックスして試合できた」と手応えを感じており、「恭司と練習してケガしないで出られれば勝てると思うので、リラックスしてやります」と日本大会での復活を誓った。UFCデビューから3連勝を飾った国本は、しかし2月にチョークスリーパーでニール・マグニーに敗れてUFC初黒星。巻き返しの一戦となる。4月に王者デメトリアス・ジョンソンに挑んだ堀口は日本大会で再起戦。王座再挑戦へ向け、ランカーとの対戦が期待される。

●テレビ番組「Road to UFC JAPAN」放送スタート
 またジョシュとネルソンがコーチ役を務め、フェザー級8選手がUFCとの契約を目指して戦いを繰り広げるリアリティショー「Road to UFC JAPAN」も7月6日より、毎週月曜深夜25:00〜25:30で放送がスタートした(BSジャパンでも7月11日より毎週土曜24:00〜放送)。

長倉立尚(吉田道場)
石原夜叉坊(いしはら やしゃぼう/Team Alphamale Japan)
DJ.taiki(フリー/元DEEPバンタム級王者)
西浦“ウィッキー”聡生(STGY)
廣田瑞人(CAVE/元DEEPライト級王者、元SRCライト級王者)
大尊伸光(総合格闘技津田沼道場/元修斗環太平洋ウェルター級王者)
安藤達也(TRIBE TOKYO M.M.A)
上迫博仁(チーム クラウド)

 上記8選手が出演し、8人は番組中でトレーニングや日常生活の様子を披露するとともに、トーナメント1回戦と準決勝を戦い、決勝は9月27日のさいたまスーパーアリーナで行われる。UFCアジアのケネス・バーガー代表は「選手に密着した内容のものになる」と語っており、大会への期待を高めるとともに、最高の予習編となりそうだ。

(取材・文:長谷川亮)




【大会概要】
日時:9/27(日) 開場8時00分/試合開始9時00分(予定)/メインカード(6試合予定):11時00分
会場:さいたまスーパーアリーナ

【対戦カード】
<メインイベント ヘビー級 5分5R>
ジョシュ“ザ・ウォーマスター”バーネット(米国)vsロイ“ビックカントリー”ネルソン(米国)
<ミドル級 5分3R>
ゲガール・ムサシ(オランダ)vsホアン“ジュカオン”カルネイロ(ブラジル)
<バンタム級 5分3R>
山本“KID”徳郁(日本)vsマット・ホーバー“クロウバー”(米国)
<ウェルター級 5分3R>
“リーチ”リー・ジンリャン(中国)vs“ストラッサー起一”国本起一(日本)
<フライ級>
対戦相手未定vs 堀口恭司(日本)
他。

2015-07-16 17:12 この記事だけ表示