【UFC JAPAN 2014 コラム第5回】UFC JAPAN 2014日本大会 期待の日本人ファイター紹介[UFC]

■大会名:UFC JAPAN 2014
■開催日:9/20(土)
■開場:12:30
■オープニングファイト追加:13:30
 オープニングファイト(1) マキシモ・ブランコ(真騎士)VS ダン・フッカー
 オープニングファイト(2) 徳留一樹 VS ジョニー・ケース
■本戦開始:14:30
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)



(構成・文:長谷川亮)


 「UFC JAPAN 2014」(9月20日、さいたまスーパーアリーナ)には前回紹介した“超新星”堀口恭司と同じく、平成生まれで今後を嘱望されるファイターが出場する。6月のUFCデビューを勝利で飾り、今大会で連勝を狙う23歳の田中路教だ。

 田中は中学時代から5年経験した柔道をベースに2010年修斗でプロデビューを果たし、5連勝で11年の修斗フェザー級新人王に輝く。12年からはグアムを中心に活動する総合格闘技大会「PXC」を主戦場とし、ここでも連勝を見せ13年5月、PXCバンタム級王座を獲得。柔道由来のパワフルな投げや腰の強さを活かしたテイクダウン、グラウンドでも極めを狙ってアグレシッブに動き、同時にこれもパワフルに放つパウンドが持ち味だ。戦績はこれまで10戦10勝、いまだ無敗。

 6月のUFC第1戦ではカナダのローランド・デロームと対戦し、グラウンドでのパンチ&ヒジで出血を呼び、ジャッジ3者が30-27をつける完勝で白星デビュー。しかし8月のUFCマカオ大会では、このデロームを相手に同級・同世代(24歳)でライバルと目される“寝技天狗”佐々木憂流迦がわずか66秒、チョークスリーパーでUFC初白星を挙げており、これが刺激となって気合いも高まっているだろう。

 そんな田中の対戦相手となるのが韓国のカン・ギョンホ。今年1月のシンガポール大会で日本の清水俊一と対戦したギョンホは終始清水を圧倒し、最後は肩固めを極め3Rにフィニッシュ。今回は田中同様に連勝を懸けての参戦となる。ギョンホも清水戦ではフィジカルの強さを印象づけただけに、パワーに長けた者同士、その点でのせめぎ合い、真っ向勝負が見ものだ。

 そして田中がデビューした6月の「UFC173」に同じく出場していたのがストラッサー起一こと国本起一。名古屋を中心に大会を開催する金網を採用した団体「HEAT」のウェルター級王者であったストラッサーは、今年1月のシンガポール大会でUFCデビュー。この時は相手の反則行為による反則勝ちと不本意なスタートとなったが、第2戦(「UFC173」)ではブラジリアン柔術・黒帯の強豪にチョークスリーパーで一本勝ち。今回は堀口と同じく3連勝を狙い、オーストラリアのリチャード・ウォルシュと対戦する。

 またメインカードでUFC世界バンタム級10位のアレックス・キャセレスと対戦する金原正徳にも注目だ。2003年9月デビューと、すでに10年を超すキャリアを持つ金原は07年3月にはHERO'Sでも勝利を上げており、09年8月にはトーナメントを勝ち抜き初代戦極フェザー級王者に。さらに同年の大晦日には山本“KID"徳郁と対戦し、勝利しているのが特筆される(3-0判定勝ち)。

 戦極休止後はよりよい舞台を求め、ロシア、アメリカでも試合をこなし、最終目標をUFCに定め戦ってきた金原だが、遂に今大会で参戦が実現、そしていきなりランカーとの対戦という形でその願いを叶えることとなった。バンタム級は日本のトップランナー・水垣偉弥(UFC世界バンタム級6位)が王座を目指し、戦いを繰り広げる場でもある。金原はこの試合に勝利し、ランキングそしてバンタム級トップ戦線入りと、水垣に次ぐポジションを手にすることができるのか。

 また、最先端格闘技の場であるUFCに沖縄拳法空手で挑む菊野克紀は今回がUFC第3戦。今年1月の第1戦こそ空手のプレッシャーを活かし圧倒しての判定勝ちを果たしたが、5月の第2戦ではキャリア初となるKOに沈んでしまった。今回はこれまでのライト級(70.3s以下)からフェザー級(65.77s以下)に階級転向しての第1戦。空手、そして菊野の逆襲が始まる。

 他にもパンクラスで5度の王座防衛を成し遂げた佐藤豪則は、スクランブル出場で敗戦を喫した今年2月以来のUFC出場で名誉挽回の戦いに挑む。大会当日13時半にスタートするオープニングファイトには連敗からの脱出を期する徳留一樹と、ベネズエラ出身ながら仙台育英高校→日本大学と学び、吉田道場にも所属したマキシモ・ブランコが出場。そろっての勝利で日本勢に勢いをつけることはできるか。

 大会直前、14日からのファイトウィークは、出場選手が来日しての会見、大会前日計量といよいよ決戦ムードも高まってくる。マキシモを含めた日本勢11選手の勝敗やいかに。国内MMAの聖地・さいたまスーパーアリーナが再び燃え上がる熱闘が期待される。



■大会名:UFC JAPAN 2014
■開催日:9/20(土)
■開場:12:30
■オープニングファイト追加:13:30
 オープニングファイト(1) マキシモ・ブランコ(真騎士)VS ダン・フッカー
 オープニングファイト(2) 徳留一樹 VS ジョニー・ケース
■本戦開始:14:30
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)



【動画】UFC JAPAN 2014 プロモーションムービーが到着!!

【対戦カード】
マーク・ハント vs. ロイ・ネルソン
五味隆典 vs. マイルズ・ジューリー
アミール・サドラー vs. 秋山成勲
中井りん vs. ミーシャ・テイト
アレックス・キャセレス vs. 金原正徳
ジョン・デロスレイエス vs. 堀口恭司
リチャード・ウォルシュ vs. 国本“ストラッサー”起一
サム・シシリア vs. 菊野克紀
佐藤豪則 vs. イム・ヒョンギュ
カン・ギョンホ vs. 田中路教
ジョニー・ケース vs. 徳留一樹
ダン・フッカー vs. マキシモ“真騎士”ブランコ
※対戦カードは予告無く変更になる場合があります。

2014-09-16 17:05 この記事だけ表示