【UFC JAPAN 2014 コラム第3回】メインのメガバトル!M・ハントvs.R・ネルソンについて[UFC]

■大会名:UFC JAPAN 2014
■開催日:9/20(土)
■開場:12:30
■オープニングファイト追加:13:30
 オープニングファイト(1) マキシモ・ブランコ(真騎士)VS ダン・フッカー
 オープニングファイト(2) 徳留一樹 VS ジョニー・ケース
■本戦開始:14:30
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)



(構成・文:長谷川亮)


 日本人ファイターが大挙出場する「UFC JAPAN 2014」(9月20日、さいたまスーパーアリーナ)だが、メインイベントを託されたのはマーク・ハントとロイ・ネルソンの超ド級ヘビー級対決。昨年はヴァンダレイ・シウバとブライアン・スタンがメインを務め、まさに“WAR(戦争)”というべき激しい打ち合いでファイト・オブ・ザ・ナイト(大会最高試合賞)を獲得したが、今年はPRIDEを彷彿させるヘビー級の両雄だけに、さらにスケールアップした激闘が期待される。

 ハントが日本のファンの前に登場したのは2000年2月、K-1ワールドGPオセアニア予選でのことだった。無名の存在であったがこの大会を制して日本上陸を果たすと(同年7月)、年末のワールドGP決勝大会進出を懸けジェロム・レ・バンナと対戦。判定で敗れたがピーター・アーツ、アーネスト・ホーストらと並ぶ実力者であったバンナにダウンを許さず最後まで打ち合いを繰り広げ、インパクトを残してK-1デビューイヤーを終える。

 そしてブレイクを果たしたのが翌2001年。10月にレイ・セフォーと演じたお互いノーガードで笑みを見せながらの打ち合いは後々まで語り草となる名場面にして死闘となり、12月の決勝大会でもタフネスとパンチ力を発揮して優勝。耐久力をベースにどんな相手でも真っ向から打ち合いを仕掛けるスタイルで、K-1時代から多くの名勝負を生み出した。

 その後は2004年からPRIDEに参戦し、総合格闘技に挑戦。“60億分の一の男”エメリヤーエンコ・ヒョードルの持つPRIDEヘビー級王座に挑むなど活躍を見せるが、そこからDREAM→UFCと主戦場を移していくと大苦戦。実に6連敗、約5年に渡って勝利から遠ざかる。

 疑いようのない高度な打撃技術を持ちながら、毎回テイクダウンを奪われサブミッションで敗退するハントに限界説も囁かれたが、2011年2月に右アッパーでのKOというハントらしい勝ちぶりでUFC初白星をあげると、ここから復活。テイクダウンディフェンスと寝技が向上したことで持ち前の打撃がいっそう活きるようになり、4連勝を記録。このうち2度のノックアウト・オブ・ザ・ナイト(大会最高KO賞)を獲得している。

 大ファンであるドラゴンボールに由来し「スーパーサモアン」と呼ばれるハントだが、高い格闘技術、人間離れしたタフさはもちろん、5年にも渡り勝ち星が無くても諦めることなく戦い続けたその不屈の精神も、まさに「スーパーサモアン」たる所以である。

 そんなハントと日本大会で相対するのがロイ・ネルソン。腹筋が彫刻のようにいくつにも割れたファイターが大多数をなす現在、力士を思わせるアンコ型体型、そして長髪&ヒゲと、とにかく異彩を放つ風貌である。しかしネルソンがそうしたキャラクターだけによる色物かと言えばさにあらず。幼少期から空手、カンフーと習い格闘技経験豊富で、学生時代にはレスリングを学び、ブラジリアン柔術では黒帯を取得。さらにUFCではノックアウト・オブ・ザ・ナイトをハントを上回る4回(名称変更されたパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトも含めるなら5回)獲得していることからも分かるように、一打必倒の強打も持ち合わせているのである。

 UFCで12戦して7勝5敗という戦績のネルソンだが、中でも特筆すべきは2つの白星。2011年10月にミルコ・クロコップと対戦すると、右スイングフックを打ち込む場面を見せ、2Rにアッパー連打でミルコに攻め込まれるもこれをしのぎ、3Rにバックへついての連打でTKO勝ちを収めた。そして今年4月にはアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラを右フックで初回ノックアウト。長く日本でノゲイラの活躍を見てきたファンにとってはショッキングな、時代の移り変わりを感じざるを得ないKO劇となった。この勝利によりネルソンは「PRIDE三強」と呼ばれたうちミルコとノゲイラを撃破。日本では初となる試合で、ハントとの一戦を迎える。

 PRIDEでも活躍したグレイシー一族、ヘンゾ・グレイシーの黒帯を持ちグラウンド技術にも長けたネルソンだが、6月に出席した会見でも打ち合いを予告。両者とも驚異的打たれ強さ・真っ向勝負・強打と特徴を同じくするだけに、まさにヘビー級、今夏公開された『GODZILLA ゴジラ』を地で行く大決戦が繰り広げられるのが予想される。怪獣大戦争、どちらか倒れる豪快KOショーか、あるいは果てなく続く殴り合いの決闘か。祭りの夜を締めくくる、贅沢極まりないメインディッシュだ。



■大会名:UFC JAPAN 2014
■開催日:9/20(土)
■開場:12:30
■オープニングファイト追加:13:30
 オープニングファイト(1) マキシモ・ブランコ(真騎士)VS ダン・フッカー
 オープニングファイト(2) 徳留一樹 VS ジョニー・ケース
■本戦開始:14:30
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)



【動画】UFC JAPAN 2014 プロモーションムービーが到着!!

【対戦カード】
マーク・ハント vs. ロイ・ネルソン
五味隆典 vs. マイルズ・ジューリー
アミール・サドラー vs. 秋山成勲
中井りん vs. ミーシャ・テイト
アレックス・キャセレス vs. 金原正徳
ジョン・デロスレイエス vs. 堀口恭司
リチャード・ウォルシュ vs. 国本“ストラッサー”起一
サム・シシリア vs. 菊野克紀
佐藤豪則 vs. イム・ヒョンギュ
カン・ギョンホ vs. 田中路教
ジョニー・ケース vs. 徳留一樹
ダン・フッカー vs. マキシモ“真騎士”ブランコ
※対戦カードは予告無く変更になる場合があります。

2014-09-08 17:45 この記事だけ表示