【WWE Live e+来日直前特集コラム】WWE日本公演カード決定!日本で初めておこなわれるNXT王座3連戦は、ネヴィル(PAC)とゼイン(ジェネリコ)の凱旋試合。初来日のディーバも全戦タイトルマッチに![WWE]

©2014 WWE, Inc. All Rights Reserved.

  7月10日(木)&11日(金)東京・両国、12日(土)大阪で開催される「WWE Live」の対戦カードが6月19日、追加発表された。明らかになったカードは以下の通りだ。(7/7現在)

■大会名:WWE Live
■開催日時/会場:
7/10(木)〜7/11(金)@国技館 (東京都)
7/12(土)@舞洲アリーナ(舞洲スポーツアイランド内)(大阪府)





7月10日(木)東京・両国国技館(開場18:00/開演19:00)
▼ジョン・シナvsブレイ・ワイアットwithワイアット・ファミリー
▼ロマン・レインズ&ディーン・アンブローズ組vsケイン&セス・ロリンズ組
▼ロブ・ヴァン・ダムvsセザーロwithポール・ヘイマン
▼ディーバズ選手権試合
ペイジvsアリシア・フォックス
▼コフィ・キングストン&ビッグE組vsルーク・ハーパー&エリック・ローワン組
▼ドルフ・ジグラーvsザ・ミズ
▼NXT選手権試合
エイドリアン・ネヴィルvsサミ・ゼイン

7月11日(金)東京・両国国技館((開場18:00/開演19:00))
▼ジョン・シナ&ロマン・レインズ組vsブレイ・ワイアット&ケイン組
▼インターコンチネンタル王座挑戦者決定トリプル・スレットマッチ
ロブ・ヴァン・ダムvsセザーロwith ポール・ヘイマンvsビッグE
▼ディーン・アンブローズ vs. セス・ロリンズ
▼ディーバズ選手権試合
ペイジvsアリシア・フォックス
▼ドルフ・ジグラーvsルーク・ハーパーwith エリック・ローワン
▼コフィ・キングストンvs. ザ・ミズ
▼NXT選手権試合
エイドリアン・ネヴィルvsサミ・ゼイン

7月12日(土)大阪・舞洲アリーナ(開場16:00/開演17:00)
▼ロマン・レインズ vs. ケイン
▼インターコンチネンタル王座挑戦者決定トリプル・スレットマッチ
ロブ・ヴァン・ダムvsセザーロwith ポール・ヘイマン vs ドルフ・ジグラー
▼ディーン・アンブローズvsセス・ロリンズ
▼コフィ・キングストン&ビッグE組vsルーク・ハーパー&エリック・ローワン組
▼ディーバズ選手権試合
ペイジvsアリシア・フォックス
▼NXT選手権試合
エイドリアン・ネヴィルvsサミ・ゼイン

※ハルク・ホーガン登場(7月11日&12日のみ)
※ 対戦カード、来日スーパースター・ディーバは変更される場合もあります
※ 各日7〜8試合を予定
※ 各チャンピオンは日本時間7/3 J SPORTS初回放送「ロウ」終了時点のものです。

©2014 WWE, Inc. All Rights Reserved.


 日本公演までに王座移動も考えられるため状況によって直前の変更もあり得るが、現在進行形のWWEが見られることに変わりはない。なかでも今回、日本で初めてNXT王座戦がおこなわれるのは画期的出来事と言っていいだろう。NXTとは、WWEのスーパースター育成組織。ここを経た選手たちがロウ、スマックダウンと言ったいわゆる“一軍”に昇格してくるのだ。いまをときめくザ・シールドやワイアット・ファミリーもNXTを経験して現在の地位を築いている。それだけに、今回の「WWE Live」では、近未来のスーパースターをいち早く目にすることができるチャンスなのである。

 しかも、NXT王座戦を3連戦で争うのが“日本凱旋”となる2選手だからたまらない。現在王者として君臨するエイドリアン・ネヴィルは、DRAGON GATEや新日本のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアでも活躍した“鳥人”PAC(パック)の変身である。そして挑戦者のサミ・ゼインはDRAGON GATE、DDT、ユニオンなどに参戦していたマスクマン、エル・ジェネリコの新しい顔だ。両者はDRAGON

 GATEが開催した2008年1月の「Wrestle JAM」における時間差バトルロイヤルで、最後の2人として超ド級のスーパーバトルを展開した経歴がある。PACが12年9月にWWE入りに合意すれば、ジェネリコは13年1月にディベロップメンタル契約。どちらもまずはNXTの主力選手となり、PACのほうがNXTのベルトを先に巻いた。このタイトルはザ・シールドを裏切り物議をかもしたばかりのセス・ロリンズが初代王者で、ビッグ・E・ラングストン(現ビッグE)、現在売出し中の“BOLIEVE”ボー・ダラスが獲得している。いわば出世への通行手形。近い将来、ネヴィルの1軍昇格は当確と言ってよく、ゼインも日本でこのベルトを奪取し、強烈な印象を残したい。日本で初めておこなわれるNXT王座戦は、ファーム組織を超越した注目の一戦になるだろう。

 ネヴィル、ゼインともWWE入り前には英国、ドイツなどヨーロッパを席巻したレスラーだった。さらに今回の日本公演では、もうひとりヨーロッパにゆかりのある選手が初来日を果たす。それは、英国出身のディーバ、ペイジである。ペイジは初代NXT女子王者で、一軍昇格からすぐにWWEディーバズ王座を獲得した逸材。「レッスルマニア30」翌日の4・7ロウで、同王座最長防衛を自慢するAJ・リーを祝福したのだが、AJが新顔を見下すと、すぐにタイトルマッチに突入。ここで大番狂わせを見せたのがペイジだったのだ。ペイジは現在21歳で、両親ともプロレスラー。父が昨年現役を引退したリッキー・ナイト、母は最近ではアメリカでも活動しているサラヤ・ナイト。サラブレッドと言えるディーバは、NXTでアリシア・フォックスと抗争を展開した。その闘いが一軍に昇格し、6月1日のPPV「ペイバック」でもおこなわれたばかり。このカードがそのまま輸入される3連戦。NXT王座戦同様、ディーバのタイトルマッチも見逃せなくなった。

 期待のニューフェースが登場すれば、伝説のハルク・ホーガン(7月11日&12日)やWWEの顔であるジョン・シナ(7月10日&11日)もやってくる。過去から現在、そして未来へとつづく闘いがリング上で展開される「WWE Live」は、もうすぐだ!


(構成・文:新井 宏)




■大会名:WWE Live
■開催日時/会場:
7/10(木)〜7/11(金)@国技館 (東京都)
7/12(土)@舞洲アリーナ(舞洲スポーツアイランド内)(大阪府)



<対戦カード(07/07付)>
【7月10日(木)】両国国技館

ジョン・シナ vs. ブレイ・ワイアット with ワイアット・ファミリー
ロマン・レインズ&ディーン・アンブローズ vs. ケイン&セス・ロリンズ
ロブ・ヴァン・ダム vs. セザーロ with ポール・ヘイマン※
<ディーバズ王座戦>ペイジ vs. アリシア・フォックス
コフィ・キングストン&ビッグE vs. ルーク・ハーパー&エリック・ローワン
ドルフ・ジグラー vs. ザ・ミズ
<NXT王座戦>エイドリアン・ネヴィル vs. サミ・ゼイン

【7月11日(金)】両国国技館
<特別出演>ハルク・ホーガン
ジョン・シナ&ロマン・レインズ vs. ブレイ・ワイアット&ケイン
ディーン・アンブロース vs. セス・ロリンズ
<IC王座挑戦者決定トリプルスレット戦>ロブ・ヴァン・ダム vs. ビッグE vs. セザーロ with ポール・ヘイマン※
<ディーバズ王座戦>ペイジ vs. アリシア・フォックス
ドルフ・ジグラー vs. ルーク・ハーパー with エリック・ローワン
コフィ・キングストン vs. ザ・ミズ
<NXT王座戦>エイドリアン・ネヴィル vs. サミ・ゼイン

【7月12日(土)】舞洲アリーナ
<特別出演>ハルク・ホーガン
ロマン・レインズ vs. ケイン
ディーン・アンブローズ vs. セス・ロリンズ
<IC王座挑戦者決定トリプルスレット戦>ロブ・ヴァン・ダム vs. ドルフ・ジグラー vs. セザーロ with ポール・ヘイマン※
コフィ・キングストン&ビッグE vs. ルーク・ハーパー&エリック・ローワン
<ディーバズ王座戦>ペイジ vs. アリシア・フォックス
<NXT王座戦>エイドリアン・ネヴィル vs. サミ・ゼイン

★「※」のついたものが新しいカードです(07/07付)。
★対戦カード、来日スーパースター/ディーバは変更される場合もあります。
★各チャンピオンは日本時間7/3初回放送「ロウ」終了時点のものです。

2014-07-07 15:27 この記事だけ表示