7/5有明コロシアムは新生NOAHの“方舟進章”“最後の砦”丸藤が“新日本”永田に挑戦GHC4大タイトルマッチで新たなる風景が現出か!?[ノア]

■大会名:プロレスリング・ノア GREAT VOYAGE 2014 in Tokyo vol.2
■開催日時:7/5(土)
■会場:有明コロシアム (東京都)




 プロレスリングNOAHが7月5日(土)午後5時より、東京・有明コロシアムにおいて「GREAT VOYAGE2014 in Tokyo vol.2 方舟進章〜有明夏の陣〜」を開催する。今年3月以来、4カ月ぶりにおこなわれるビッグマッチだ。

 大会のサブタイトルには、方舟マットの新たなる決意が込められている。KENTAが新たなるステージへ進むためNOAHを退団、5・17後楽園ホールで別れを告げた。それはすなわち、NOAHの新章到来も意味していることになるのだろう。KENTAが夢をかなえるために前進するなら、NOAH自身も前進する覚悟を示さなければならない。今大会ではそれを象徴するように、GHC4大タイトルマッチが組まれた。新たなる風景が現出するのか。ベルトをかけた闘いでは、そこが見どころとなりそうなカードばかりだ。

 もちろんメインはGHCヘビー級選手権試合。王者は新日本プロレスの永田裕志で、今年2・8後楽園で森嶋猛を破って以来、KENTA、杉浦貴、マイバッハ谷口、モハメドヨネを破り4度の防衛に成功してきた。そして今度が5度目の防衛戦。そこに名乗りを上げたのが丸藤正道である。

 言ってみれば、丸藤は方舟マットにおいて最後の砦である。このところGHC戦線では前面に立たず、どちらかといえば他団体での活躍のほうが目立っていた。同王座に挑戦するのはちょうど1年ぶり。このときは王者がKENTAだった。そのKENTAがいなくなったいま、永田の浸食を止めるのは丸藤しかいない。丸藤がGHCの頂点に立ったのは2006年のこと。ジュニアのカテゴリーからヘビーのベルトを奪取しプロレス界の常識を超えた。あれからもう8年もの月日が経過。丸藤はいま、新しいNOAHの時代を切り開く覚悟を背負った。そういった意味でも、ベルトは絶対に必要。永田はこの試合を制した後には「次は中嶋勝彦だな」という発言もしている。中嶋はBRAVEだがあくまでもDIAMOND RING、所属選手からは一歩引いたスタンスだけに、丸藤を破ればNOAHに相手はいないということになるのだろう。NOAHファンからすれば、有コロ大会のエンディングでナガダンスは見たくない。丸藤にはもちろん、団体全体にとっても絶対に負けられない闘いなのだ。

 GHCタッグ選手権試合は、新王者の“弾丸ヤンキース”杉浦貴&田中将斗組に“TMDK”マイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト組が挑戦することになった。杉浦&田中はNOAHとZERO1を往来する越境チーム。グローバル・タッグリーグ戦を制すと、5・31ディファ有明では“超危暴軍”森嶋猛&マイバッハ谷口組も撃破し、NWAインターコンチネンタルタッグ王座と併せタッグ2冠に輝いた。NOAHでもZERO1でもベルトを巻く。その勢いは弾丸のごとく加速しているのだ。

 これに待ったをかけようと名乗りを上げたのが、元王者のTMDKだった。タッグリーグ戦では弾丸ヤンキースに敗れたTMDKだが超危暴軍に奪われるまで3度の防衛に成功。森嶋組との再戦も敗れたのだが、闘いぶりからすればベルトに最も近い位置にいるチームと言って過言ではないだろう。現在も個々の実力がアップ中なのは、マイキー&シェインの体つきを見れば明らか。常時コンディション抜群の田中との攻防は大きな見どころ。TMDKがファンの後押しのなか新日本からベルトをNOAHに奪還した有コロ大会からちょうど1年。GHCタッグの歴史に新たなる名勝負数え歌がスタートするのか、これは見逃せない。

 GHCジュニアヘビー級選手権試合は、原田大輔が超危暴軍のみちのくプロレス・拳王を迎え撃つ。原田は石森太二のX11を阻止し2度の防衛に成功。二桁防衛はまだまだ先のことになるが、NOAHジュニアの新しい顔として石森と並ぶためにもさまざまな対戦相手から防衛していかなければならない。拳王は超危暴軍として反則三昧だが、実際には日本拳法で数々の実績を残した実力者。みちのくプロレスでは妥協なき強さが売りだったにもかかわらず、NOAHではまだその強さは存分に発揮されていない。現在は自身の成長のため、あえてヒールに徹し、強さの部分を温存していると思われるが、「そろそろ強さを出して闘う」と宣言した。原田にとって脅威となることは間違いない。超危暴軍にふたたびベルトをもたらすために、秘めたる強さを解禁するのではなかろうか。もちろん、原田にとっては超危暴軍による反則攻撃も警戒しなくてはならない。3度目の防衛戦にして最大のピンチが到来しそうである。

 GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合は、小川良成&ザック・セイバーJr組に石森太二&小峠篤司組が挑戦。一言で表すならば、テクニックの王者組にスピードの石森組が挑むという図式になるだろう。石森&小峠は3・21後楽園で小川組から王座を奪取するも23日天下で小川組に敗れてしまった。こんどのタイトルマッチでリベンジし再度ベルトを巻くのか、それとも小川&ザックのテクニックに翻弄され返り討ちにあうのか。今後のジュニアタッグ戦線を占う意味でも重要な闘いとなるだろう。7・5有コロが終われば、「第8回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」が待っている。もちろん、両チームともエントリー。王者としてジュニアタッグの祭典に出場するのは、いったいどちらか!? また、スペシャルマッチも2試合行われる。新日本プロレスから後藤洋央紀と柴田勝頼がタッグを組み齋藤彰俊&中嶋と対戦。マイバッハ谷口は大日本プロレスの関本大介と一騎打ち。4大タイトル戦以外も目が離せない!

 このように、見どころ満載の“方舟進章”。新たなる進撃のスタートを見逃すな!

(構成・文:新井 宏)

2014-06-27 16:00 この記事だけ表示