【WWE Live e+来日直前特集コラム】WWE日本公演に欠かせない“WWEの顔”ジョン・シナが現在進行形の闘いを直輸入![WWE]

©2014 WWE, Inc. All Rights Reserved.

  世界最大のプロレス団体であるWWEのエースは、ジョン・シナである。シナのいるところがWWEの中心地、シナこそがWWEの顔といっていい存在なのだ。そのシナが、今年も日本にやってくる。

■大会名:WWE Live
■開催日時/会場:
7/10(木)〜7/11(金)@国技館 (東京都)
7/12(土)@舞洲アリーナ(舞洲スポーツアイランド内)(大阪府)





 7月10日(木)&11日(金)東京・両国国技館(両日とも19時開始)、12日(土)大阪・舞洲アリーナ(17時開始)で開催される「WWE Live」は、現体勢になってから16度目の日本上陸である(シナの参戦は両国の2日間)。

 いまでも語り草となっている2002年の3・1横浜アリーナでは、ザ・ロック旋風が吹き荒れた。シナが初来日したのは翌03年の7・17横浜&7・19神戸だった。ストーンコールドが大熱狂空間を作り出した03年2月の日本公演を経て、シナは同年7月の日本武道館公演に登場。当時はまだ“駆け出しのスーパースター”といった感じだったが、日本に合わせたご当地時事ネタマイクを披露しWWEの中心人物である片鱗を見せていた。

 05年2月の「ロウ」「スマックダウン」公演後はタイミングが合わずに来日は見送られていたのだが、5年ぶりの登場となった10年8月の両国2連戦では、“WWEの顔”としてもっとも注目を浴びる存在に成長。以来11年、13年の公演にも参加し、こんどが通算で7度目の来日となる。ここ数年は「シナがいてこその日本公演」、もはやそんな雰囲気が出来上がっていると言っても過言ではないだろう。

 なにしろシナはWWEから飛び出しハリウッドスターになったザ・ロックと2年連続で「レッスルマニア」のメインにて対戦しているのだ(12年&13年)。昨年には前年のリベンジを果たしロックからWWE王座を奪回。伝説の“第1回”横アリ公演を振り返れば、いかにシナがWWEを代表するスーパースターにのし上がったかが見えてくる。

 そして今年の「レッスルマニア」でシナは、ワイアットファミリーを率いるブレイ・ワイアットと対戦した。謎だらけのワイアットとの抗争は現在も継続中で、6・1「ペイバック」ではラストマンスタンディングマッチでシナが勝ったばかり。ワイアットは敗れたものの、負けても負けてもその存在感と人気が高まっていく不思議な現象が起こっている。それを引き起こしているのがシナという考え方も成り立つのではないか。いずれにしても現在進行形の抗争が、日本でもそのままおこなわれるのだからたまらない。

 7・10両国でジョン・シナvsブレイ・ワイアットwithワイアットファミリー、7・11両国ではジョン・シナ&ロマン・レインズ組vsブレイ・ワイアット&ケイン組のタッグマッチが組まれた。初日の試合は事実上のハンディキャップマッチ。ワイアットファミリーが総出でシナに襲いかかってくるだろう。2日目にはシナはザ・シールドのレインズと組み、ワイアットは上層部のケインと合体する異色カード。ザ・シールドとワイアットファミリーの遺恨を考えればこちらも大荒れとなることが予想できる。そのなかでいかにしてシナはWWEの顔としての面子を保つのか。ワイアットファミリーの信者が日本でも増えていることが予想されるだけに、シナへの反応も注目される。

 もちろん、7月の日本公演までにこの抗争がどうなっているかで試合内容も変わってくる。6月29日にはPPV「マネー・イン・ザ・バンク」が開催されるため、この大会の結果も日本公演にダイレクトで影響してくるだろう。進行形の闘いが直輸入される日本公演は、今回もやっぱり見逃せない! 


(構成・文:新井 宏)




■大会名:WWE Live
■開催日時/会場:
7/10(木)〜7/11(金)@国技館 (東京都)
7/12(土)@舞洲アリーナ(舞洲スポーツアイランド内)(大阪府)



<対戦カード(07/07付)>
【7月10日(木)】両国国技館

ジョン・シナ vs. ブレイ・ワイアット with ワイアット・ファミリー
ロマン・レインズ&ディーン・アンブローズ vs. ケイン&セス・ロリンズ
ロブ・ヴァン・ダム vs. セザーロ with ポール・ヘイマン※
<ディーバズ王座戦>ペイジ vs. アリシア・フォックス
コフィ・キングストン&ビッグE vs. ルーク・ハーパー&エリック・ローワン
ドルフ・ジグラー vs. ザ・ミズ
<NXT王座戦>エイドリアン・ネヴィル vs. サミ・ゼイン

【7月11日(金)】両国国技館
<特別出演>ハルク・ホーガン
ジョン・シナ&ロマン・レインズ vs. ブレイ・ワイアット&ケイン
ディーン・アンブロース vs. セス・ロリンズ
<IC王座挑戦者決定トリプルスレット戦>ロブ・ヴァン・ダム vs. ビッグE vs. セザーロ with ポール・ヘイマン※
<ディーバズ王座戦>ペイジ vs. アリシア・フォックス
ドルフ・ジグラー vs. ルーク・ハーパー with エリック・ローワン
コフィ・キングストン vs. ザ・ミズ
<NXT王座戦>エイドリアン・ネヴィル vs. サミ・ゼイン

【7月12日(土)】舞洲アリーナ
<特別出演>ハルク・ホーガン
ロマン・レインズ vs. ケイン
ディーン・アンブローズ vs. セス・ロリンズ
<IC王座挑戦者決定トリプルスレット戦>ロブ・ヴァン・ダム vs. ドルフ・ジグラー vs. セザーロ with ポール・ヘイマン※
コフィ・キングストン&ビッグE vs. ルーク・ハーパー&エリック・ローワン
<ディーバズ王座戦>ペイジ vs. アリシア・フォックス
<NXT王座戦>エイドリアン・ネヴィル vs. サミ・ゼイン

★「※」のついたものが新しいカードです(07/07付)。
★対戦カード、来日スーパースター/ディーバは変更される場合もあります。
★各チャンピオンは日本時間7/3初回放送「ロウ」終了時点のものです。

2014-06-30 15:54 この記事だけ表示