【WWE Live e+来日直前特集コラム】最強トリオが日本のWWEユニバースを洗脳!?不気味なカルト集団ワイアットファミリー初上陸![WWE]

©2014 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 WWE日本公演の楽しみのひとつが、初来日のスーパースターである。今回開催される7月10日(木)&11日(金)東京・両国国技館(両日とも19時開始)、12日(土)大阪・舞洲アリーナ(17時開始)の「WWE Live」にも、はじめてやってくる選手たちがいる。なかでも最大の注目となりそうなのが、ワイアットファミリーの一斉上陸だろう。

■大会名:WWE Live
■開催日時/会場:
7/10(木)〜7/11(金)@国技館 (東京都)
7/12(土)@舞洲アリーナ(舞洲スポーツアイランド内)(大阪府)





 ワイアットファミリーとは、ブレイ・ワイアット(7・10&11参戦)、ルーク・ハーパー、エリック・ローワンから構成される3人組のユニットだ。その姿は不気味そのもので、カルト集団を思わせる恐ろしさがある。文明から隔離された山奥で生活し“信者”は“教祖”の教えに忠実に従う。教祖とは、ファミリーを率いるブレイ・ワイアットのことだ。

 ブレイ・ワイアットは、WWEの新人育成プログラム「NXTシーズン2」に参加していたハスキー・ハリスの変身である。現在の風貌からは信じられないかもしれないが、ワイアットは祖父にブラック・ジャックマリガン、父に“IRS”マイク・ロトンドをもつ名門レスリング一家の出身。さらにはバリー・ウインダム&ケンドール・ウインダムの甥であり、弟も現在WWEに所属するボー・ダラスなのだ。まさにプロレスラーになるため生まれてきたような存在。しかしそのキャラクターは“ファミリー”の誰にも属さないユニークなものとなった。いったい何がワイアットをカルト集団の教祖へと導いたのか。その発言やアクション、すべてが謎に包まれている。

 身長190センチ、体重133キロと体格的にも大型。ロッキングチェアーに揺られる長髪と髭面から醸し出される雰囲気も不気味だ。そのうえで威圧感も満点である。

 ワイアットの教えに従う僕たちにも独特のムードがある。ルーク・ハーパーは身長195センチ、体重114キロ。かつてDRAGON GATEにも参戦した超大型のファイターである。エリック・ローワンはソルーフのリングネームでNOAHに留学生として参戦したことがある。どちらも日本と縁のある選手だけに、その成長と変貌ぶりも楽しみでならない。

 教祖の洗脳か強力な結束力を誇るワイアットファミリーだが、ワイアット、ハーパー、ローワンの3人はWWEではじめて“ファミリー”となったわけではない。1軍昇格前からすでにワイアットファミリーとしてNXTで活動を開始。2012年後半に現在のメンバー構成となり、ロウへの初登場が昨年7月だった。まさに満を持してのメジャーマット昇格だったと言えるだろう。

 彼らが最初の餌食として選んだのが、“ビッグレッドマシン”ケインだった。昨年8月の「サマースラム」で火葬に成功すると、次のターゲットをダニエル・ブライアンに定めた。一時は洗脳に成功しファミリー入りさせたかと思われたが、これは失敗。それでもザ・シールドの分裂騒動に乗じて2月の「エリミネーション・チェンバー」に6人タッグマッチで勝利、事実上WWEにおける最強のトリオとなったのである。

 その後はWWEの象徴であるジョン・シナを付け狙い、4月の「レッスルマニア30」にてワイアットvsシナの一騎打ちを実現させた。この試合でワイアットは敗れたものの、ワイアットファミリーの価値は逆に上昇していった。カルト集団としての存在感がますます不気味に上昇していったのである。そして5月の「エクストリーム・ルールズ」におけるケージ(金網)マッチの再戦では、ついにワイアットが勝利。このタイミングでの初来日決定だけに、期待は大きい。シナとの抗争は現在もつづいている。

 ワイアットの必殺技であるシスター・アビゲイルはスイング式のリバースSTO。相手を捕まえ額にキスをしてから放つのがお決まりのパターン。日本公演で餌食になるのはいったい誰か。ローワンのシープ(羊)マスクも人気を博しそうなワイアットファミリーの初上陸。一度見たら忘れられないその強烈すぎる存在感。7月10日&11日の東京にトリオで勢揃い、そして12日の大阪ではハーパーとローワンがファミリーとしての“初来日”を締めくくる。日本のWWEユニバースがワイアットファミリーの一員となる。そんな日が刻一刻と近づいている!? 


(構成・文:新井 宏)




■大会名:WWE Live
■開催日時/会場:
7/10(木)〜7/11(金)@国技館 (東京都)
7/12(土)@舞洲アリーナ(舞洲スポーツアイランド内)(大阪府)



<対戦カード(07/07付)>
【7月10日(木)】両国国技館

ジョン・シナ vs. ブレイ・ワイアット with ワイアット・ファミリー
ロマン・レインズ&ディーン・アンブローズ vs. ケイン&セス・ロリンズ
ロブ・ヴァン・ダム vs. セザーロ with ポール・ヘイマン※
<ディーバズ王座戦>ペイジ vs. アリシア・フォックス
コフィ・キングストン&ビッグE vs. ルーク・ハーパー&エリック・ローワン
ドルフ・ジグラー vs. ザ・ミズ
<NXT王座戦>エイドリアン・ネヴィル vs. サミ・ゼイン

【7月11日(金)】両国国技館
<特別出演>ハルク・ホーガン
ジョン・シナ&ロマン・レインズ vs. ブレイ・ワイアット&ケイン
ディーン・アンブロース vs. セス・ロリンズ
<IC王座挑戦者決定トリプルスレット戦>ロブ・ヴァン・ダム vs. ビッグE vs. セザーロ with ポール・ヘイマン※
<ディーバズ王座戦>ペイジ vs. アリシア・フォックス
ドルフ・ジグラー vs. ルーク・ハーパー with エリック・ローワン
コフィ・キングストン vs. ザ・ミズ
<NXT王座戦>エイドリアン・ネヴィル vs. サミ・ゼイン

【7月12日(土)】舞洲アリーナ
<特別出演>ハルク・ホーガン
ロマン・レインズ vs. ケイン
ディーン・アンブローズ vs. セス・ロリンズ
<IC王座挑戦者決定トリプルスレット戦>ロブ・ヴァン・ダム vs. ドルフ・ジグラー vs. セザーロ with ポール・ヘイマン※
コフィ・キングストン&ビッグE vs. ルーク・ハーパー&エリック・ローワン
<ディーバズ王座戦>ペイジ vs. アリシア・フォックス
<NXT王座戦>エイドリアン・ネヴィル vs. サミ・ゼイン

★「※」のついたものが新しいカードです(07/07付)。
★対戦カード、来日スーパースター/ディーバは変更される場合もあります。
★各チャンピオンは日本時間7/3初回放送「ロウ」終了時点のものです。

2014-06-30 15:53 この記事だけ表示