スーパー・タイガーvs.タイガー・シャークのレジェンド王座戦決定!リアルジャパンプロレス2013年10月30日(水)記者会見をご紹介![リアルジャパンプロレス]

■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 
■日時:12月12日(木)開場/17時30分 試合開始/18時30分 
■会場:後楽園ホール





【会見及び囲み取材コメント】

 リアルジャパンプロレスが12月12日に開催する後楽園ホール大会の第一弾対戦カードを発表した。

 今大会ではレジェンド選手権試合として、第7代王者スーパー・タイガー(Sタイガー)と挑戦者タイガー・シャークによる60分1本勝負が実現。初代タイガーマスクが手塩にかけストロングスタイルを伝えてきた2人が、遂にシングルマッチで雌雄を決する時が来た。

 9月大会でタッグマッチで対戦した2人は、シャークがムーンサルトプレスを決めSタイガーにフォール勝ち。試合後シャークはSタイガーにシングル対決を持ち掛け、レジェンド王座を懸けた今回の対戦が決まったが、シャークは「オレはベルトなんか懸けなくてもいい。オレが懸けるのは虎の誇りだ!」と吠え、プライドを懸けた一戦だとこの試合に意気込みを見せる。

 会見ではお互いが目指すストロングスタイルを「勝つぞという気迫、殺気の中でいかに戦いを見せていくか」(シャーク)、「思いをぶつけられる熱い戦い」(Sタイガー)といずれも精神面を強調して話し、はやくもタイトルマッチでの熱戦を予感させた。

 2人の師であり、会見の様子を間に入り聞いていた初代タイガーは「私が小林邦昭さんとの試合に臨む時の雰囲気とよく似ている。私と小林さんが試合をする時、猪木さんは“こいつらなら間違いない”と安心した気持ちだったと思いますが、そういう気持ちでいっぱいです」と話し、試合でストロングスタイルが体現されることを確信したか、弟子2人の気迫に目を細めていた。

 なお、今大会には初代タイガーマスク、藤波辰爾、長州力といったレジェンド勢に加え、6月にカナダへ渡り「Battle Arts Academy Canada」で指導する石川雄規が帰国を果たしファイトを繰り広げる。後日発表。

■初代タイガーマスクのコメント
「“遂に来るのか”という試合が、現チャンピオンのスーパー・タイガーvs.挑戦者のタイガー・シャークです。この2人が切磋琢磨してプロレス界、ストロングスタイルを背負っていってくれればと思う試合を今回やってもらいます。お互い悔いの残らない、これがリアルジャパンプロレスだという試合をしてほしい、そんな切なる願いがあります。タイガーという名前を背負っている以上、その責任は重大だと思います。頑張ってもらいたいと思いますし、いい試合になるのは間違いないというプレッシャーがあると思いますが、そのプレッシャーを超えていい試合を見せてほしいと思います。
 2人の話を聞いていて、私が小林邦昭さんと試合に臨む時の雰囲気とよく似ているなと思いました。私と小林さんが試合をする時、猪木さんは“こいつらなら間違いない”と安心した気持ちだったと思いますが、そういうような気持ちでいっぱいです」

■スーパー・タイガーのコメント
「シャークとはタッグマッチでは何度も戦っていますが、初代タイガーの意志を継ぐ2人が、これからのプロレス界に対して何を見せられるのか。これはすごく重大な任務だと思います。ただ勝った負けただけではないその先があるもの、守っていかなきゃいけない大事なもの、そういったものをお互い見に来てくださるお客さんに投げ掛けていきたい。そういう意気込みでタイトルマッチに挑みたいと思います。
 格闘技を超えたところにある戦いというのがプロフェッショナルレスリングであって、そのプロフェッショナルレスリングの中でケンカの気持ちというか、ポップコーンを食べながら笑って見られるような戦いではなく、固唾をのんで引き込めるような戦いができなければストロングスタイルではないんじゃないかと思います。やっぱり今の自分たちの思いを戦いに変えて、その熱いものをぶつけ合う熱い戦い、それができて初めてストロングスタイルの完成に近づくのではないかなと思います」

■タイガー・シャークのコメント
「前回試合後に対戦表明をして、俺たちが懸けるのはベルトじゃなく虎の誇りだと言いました。まさにそういう試合にしたいと思います。佐山総監が目指すストロングスタイルが、僕たち弟子2人によってどこまで完成しているのか。そういう試金石でもあると思います。これが終わりではなく始まりなので、ここでしっかりとしたストロングスタイルを見せて僕が勝利したいと思います。
 僕が考えるストロングスタイルは、ただ単に勝てばいい訳ではなく、一番重要なのは勝つぞっていう気迫、殺気であって、その中でいかに戦いを見せていくか。それが僕はストロングスタイルだと思っています」



■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス
■日時:12月12日(木)開場/17時30分 試合開始/18時30分
■会場:後楽園ホール



【決定対戦カード】
<レジェンド選手権試合 60分1本勝負>
[第7代王者] スーパー・タイガー(RJPW)vs.[挑戦者] タイガー・シャーク(RJPW)

【出場予定選手】
初代タイガーマスク(RJPW)、藤波辰爾(ドラディション)、長州力(リキプロ)、
スーパー・ライダー(RJPW)、石川雄規(Battle Arts Academy Canada)、
アレクサンダー大塚(AODC)、折原昌夫(メビウス)、若翔洋(フリー)、
グラン浜田(フリー)、間下隼人(RJPW)ほか。後日発表。



2013-11-01 14:00 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。