リアルジャパンプロレスの“最終兵器”グレート・タイガー 12・12後楽園ホール大会で衝撃デビュー![リアルジャパンプロレス]

■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 
■開催日:12月12日(木)開場/17時30分 試合開始/18時30分
■会場:後楽園ホール





【会見ニュース】

初代タイガーマスクこと佐山サトルが主宰するリアルジャパンプロレスで、「ストロングスタイルの最終兵器」となる虎のマスクマン、グレート・タイガーが、12・12東京・後楽園ホール大会でデビュー。7日、東京・港区のリアルジャパン国際部で記者会見が行われた。会見には、初代タイガーマスク、グレート・タイガー、リアルジャパン国際部代表テディ・ペルク氏、リアルジャパン代表取締役平井丈雅が出席。

グレート・タイガーは初代タイガーが「アンデスの虎の穴から連れてきた」という、国籍・身長・体重などすべてが謎に包まれたマスクマン。 初代タイガーはかねがね「しっかりと基礎があり、打撃もできる、関節技もできる、絶対的な強さのある選手」を求めており、ついにその逸材を発掘した。

国籍・身長・体重不明の謎のマスクマン
すべての格闘技をこなせる逸材!


当初、名前の候補として「タイガー・リキ」「タカトウマン」「マスク・オブ・ドラゴ」「グレート・タイガー」の4つが挙げられていたが、アニメ「タイガーマスク」に登場した虎の穴の最終兵器が「タイガー・ザ・グレート」であったことにちなみ、グレート・タイガーに正式決定した。登場したグレート・タイガーは、一言もしゃべることなく、その正体はマスクとスーツに隠されたままだったが、2メートル近い長身と、がっしりとした体格から、かなりの実力者であることがうかがい知れる。

初代タイガーは、その素質について「格闘技歴を明かすことはできないが、格闘技は何でもこなし、すべての技ができる。特に得意なのは打撃。ナチュラルな試合ができる、これからのプロレスを担う選手」と絶賛。リアルジャパンのみならず、ストロングスタイル、そして今後のプロレス界の未来を牽引していく選手になると期待を寄せる。

デビュー戦のカードは近日発表予定
゛邪道゛大仁田との一騎打ちの可能性も浮上!


注目のデビュー戦は、シングルマッチとして対戦相手を厳選中で、近日中にも発表される予定。「ストロングスタイルの神髄を発揮できる選手」という条件の元、候補者の中には初代タイガーを付け狙う゛邪道゛大仁田厚の名前も浮上しているという。もし大仁田戦が実現となれば、有刺鉄線バットや毒霧といった邪道の洗礼にいきなりさらされることになる。
これまで、数々の虎仮面が登場してきたが、その集大成ともいえる究極の最終兵器となるグレート・タイガー。12・12後楽園で、そのすべてが明らかになる。




■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス
■開催日:12月12日(木)開場/17時30分 試合開始/18時30分
■会場:後楽園ホール



【決定対戦カード】
<レジェンド選手権試合 60分1本勝負>
[第7代王者] スーパー・タイガー(リアルジャパン)
vs
[挑戦者]タイガー・シャーク(リアルジャパン)

【出場予定選手】
初代タイガーマスク、藤波辰爾(ドラディション)、長州力(リキプロ)
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)、石川雄規(Battle Arts Academy Canada)
アレクサンダー大塚(AODC)、折原昌夫(メビウス)
長井満也(ドラディション)、若翔洋(フリー)、グラン浜田(フリー)
スーパー・ライダー(RJPW)、間下隼人(RJPW)ほか、後日発表。

※出場選手は怪我などの理由により、変更となる場合が有ります。



2013-11-08 15:41 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。