【WWE e+来日特集コラムVOL.5】WWE日本公演7・4&5両国に登場!今が断然旬のユニット、「ザ・シールド」、全員チャンピオンでの初来日か!?[WWE]


■公演名:WWE Live
■日時:2013年7月4日(木)〜7月5日(金)
■会場:国技館 (東京都)
>>詳細・お申込はコチラ



 世界最大のプロレス団体WWEがこの夏、1年ぶりに日本に上陸する。7月4日(木)&5日(金)、東京・両国国技館(両日とも19時開演)で開催される「WWE Live」では、世界中で放送されている旬な闘いが、日本のリングで実際に展開されるのだ。

 毎回数多くのスーパースターが来日する日本公演。今回は、いまもっとも旬なユニットがやってくることになった。“正義の盾”を意味するザ・シールドが揃って登場するのである。ザ・シールドとは、セス・ローリンズ、ディーン・アンブローズ、ローマン・レインズの3人で構成されるチームだ。ローリンズはROHのリングでヘビー級、タッグ王座を獲得したタイラー・ブラックでアメリカンインディーの大物だったレスラー。WWE入りすると、初代NXTヘビー級王者となり将来を約束されていた逸材だ。アンブローズは元CZW世界ヘビー級王者、ジョン・モクスリーの変身。DRAGON GATE USAにも参戦し、WWEにやってきた。レインズはサモア系レスリングファミリーの出身で、リキシ、ウマガのいとこ、ロージーの実弟である。WWE入りするまえはアメリカンフットボールNFLでプレーしていた実績がある。

 黒の戦闘服に身を包んだこの3人が、はじめて現れたのは昨年11月のPPV「サバイバー・シリーズ」だった。メインのWWE王座戦に乱入し、結果的にCMパンクの疑惑防衛に加担した。以来、ベビーフェース勢を次々と襲撃。ライバック、ランディ・オートン、シェイマス、シン・カラ、チーム・ヘル・ノー(ケイン&ダニエル・ブライアン)などへの無差別攻撃を繰り返し、あっという間にWWEの中心へと躍り出たのである。なかでも無敗の快進撃を続けていたライバックの勢いを止めたのが特筆に値する。今年2月のPPV「エリミネーション・チェンバー」と翌日のロウで直接ピンフォールを奪う連勝を記録した。

 さらに4・7「レッスルマニア29」ではランディ・オートン、シェイマス、ビッグショーが立場を超えて結託、ザ・シールド潰しに出陣したのだが、彼らは大物たちをあざ笑うかのような返り討ちに成功する。そのうえ、4・22英国ロンドンでは、チーム・ヘル・ノーにジ・アンダーテイカーを加えたプレミアムトリオさえも撃破してみせた。4・29コロンバスではチーム・ヘル・ノーとジョン・シナの強力トリオも突破。もはや誰にも止められないほど、彼らの勢いは加速していると言っていい。

 あえてタイトル戦線には加わらなかったザ・シールドだが、ここへきて一気にベルト獲りの勝負を仕掛けてきた。5・19「エクストリーム・ルールズ」でアンブローズがコフィ・キングストンのUS王座、セス・ローリンズ&ローマン・レインズがチーム・ヘル・ノーのWWEタッグ王座に挑戦。しかもどちらも勝利し、2大タイトルを見事にかっさらってみせたのだ。以来、アンブローズはキングストンとの再戦も返り討ちにし、タッグ王者もチーム・ヘル・ノーを退けての防衛に成功している。このままいけば、アンブローズがUS王者、ローリンズ&レインズがWWEタッグ王者という、ザ・シールド全員がチャンピオンの立場で来日するかもしれないのだ。

 日本公演の初日(7・4)では、チーム・ヘル・ノーとザ・シールドのWWEタッグ選手権試合が組まれている。カード発表時、王者組はケイン&ブライアン組だった。つまり、立場が完全に逆転したのだ。当日はザ・シールドが王者なのか、それともチーム・ヘル・ノーが奪回しているのか。いずれにしても、もっとも旬なタッグ対決が日本で見られることは間違いない。

 全員が王者となったザ・シールドだが、日本のWWEユニバースが見たいのは、彼らならではの登場スタイルなのではなかろうか。それは、観客席から二手に分かれてリングになだれ込むやり方だ。自分たちの試合以外にも突然現れ、無法行為をやらかす可能性もあるだろう。もともとは「不義をはたらく者を制裁するため」に現れた3人組。モチーフになっているのは2010年に結成された反乱軍ネクサス(後にザ・コアと改称)だ。いまでは当時のメンバーだったスキップ・シェフィールドがライバックとしてブレイクし、こんどはマイケル・マクギリカティがカーティス・アクセルとなり新たな衝撃を生み出そうとしている。また、当時のボス、ウェイド・バレットは現インターコンチネンタル王者である。

 元ネクサスが個人なら、かつてのネクサスを引き継ぐのがザ・シールドなのだろう。近未来のトップがザ・シールドに集約されているのかもしれない!

(構成・文:新井 宏)




■公演名:WWE Live
■日時:2013年7月4日(木)〜7月5日(金)
■会場:国技館 (東京都)
>>詳細・お申込はコチラ

【決定対戦カード】
《7月4日(木)》
<WWE王座戦>
 ジョン・シナ[王者] vs. ライバック
<シングルマッチ>
 シェイマス vs. マーク・ヘンリー
<WWEタッグ王座戦>
 チーム・ヘルノー(ケイン&ダニエル・ブライアン)[王者組]
vs. ザ・シールド(ディーン・アンブローズ&セス・ローリンズ&ローマン・レインズ)

《7月5日(金)》
<スペシャルタッグマッチ>
 ジョン・シナ&シェイマス vs. ライバック&マーク・ヘンリー

 【その他来日予定スーパースター/ディーバ】
コフィ・キングストン/ザ・ミズ/ウェイド・バレット/ナタリア/アクサナ/ザック・ライダー/アントニオ・セザーロ/ヨシ・タツ/ザ・グレート・カリ/エピコ/プリモ、ほか

2013-06-16 13:00 この記事だけ表示