【UFC JAPAN特集コラムVOL.1】今年も日本公演開催!UFCがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ![UFC]

■大会名:UFC JAPAN 2013
■開催日時:3/3(日)
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)
>>詳細・チケット申込はコチラ!


(構成・文:長谷川亮)

■UFC=究極格闘技
 今年も3月3日、さいたまスーパーアリーナに世界最強最大の格闘技団体「UFC」がやってくる。UFCは1993年11月にアメリカ・コロラド州デンバーで第1回大会が開催された「Ultimate Fighting Championship」の略称で、直訳するなら“究極格闘選手権”。“究極”の名の通り、パンチ・キック・ヒジにヒザ、投げ技・絞め技・関節技と、あらゆる攻撃が許された総合格闘技だ。試合は見慣れた四角いリングではなく、「オクタゴン」と呼ばれる八角形の金網の中で行われ、逃げ場のない1対1、男と男の決闘が現在世界的な人気を博している。


■世界中から集まる格闘の猛者たち
 今年はUFCが誕生して20年となるアニバーサリーイヤー。活躍する選手たちもアメリカをはじめ、格闘技強国ブラジル、ヨーロッパ、オセアニア、そして日本・韓国といったアジア勢とワールドワイドな広がりを見せており、その人気は落ち着くどころか依然上昇中。日本には昨年2月、同じくさいたまスーパーアリーナで行われ、ソールドアウトとなった大会以来の上陸で、コアな格闘技ファンはもちろん、一般層にもすでに大きな話題となっている。
 そんなUFCの魅力は一体どこにあるのだろうか。選手たちは世界中から集まってくるのはもちろん、空手・柔道・ボクシング・レスリング・キックボクシング・柔術、はては街のケンカ(!)と、様々な格闘技をバックボーンとする。世界中から腕自慢、あらゆる格闘技の猛者たちが集結して一番を決する――まさにマンガや映画、ゲームの世界を地で行く世界だ。


■“格闘王”“世界最強”を決する世界
 しかし、たとえある格闘技の達人であろうと、20年の間で日進月歩の進化を続けてきたUFCにおいては生き残ることができない。打撃、組み技、そして寝技と、あらゆる技術を兼ね備えた格闘全体のスペシャリストでなければ、過酷なUFCの頂点を極めることはできない。それがUFCが“究極格闘選手権”と名付けられたゆえんである。選手は王者となるために、格闘のオールラウンダーたることを求められるのだ。
 動物界の頂点に立つライオンは“百獣の王”、陸上十種競技の勝者は“キング・オブ・アスリート”と呼ばれ称えられるが、“究極格闘選手権”UFCの頂点に立つ選手は、まさに格闘技の王というべき存在。かつてPRIDE王者時代にエメリヤーエンコ・ヒョードルは“60億分の1の男”としてその強さを称えられたが、その世界観を継承し、「誰が一番強いのか?」という、人類創始以来尽きることのなかった疑問に最大級の回答を与えているのがUFCであるのだ。


■日本格闘技の聖地・さいたまスーパーアリーナ
 そんな決戦の場となるのが、日本格闘技界の聖地・さいたまスーパーアリーナ。前述のPRIDEはもちろん、K-1やボクシング世界戦、開催10年を超えすでに風物詩として定着している大晦日格闘技大会の舞台でもあり、これまで格闘技の観戦経験がない人でも、会場に漂う熱気と緊張感が入り交じった独特の雰囲気は、日常にない刺激的なものとして響くに違いない。
 TVでもその面白さが減じることはないが、格闘技観戦の醍醐味は何といっても会場でのライブ観戦。きらびやかなライティングに照らされ暗闇に浮かぶオクタゴン(金網)、ファンの中を縫い入場の花道を決戦の場へ向かう選手たち、静寂が一瞬にして大歓声へ変わるノックアウト、歓喜あるいは涙の勝利――エキサイティングでスペクタクル、そして大いにエモーショナル。スポーツ観戦で得られる興奮・感動をUFCで体感できること請け合いだ。


■日本ゆかりのファイターたちが大挙出場
 日本大会1週間前に行われる「UFC157」(アメリカ・カリフォルニア州アナハイム)では遂に女子部門もスタートと、ますます拡大、盛況なUFC。今回の日本大会では“ミスターPRIDE”と呼ばれた絶対王者ヴァンダレイ・シウバがメインを飾り、K-1王者“サモアの怪人”マーク・ハント、そして日本からは“天下無双の火の玉ボーイ”五味隆典、“日本のエース”岡見勇信らも出場する。1年ぶりの上陸、心に深く刻まれるだろう戦いを見逃す手はないだろう。

 次回、特集コラム第2弾は、世界最高峰UFCへ挑む“六人のサムライ(日本人選手)”がを紹介する!



■大会名:UFC JAPAN 2013
■開催日時:3/3(日)
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)
>>詳細・チケット申込はコチラ!

【予定対戦カード】
ヴァンダレイ・シウバ vs. ブライアン・スタン
マーク・ハント vs. ステファン・ストルーブ
五味隆典 vs. ディエゴ・サンチェス
岡見勇信 vs. ヘクター・ロンバート
廣田瑞人 vs. ハニ・ヤヒーラ
キム・ドンヒョン vs. シアー・バハドゥルザダ
福田力 vs. ブラッド・タヴァレス
水垣偉弥 vs. ブライアン・キャラウェイ
クリスチアーノ・マルセロ vs. 徳留一樹
※対戦カードは変更になることがございます。

2013-02-08 16:00 この記事だけ表示