初代タイガーマスク 佐山サトル 特別講演会 『PRINCIPLE(プリンシプル) 』決定版【武士道】、佐山サトル総監ご挨拶![リアルジャパン]


■講演名:初代タイガーマスク 佐山サトル 特別講演会 『PRINCIPLE(プリンシプル) 』
  決定版【武士道】
■開催日:12/31(月) 20:00開始
■開催場所:掣圏真陰流本部道場『興義館』 (東京都)
■講師:初代タイガーマスク 佐山サトル
>>詳細・チケット申込はコチラ!



■プリンシプルとは
 真の精神武道の確立を目指す初代タイガーマスク 佐山サトルが独自の視点から、この国のあり方や将来像をお伝えしております特別講義会プリンシプル。日本再生の原動力として最も必要とされることは何か、その為に、私たち一人一人は何を考えて行動すべきか。世界各国の情勢も踏まえ、私たち、そして日本が取るべき行動について、今後の指針を佐山サトル総監がお話させていただいております。

 武道家である佐山サトルがなぜ日本のあり方を語るのでしょうか。それは国や組織のリーダーたちに必要なあり方と、武道家のあり方が共通するからです。武道で勝利をおさめるには、相手を含めた森羅万象、本質を感じとり、動くべきときに大胆に行動することが重要となります。これは、リーダーと呼ばれるすべての人に求められる資質そのものです。この森羅万象、本質を捉えるには何が大切となるのか、何を体得すべきなのかを、佐山サトルがお話しします。特に昨年の3.11以降、国や組織のあり方は大きく揺らいでいるように感じられます。ここに軸を作り、再生を図るためには何が必要か、国だけでなく、会社や組織を発展させていくために重要なことは何か、これらの知見が得られることでしょう。

■佐山サトル総監ご挨拶
さて今年最後で最大のイベント「プリンシプル」は、明日の日本を再生させるに相応しい年末の大晦日に行います。場所は本郷の「興義館」(神楽坂は年末お休みのため)前に来たことのある人には、かなりリニューアルされているのに驚くと思います。道場というよりもセミナールームという感じになっています。
今回の題名は、そのもの「武士道」です。

武士道とは何か?
貴方はこの国に暮らし、その実体も知らないとしたら・・・・・
戦後消された日本とは何かを知る上でも、絶対にかかせない勉強会です。決して学校で
は教えてくれません。

いったい我が国の普遍的精神とはどうなっているのでしょうか?未曽有の大震災にもかかわらず、大きな暴動や略奪もおこらず、領土を侵略されようとも、国民が拉致をされても騒がず、冷静に見守り、時の経過を正しく判断できる国民。いつも街は清潔で安全、礼儀正しく、財布を落としても戻ってくる国。

関係ありませんが、この文化体制を崩そうとする害文化と乗せられる輩を、私は我慢出来ないのです。

勿論、世界的にみて相容れる良い文化は有り、大切ですよね。
反対にそういう人からみても、うらやましがられるのが日本だったのです。

武士道という概念が具体的に言葉として表れたのは明治からですが、武士が道を究める過程はどの様に進化し、私達に影響を与えているのでしょうか?その答えが大晦日に出ます。

貴方にとっては物凄く大切な日となるでしょう。

そもそも武士の概念は戦闘者の規範という所でしょうか。
縄文から弥生古墳時代、平安、室町、鎌倉、戦国、江戸、明治、大正、昭和

服従階層から支配階級へ移行し、平穏な時代に宗教の規範のように、原理主義の「教え」の精神が染み付いていく姿。

神道 儒教 仏教 朱子学 陽明学 古学 国学 士道 様々な教えが広がって行きました。

戦後消された思想とは何か?
山鹿素行とは何者か?本居宣長とは?吉田松陰とは?

最後に世界の実体とは何か?
それに対して、新生武士道はどうあるべきか?

日本はどこへ行くべきか?
紅白や格闘技を見ている場合ではありませんよ。

貴方にとって何が大切なのでしょう。一緒に年越しそばを食べて武士の魂を共有しましょう。




■講演名:初代タイガーマスク 佐山サトル 特別講演会 『PRINCIPLE(プリンシプル) 』
  決定版【武士道】
■開催日:12/31(月) 20:00開始
■開催場所:掣圏真陰流本部道場『興義館』 (東京都)
■講師:初代タイガーマスク 佐山サトル
>>詳細・チケット申込はコチラ!



2012-12-21 15:00 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。