『LUCHA FIESTA 2012』11・7後楽園ホール大会の一部対戦カードが決定!その会見の全文を掲載![プロレス]

『LUCHA FIESTA 2012』11・7後楽園ホール大会の一部対戦カードが決定!
「日本人の大物とも交渉中。当日のサプライズにしようかな」
ウルティモ・ドラゴンが25周年興行を前に示唆!

■公演名:LUCHA FIESTA 2012 〜ウルティモ・ドラゴン デビュー25周年記念大会〜
■開催日時:2012年11月7日(水) [開場/17時30分 試合開始/18時30分]
■会場:後楽園ホール (東京都)
■詳細・チケット申込はコチラ!



 11日、ウルティモ・ドラゴンが東京シティ・エアターミナルで記者会見を行い、『LUCHA FIESTA 2012〜ウルティモ・ドラゴンデビュー25周年記念大会〜』11・7後楽園ホール大会の一部対戦カードを発表した。


メインイベントにウルティモ・ゲレーロが出場

 メインイベントの対戦カードはウルティモ・ドラゴン&ラヨ・デ・ハリスコJr.&ザ・グレート・サスケvsウルティモ・ゲレーロ&ブラック・タイガー&大原はじめに決定した。

 「CMLLからウルティモ・ゲレーロが出場します。今、メキシコで本当にトップの選手ですね。“25周年にお前を潰してやる”とメッセージが来まして。60分3本勝負で、完全なメキシコルールで行いたいと思っています。素晴らしいメキシコのルチャ・リブレが皆さんに披露できるかなと。非常に楽しみですね。みんなルールも熟知していますし、逆に日本のルールでやると戸惑う選手が何人かいると思いますから」

 ウルティモがいう「完全なメキシコルール」とは「オーストラリア式タッグマッチ」と呼ばれているスタイルだ。キャプテン、またはそれ以外の2人からピンフォールを奪うと1本となる現地では一般的な試合形式。各選手ともメキシコマットを経験しているだけに、本場さながらのファイトが期待できそうだ。

時間差バトルロイヤルに大物を投入!?

 また、『ドラゴマニア』では恒例となっている時間差バトルロイヤル『ドラゴンスクランブル』の開催も併せて発表された。通常の時間差バトルロイヤルは時間が経つと1人ずつ選手が追加されるが、この『ドラゴンスクランブル』は2選手ずつ追加される変則ルール。それだけゲーム性も高い。

 「15人や20人参加にしてしまうとムチャクチャになってしまうので、8人ぐらいでやろうと思っています。出場枠がまだまだあるので、日本人の大物とも交渉中です。これは当日のサプライズにしようかなと思ってますので、楽しみにしてください」

 今回は25周年興行ということもあり、ウルティモ本人が出場して欲しい選手、反対に「何で俺を出さないんだ!?」と呼び掛けてくる選手も多く、試合数も増えてしまうために、たくさんの選手が出場できるこの形式が採用された。「それでも出たい」という声が多いというだけに、意外なビッグネームの出場も期待できそうだ。

 また、女子選手同士の対戦カードとして、A☆YU☆MI&RAYvsGAMI&飯田美花戦が決定。さらに、出場予定選手として、すでに発表となっているブラソ・デ・プラタ、南野たけし、卍丸、フジタ“Jr”ハヤト、Ken45、ツトム・オースギ、ヘラクレス千賀に加えて、つぼ原人の出場も発表された。

 「全7試合を予定しています。前回の会見でNOSAWA論外とタッグで対戦してもらうことになったブラソ・デ・プラタですが、“日本人の親戚がいる”と言っているんですが、そんな親戚いないじゃないですか。誰を連れてくるんでしょうかね? あと、フジタ“Jr”ハヤト&Ken45の対戦相手として、かなり興味深い相手と交渉します。ハヤトのライバルとなるような日本人選手ですので、物凄い戦いになると思いますよ」

 ウルティモは今日から渡墨し、20日に帰国予定。その頃には対戦カードも出揃う予定だ。メキシコ大使館が記念後援としてバックアップするイベントとなるだけに、気合いも十分。「自分の戦い云々よりも、自分がライフワークとしている“日本の皆さんにメキシコという国の文化を伝えること”ができたら一番いいなと思っています」と意気込みを語っていた。




【2012/10/11 記者会見全文】

■ウルティモ・ドラゴン
「メインイベントが決まりました。私、ウルティモ・ドラゴンと以前参戦を発表しましたラヨ・デ・ハリスコJr.、そして、みちのくプロレスのザ・グレート・サスケが組みまして、対戦相手はブラック・タイガーと大原はじめ、そして、CMLLからウルティモ・ゲレーロが出場します。今、メキシコで本当にトップの選手ですね。“25周年にお前を潰してやる”というメッセージが来まして。これがメインイベントとなります。前から発表していますように、60分3本勝負で完全なメキシコルール(オーストラリア式)で行いたいと思っています。それと、前回の会見でも女子の参戦選手を発表しましたが、対戦カードが正式に決まりました。A☆YU☆MI、RAY対GAMI、飯田美花のタッグマッチです。また、これは普段メキシコでの『ドラゴマニア』で行っているんですが、時間差バトルロイヤル『ドラゴンスクランブル』をやります。通常の時間差バトルロイヤルは1人1人の入場となりますが、これは2人ずつの入場となります。最初は2人で試合を始めて、そこから2人ずつの入場となります。これはまだまだ枠があるので、大物とも交渉中です。これは当日のサプライズにしようかなと思ってますので、そちらの方も楽しみにしてください。

あと、発表済みの選手なんですが、ブラソ・デ・プラタ、南野たけし、卍丸、フジタ“Jr”ハヤト、Ken45°、ツトム・オースギ、ヘラクレス千賀に加えて、つぼ原人の出場も決まりました。フジタ“Jr”ハヤトとKen45°の対戦相手として、かなり興味深い選手と交渉していますので、もう近々発表できると思います。次に私はみちのくプロレスの新木場大会が行われる20日当日に帰国しますので、それまでには。フジタ“Jr”ハヤトのライバルとなるような選手と交渉していますので、物凄い戦いになると思います。こちらの方も楽しみにしてください」

■質疑応答
――ドラゴンスクランブルのサプライズとなる出場選手やハヤト選手の対戦相手は、日本人となる? それともメキシコ人となる?
「基本的にドラゴンスクランブルは日本人でやろうと思います。ハヤトの相手も日本人選手ですね。ライバルになる選手だと思います」

――全体で何試合ぐらいになる?
「7試合を予定しています。ちょっと多いかなという気もするんですけど、25周年なので、僕の方からも出てもらいたい選手がたくさんいますし、逆に“なんで俺を出さないんだ?”という文句もありますし。嬉しい文句ですけどね。そういうのもあるので、やっぱりそれぞれシングル、タッグ、6人タッグと組みたいんですけど、そうすると試合数が物凄く増えてしまうので、ひとつはバトルロイヤルという形で。ちょっと顔見せになってしまうんですけど、それでも出たいという人たちたくさんいるというのは嬉しいことだと思います」

――バトルロイヤルの出場選手は何人ぐらい?
「基本的に8人でやろうかなと思ってます。15人とか20人とかになるとムチャクチャになるので、8人ぐらいが一番分かりやすいかなと」

――対戦カードも出揃ってきたが、改めて興行に向けての意気込みを。
「今回もメキシコ大使館の名誉後援という形で付いてくださっている部分もありますしね。自分の戦い云々よりも、自分がライフワークとしていますが、メキシコという国の文化を日本の皆さんに伝えられたら一番いいかなと思っています」

――自分のカードに関しては?
「ラヨ・デ・ハリスコJr.は体も大きいですし、サスケはサスケですからね。相手の大原とブラック・タイガーはもう手の内も分かっています。ゲレーロも分かっていますんで。素晴らしいメキシコのルチャリブレが皆さんに披露できるかなと。逆に楽しみですね、非常に」

――ルールの部分でも心配はない?
「大丈夫だと思います。みんな熟知していますから、オーストラリア式タッグで。逆に日本ルールでやると戸惑う人が何人かいると思いますから。あとちょっと気になるのは、ブラソ・デ・プラタが“日本に親戚がいる”と言っているんですけど、日本に親戚なんていないじゃないですか。だから、誰を連れてくるのかなと思うんですけど、その辺も含めて、今度僕が帰ってきた時までには。ちょうど2週間ちょっとあるので、そこでいろんなサプライズがどんどんどんどん決まって来ると思いますので」




■公演名:LUCHA FIESTA 2012 〜ウルティモ・ドラゴン デビュー25周年記念大会〜
■開催日時:2012年11月7日(水) [開場/17時30分 試合開始/18時30分]
■会場:後楽園ホール (東京都)
■詳細・チケット申込はコチラ!

【対戦カード】

<メインイベント 6人タッグマッチ>
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)&“稲妻仮面二世”ラヨ・デ・ハリスコ Jr.&ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)
vs
ウルティモ・ゲレーロ(CMLL)&ブラック・タイガー(フリー)&大原はじめ(WNC)

[“稲妻仮面二世”ラヨ・デ・ハリスコ Jr.獲得タイトル]
NWA世界ライトヘビー級王座/メキシコナショナルヘビー級王座
メキシコナショナルタッグチーム王座/メキシコナショナルトリオ王座/CMLL世界トリオ王座

<ドラゴンスクランブル(時間差バトルロイヤル)>
<タッグマッチ>
A☆YU☆MI&RAYvsGAMI&飯田美花


【出場予定選手】

ブラソ・デ・プラタ、南野たけし、卍丸、フジタ"Jr"ハヤト、Ken45、ツトム オースギ、ヘラクレス千賀、つぼ原人


【特別協賛者】

三遊亭円楽 様/苫米地 英人 様


【友情出演】

アントニオ古賀 様


2012-10-15 13:17 この記事だけ表示