【会見レポート】“トンパチ”折原昌夫が、リアルッジャパン ストロングスタイル原点回帰の対戦相手「ミヤマ☆仮面」との因縁を明かす![リアルジャパンプロレス]
“トンパチ”折原昌夫 緊急記者会見 
●会見日時:2012年9月14日(金)16時30分〜
●会見場所:新宿2丁目喫茶タントラ

■公演名 : 初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 『STRONG IMPACT』
■日時:2012年09月21日(金)開場/17時30分 試合開始/18時30分 
■会場:後楽園ホール
■大会詳細&チケット申込はコチラ

折原昌夫120914_171030.jpg

[折原昌夫]華やかさなのなかに、強さを感じさせるのがストロングスタイル

 14日、新宿2丁目にある喫茶タントラにて折原昌夫による記者会見が行われた。会見冒頭では、9月21日(金)に後楽園ホールで開催される初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 『STRONG IMPAC』の全対戦カード試合順が、平井代表より発表された。“トンパチ”折原昌夫(メビウス)は若翔洋、間下隼人とトリオを結成、ウルティモ・ドラゴン、スーパー・ライダー、ミヤマ☆仮面のマスクマン組と戦う。これを受け、折原が自身のカード、デビューする新マスクマンのミヤマ仮面との過去、さらには大会について熱弁を奮った。
 今回の大会のテーマが“ストロングスタイル”というリアルジャパンの本道へのリスタートということで、折原の会見での面持ちも、本来彼が持つ実力者(元社会人レスリング日本王者)の面が垣間見えた。
(注目は)どうしても、ミヤマ☆仮面との激突ということになる点を、本人も意識している。忘れもしないWARを離脱してメビウスを名乗り、様々な団体に参戦していた時のこと。キングダム・エルガイツのリングで、ミヤマ☆仮面(の中身と思われる選手)と、ルールがわからないままオープンフィンガー・グローブをつけ闘い、不運にも一敗地にまみれたという過去の因縁がある。
「今回は、リアルジャパン本道の“ストロングスタイル”に戻す大会ですよね。強さの中に華麗な技がある。強くなければいけない。カブト虫の選手は内容は一直線で来た人間なのでは? 今回の大会は本来のストロングスタイルを色濃く出さないと。自分のその部分も印象付けたい」とコメント。
「クワガタなんでお客さんが喜ぶのがこの第二試合。どんなことをしてくるのか。プロですからパフォーマンスは認めるけど、技掛けてる時に体操とか出てきたらマスク剥いでやりますから」と攻撃姿勢を崩さない。
「なめてはかからないですよ。以前痛い目に会いましたから。奴となら厳しいものが出せるし、(佐山)総監の言う、緊張感の高い試合を取り戻せると願っているし、思っている」とも述べている。
「華やかさの中にプロレスの強さをみせる。これに尽きると思います」
 元アマレス日本一だったこともある折原。ストロングスタイル原点回帰の対戦相手、ミヤマ☆仮面との対戦に燃えているようだった。


コメント

時計スーパーコピーオーバーシュートの学校を通じて(通って)後で、これらの原型機が倉庫特ひのと頓天文台に送ってテストを行います。最後、やはりフランスの貝桑に位置して( Besancon)の力の札(LIP)の会社用ブレゲの発明をたたえて試験をつくります。完成品は11法が直径、7に分けるのです 75法は厚いチップに分けます。この陀はずみ車は毎分強く、直径の11を回転します 5ミリメートルの陀はずみ車は時計の文字盤の上の開孔を通じて(通って)見ることができて、陀はずみ車はまた小さい秒針に取って代わりました時計スーパーコピー
(2013-11-12 18:11)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。