【注目!日本公演特集コラムVol.5】日本でも活躍したD・ブライアンがWWEで大ブレイク!両国国技館が、凱旋のYESコールに包まれる![WWE]
【注目!日本公演特集コラムVol.5】
日本でも活躍したD・ブライアンがWWEで大ブレイク!両国国技館が、凱旋のYESコールに包まれる!

■公演名:『WWE presents スマックダウン・ワールドツアー2012』
■開催日時:2012年8月9日(木)・10日(金)[両日共19時00分開始]
■会 場:両国国技館
■詳細・チケット申込はコチラ!

wwe_01.jpg


8月9日(木)&10日(金)、東京・両国国技館(両日とも午後7時開演)で開催される「WWE presents スマックダウン・ワールドツアー2012」には、ジョン・ローリネイティス(ジョニー・エース)、アルベルト・デル・リオ(ドス・カラスJr)をはじめ日本のプロレスファンにもなじみ深いレスラーが参加するが、ダニエル・ブライアンもそのひとり。WWEで大ブレイク中のブライアンだけに、うれしい凱旋試合となるだろう。

 現在、ヒールながらもYESコールで人気沸騰中のブライアンは、マスクマンのアメリカン・ドラゴンとして1999年末にFMWへ初来日。その後、素顔となり新日本プロレスに参戦し、カレーマン(クリストファー・ダニエルズ)とのコンビでIWGPジュニアタッグ王座も獲得している。シングルプレーヤーとしてはNOAHで活躍。そのころは本名のブライアン・ダニエルソンでファイトし、すでにアメリカンインディーシーンの大物として名を馳せていた。2008年には金丸義信を破りGHCジュニアヘビー級王座を奪取。ROH(リング・オブ・オナー)の日本遠征でも中心人物として闘っている。

 WWEと契約を交わしたのは2009年。翌年2月にスタートした若手育成の新ブランドNXTの1期生として参加した。リングネームをブライアン・ダニエルソンからダニエル・ブライアンに変更する(ひっくり返す?)と、NXTでは師匠格のザ・ミズと早くから対立。試合結果もおもわしくなく、造反軍団ネクサスの暴走から、なぜかブライアンひとりが解雇されてしまう。試合内容はいいのに、なぜか不運がつきまとった。

 しかし、負けは込んでも確かなレスリングテクニックには定評があった。ブライアンはアメリカはもちろん、ヨーロッパにも自分の意思で足を運び、現地の技術を積極的にものにしていった。イギリス出身のウィリアム・リーガルを師と仰ぐのもそのひとつ。もちろん、日本での経験も大いに役立っている。

 そんなブライアンをWWEが放っておくはずもない。2010年8月のPPV「サマースラム」でまさかの電撃復帰。しかもネクサス側ではなく、チームWWEのメンバーとして当日突然現れたのだ。そのうえ、古巣相手にチームWWEを勝利に導く大殊勲。以降、ブライアンはWWEには欠かせないスーパースターになっていく。NXT時代の不遇を振り払うような快進撃をみせるのだ。

 その成果が、世界ヘビー級王座奪取だろう。2011年7月のPPV「マネー・イン・ザ・バンク」でタイトル挑戦権を獲得し、同年12月のPPV「TLC」で権利を行使することになる。マーク・ヘンリーとの巨漢対決を制して王者になった直後のビッグショーを急襲し、タイトルマッチを強行。その勢いで世界最大のアスリートを破り、念願の世界王座を手に入れたのである。

 と同時に、そのころからブライアンはヒールとしての素行を見せるようになっていく。恋人のAJを盾に使い、ビッグショー、マーク・ヘンリーといった明らかに体格の異なる相手を突破。さらにはただでさえ防衛確率が極端に低くなる6WAYマッチでもベルトを守り抜いた。レスリングテクニックはもちろん、マイクアピールにも長けており、そのあたりの駆け引きで現在のポジションを築いたと言えるだろう。

 ところが、年間最大イベント「レッスルマニア28」にて衝撃の王座転落となってしまう。世界ヘビー級王座史上最短の18秒でシェイマスにベルトを明け渡してしまったのだ。その原因がAJとのキスだったから始末が悪い。振り向いたところで待っていたのがシェイマスの必殺ブローグキック。シェイマスはこのとき以来、ずっとベルトを守り抜いている。日本公演まえ最後のPPV「マネー・イン・ザ・バンク」でもデル・リオを相手に防衛を果たしており、このまま王者として日本公演にやってくる可能性が高そうだ。

 不名誉な記録を作ってしまったブライアンだが、インパクトは絶大だった。記憶に残るタイトルマッチであったことは間違いない。しかもこのときから「YES!」の雄叫びが大ブレイク。この現象は全WWEユニバースに波及し、いまではすべての会場が「YES!」の大合唱に包まれている。

 世界王座こそ失ったブライアンながら、WWEのメインストリームから離れていないのがすごいところ。ターゲットをWWE王者のCMパンクへと移し、ブランドを超越した構想を展開中なのだ。そこにはブライアン、CMパンク、ケイン、AJを巻き込む不思議な人間関係がある。日本公演を迎えるころ、AJとの関係はどうなっているのかも興味深い。いずれにしても、両国国技館がYESコールに包まれることは確実。8月9日&10日、YESの連呼に参加しよう!   (新井 宏)

wwe_02.jpg


コメント

スーパーコピーブランド時計、バッグ、財布代引き_[人気N級品]| Jpproshop777.com今年ロレックスのテーマが競技用の自転車が好きで、皇室のゴムの木のオフショア型を大筋にして、設計してGrand Prix競技用の自転車の風格の腕時計を満たします:自動皿設計は自動車のエアホーンの口の形のため、ロレックス腕時計は炭素、バラの金とプラチナの金の3種類のデザインを鍛造してよく合うロレックスが独占で炭素と陶磁器の材質の製造する表す小屋を鍛造するのが好きなあって、材質の多元、色が豊富ですスーパーコピーブランド
(2013-12-27 15:42)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/284036945
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。