【注目!日本公演特集コラムVol.4】 超ベビーフェースからスーパーヒールへの大変貌!“世界最大のアスリート”ビッグショーが怖い! [WWE]
【注目!日本公演特集コラムVol.4】
超ベビーフェースからスーパーヒールへの大変貌!“世界最大のアスリート”ビッグショーが怖い!

■公演名:『WWE presents スマックダウン・ワールドツアー2012』
■開催日時:2012年8月9日(木)・10日(金)[両日共19時00分開始]
■会 場:両国国技館
■詳細・チケット申込はコチラ!

wwe_01.jpg


 WWEが8月9日(木)&10日(金)、東京・両国国技館(両日とも午後7時開演)で開催する「WWE presents スマックダウン・ワールドツアー2012」に、“世界最大のアスリート”ビッグショーが参戦する。

 身長213センチ、体重200キロのビッグショーが来日するのは、10年、11年につづき3年連続。前回の日本公演では伝説のケビン・ナッシュを相手に時空とブランドを超越した肉弾戦を展開してみせている。もうおなじみの存在だけに、こんどの来日は目新しさに欠けるかもしれないと思いきや、まったくそんなことはない。ここへきて大巨人をめぐるシチュエーションが180度変わってしまったのだ。いままでは超ベビーフェースだったビッグショーが、スーパーヒールへと大変貌。“世界最大のアスリート”にいったいなにが起こったのか。昨年の日本公演から帰国後のPPV12・18「TLC」ではマーク・ヘンリーとのスーパーパワー対決を制し、世界ヘビー級王者に輝いたのだが…。

 異変はその直後に訪れる。同日、いつでもどこでもタイトルに挑戦できる権利を持つダニエル・ブライアンが現れ、マネー・イン・ザ・バンクを行使。ヘンリーとのビッグバトル後でダメージの大きいビッグショーから世界ヘビー級のベルトをかっさらっていったのだ。わずか数分で、ビッグショーは王座から転落してしまった。振り返ってみれば、それが現在に至るすべてのきっかけだったような気がする。

 ブライアンとのタイトル争いで、ビッグショーは王者ブライアンの恋人(当時)AJをアクシデントから失神させてしまう。大巨人の肉体が、軽量のディーバに激突してしまったのだ。ブライアンは「あんな乱暴までしてタイトルが欲しいのか!?」とライバルを罵った。ビッグショーの困惑した表情からは、世界最大のアスリートとしての自信が消えていた…。

 年間最大イベント4・1「レッスルマニア28」では、コーディ・ローデスからインターコンチネンタル王座を奪取したビッグショー。しかしその後のPPV4・29「エクストリーム・ルールズ」での再戦で敗れ、ふたたび無冠に戻ってしまう。さらに5・14のロウではジョン・ローリネイティスGMから解雇を通告された。それ以前に、ステージ上でビッグショーがローリネイティスにぶつかってしまうアクシデントがあった。ローリネイティスも大型ながら、第一線からは退いた身である。AJのときと同様、大巨人の大きな体が仇となったのだ。ビッグショーは涙を流しながら「クビになりたくない」と謝罪した。しかし、時すでに遅し。人事部長兼GMの考えが覆ることはなかった。

 生き残りのため、大巨人は大胆かつ、まさかの行動にでることを決めた。解雇により試合の組まれなかったPPV5・20「オーバー・ザ・リミット」に来場しメインに出現したのだ。ジョン・シナvsローリネイティスの一騎打ちでシナの味方につくと思わせて、ローリネイティスに加担するどんでん返し。久しぶりの試合となった“元ジョニー・エース”ローリネイティスのピンフォール勝ちに大きく貢献したのである。

 これがGMの機嫌を取り、翌日のロウでビッグショーは再雇用された。この瞬間、ビッグショーはWWE入り以来はじめての大ヒールへと正式に変身した。気は優しくて力持ちを地でいく男が、まさかの方向転換である。
「これまでオレは大巨人としてビジネスに徹してきた。WCW時代から全力を発揮することが許されなかった。それは、団体の顔を潰してしまう恐れがあったからだ。しかし今は違う。14年間、トップスターの引き立て役に徹してきたが、これからは真の実力を見せることができる。本来の自分である怒りの大巨人になれるんだ」

 己の巨体をフル活用できるようになったビッグショーは、何人ものWWEスーパースターを手当たり次第に襲撃。その矛先は再び、世界ヘビー級王座へと向けられるようだ。ローリネイティスがPPV6・17「ノー・ウェイ・アウト」でGM職を失ったため、大巨人は「よりいっそう自由に動けるようになった」と豪語。そんななかでの日本公演は、“ニュー”ビッグショーを体感する絶好の機会になるだろう。

 というのも、両日に渡り世界ヘビー級のタイトルに挑戦する予定になっているのだ。9日(木)が王者シェイマスとの一騎打ちで、10日(金)はアルベルト・デル・リオ、ケインを加えてのフェイタル4ウェイマッチ。どちらのカードも爆発した怒りを誇示するには申し分のない顔合わせだ。衝撃の解雇通告から一転、日本公演2DAYSの主役に躍り出る可能性も出てきたのではないか。こんどの日本公演では、怒りのビッグショーがスモーアリーナ(両国)のリングを破壊する!?
(新井 宏)

wwe_02.jpg


コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/282939983
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。