【注目!日本公演特集コラムVol.3】アイルランド初の世界チャンピオンが両国上陸!“グレート・ホワイト”シェイマスがやってくる! [WWE]
【注目!日本公演特集コラムVol.3】
アイルランド初の世界チャンピオンが両国上陸!“グレート・ホワイト”シェイマスがやってくる!

■公演名:『WWE presents スマックダウン・ワールドツアー2012』
■開催日時:2012年8月9日(木)・10日(金)[両日共19時00分開始]
■会 場:両国国技館
■詳細・チケット申込はコチラ!

wwe_01.jpg


 世界最大のプロレス団体WWE(ワールド・レスリング・エンターテインメント)がこの夏、大挙して日本にやってくる。8月9日(木)&10日(金)、東京・両国国技館(両日とも午後7時開演)にて開催される「WWE presents スマックダウン・ワールドツアー2012」では、ブランドの最高峰、世界ヘビー級王座をかけたタイトルマッチがおこなわれる予定だ。

 6月17日におこなわれたPPV「ノー・ウェイ・アウト」で世界ヘビー級王座を防衛したのは、WWEにおけるアイルランド人で初のチャンピオン、シェイマスだった。シェイマスは当初、“ドス・カラスJr”アルベルト・デル・リオの挑戦を受ける予定だったが、デル・リオが試合中の脳震盪の影響により大事をとって欠場。急きょおこなわれた次期挑戦者決定フェイタル・フォー・ウェイマッチを勝ち抜いたドルフ・ジグラーを退け、ベルトを守り抜いたのである(デル・リオはその後復帰し、来日には問題ない模様)。

 王者・シェイマスにとって次なる関門は7・15PPV「マネー・イン・ザ・バンク」か。ここを突破すれば、2度の来日ともチャンピオンということになる。初来日は2年前、2010年8月の日本公演だった。このときはロウブランド所属でWWE王者として参戦、ランディ・オートンを相手に、王座防衛に成功している。

 最高峰に位置する2大王座をすでに獲得しているシェイマス。8月の来日もチャンピオンとしての登場となれば、これは快挙である。こんなスーパースターはなかなかいるものではない。では、シェイマスとはいったいどんなレスラーなのか。あまり知られていないデビュー当初の経歴も含め、彼の足跡をたどってみよう。

 シェイマスは2002年5月にアイルランドでデビュー。2004年12月に英国FWAのブリティッシュヘビー級王座に挑戦し、初のタイトルマッチをおこなった。2005年3月には地元の団体IWW(アイリッシュ・ホイップ・レスリング)でインターナショナル・ヘビー級王座を初戴冠。一度転落するものの、かつてWWEに在籍したディーロ・ブラウンから王座を奪回。2007年夏には同王座を返上し、アメリカに渡った。WWEと育成選手契約をかわし、ファーム団体のFCW(フロリダ・チャンピオンシップ・レスリング)で修業を積むことで、WWEスーパースターへの道をめざしたのだ。

 FCWでヘビー級王者となり、WWEのダークマッチにも何度か出場したシェイマスが満を持して1軍デビューを果たしたのが、2009年6月の末だった。当時存在したECWブランドに登場し、ゴールダスト、シェルトン・ベンジャミンらとの抗争で頭角を現すと、同年10月にはロウに登場。あのジョン・シナをターゲットとし、同年12月のPPV「TLC」におけるテーブルマッチで王者を、粉砕、WWE王者となったのである。

その後はオートン、HHHとも抗争を展開。対戦相手からしても、WWEのトップ戦線にいきなり食い込んできたことがわかるだろう。WWE王座は2度獲得し、2010年の「キング・オブ・ザ・リング」で優勝、キング・シェイマスも名乗った。今年1月には30人のなかを勝ち抜き「ロイヤルランブル」での優勝も果たしている。短期間で凄まじいばかりの実績を残しているのだ。

そして迎えた年間最大イベント4・1「レッスルマニア28」ではダニエル・ブライアンを破り、世界ヘビー級王座を奪取。この試合はなんと18秒で決着がついた。これはもちろん、レッスルマニアでのタイトルマッチにおける最短勝利。実績にプラス、レッスルマニア史上に残る記録まで作ったのだ。

以来、シェイマスは世界ヘビー級王座を保持しつづけている。5・20PPV「オーバー・ザ・リミット」では、デル・リオ、オートン、クリス・ジェリコといった強敵を抑え、勝率25%といわれるフェイタル・フォー・ウェイを勝ち抜き王座を死守した。最短時間で奪ったベルトを最長期間保持してみせる。これが現在の目標といったところか。

テーブルマッチでシナを葬ったことからもわかるとおり、シェイマスは大型ラフファイターでもある。身長198センチ、体重123キロの体格は大きな武器。それだけに、外国人ということも重なって、当初はヒールだった。が、WWEを代表するトップスターと闘ううちにベビーフェースとしての帝王学を吸収していく。昨年8月に“ワールド・ストロンゲスト・マン”マーク・ヘンリーと張り合ったのをきっかけに、WWEユニバース(ファン)は大きくて強いシェイマスをヒーローとして崇めるようになった。ベビーフェースに転向すると、スマックダウンの顔的存在にまで上り詰めるまでに人気が上昇したのだ。

必殺技は、ブローグ・キックとホワイトノイズ。ブローグ・キックとはいわゆるバイシクル・キックで、ブローグとはアイルランド地方の訛りのこと。ホワイトノイズは北アイルランド出身のフィンレーが使っていた変形デスバレーボムだから、ケルティック民族としての技の継承か。これらの技にいくシーンは、日本公演においても大きな見せ場となることだろう。

肌の白さからきたニックネームは“グレート・ホワイト(偉大なるシロザメ)。WWE登場から3年、初来日から2年、8月の両国2DAYSは、段階を踏んで巨大化していくシェイマスの存在感を存分に堪能できるチャンスだ。            
(新井 宏)

wwe_02.jpg


コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。