【注目!日本公演特集コラムVol.2】全日本の常連外国人ジョニー・エースから、WWEのGMジョン・ローリネイティスへ! “凱旋帰国”と“初来日”が注目の同時発生! [WWE]
【日本公演特集コラムVol.2】

全日本の常連外国人ジョニー・エースから、WWEのGMジョン・ローリネイティスへ!
“凱旋帰国”と“初来日”が注目の同時発生!

■公演名:『WWE presents スマックダウン・ワールドツアー2012』
■開催日時:2012年8月9日(木)・10日(金)[両日共19時00分開始]
■会 場:両国国技館
■詳細・チケット申込はコチラ!

wwe_01.jpg


 8月9日(木)&10日(金)、東京・両国国技館(両日とも午後7時開演)で開催される「WWE presents スマックダウン・ワールドツアー2012」に、ジョン・ローリネイティスの参加が決定した。
 ローリネイティスは、ロウ&スマックダウン、両ブランドのジェネラルマネージャー(GM)。今年4月におこなわれた年間最大イベント「レッスルマニア28」でチーム・ローリネイティスを率い、セオドア・ロングのチーム・ロングを制し両ブランドのGMに正式就任した。そして今回、スマックダウンGMの立場で日本公演に“初来日”することになったのだ。外国人には“スモーアリーナ”として知られる両国国技館でどんな手腕をふるうのか。ローリネイティスの登場は、今回の日本公演における大きな見どころのひとつになっている。ローリネイティスにとって、こんどの来日はある意味“凱旋帰国”になるからだ。

 たとえWWEでのローリネイティスを知らなくても、ジョニー・エースと聞けばピンとくるプロレスファンも多いだろう。ジョニー・エースとは、かつて全日本プロレスで活躍した外国人選手のひとり。スタン・ハンセンと並ぶ、日本育ちの大物外国人レスラーである。その彼が世界最大のプロレス団体WWEを取り仕切るGMとして来日するのだ。どこが変わってなにが変わらないのか、古くからのファンにも見逃せない、ジョニー・エース=ジョン・ローリネイティスの登場である。

 ローリネイティスは1986年にNWAフロリダ地区のFCW(フロリダチャンピオンシップレスリング)でデビューした。80年代を代表する名チーム、ザ・ロードウォリアーズのアニマルを兄に持ち、弟のターミネーターもプロレスラーというレスリングファミリーの出身である。デビュー当初はヒールだったエースだが、シェーン・ダグラスとのダイナミックデューズでアイドル系のタッグチームにキャラチェンジ。弟のターミネーターとも組み、WCWで名を馳せたナスティボーイズとFCWでタッグ王座を巡り争ったこともある。

 初来日は88年8月の全日本プロレスで、その後は日本が主戦場となっていく。小橋建太とのチームで人気を博し、実力も上昇。90年9月と91年7月には小橋&エース組でアジアタッグ王座を奪取した。エースがスティーブ・ウィリアムスとのチームで96年9月に世界タッグ王座を獲得したのだが、小橋とのコンビも復活し、世界タッグ王座戦線にも小橋&エース組で進出した。97年5月には川田利明&田上明組から奪取し第32代王者となると、スティーブ・ウィリアムス&ゲイリー・オブライと組に奪われるも、97年10月に奪回。2度の世界タッグ王座に就いている。その後、99年6月にエースとしてはバート・ガンとのコンビで小橋建太&秋山準組から世界タッグ王座を獲得。同年7月の日本武道館で大森隆男&山善廣のNO FEAR(ノー・フィアー)にタイトルを明け渡すと、2000年には引退し、マットを去った。ちなみに、シングルプレーヤーとしても98年に三冠ヘビー級王座に挑戦している。

 その後はアメリカに戻り、WCWのフロント入り。WCWが崩壊するとWWEに移り、レスラーの発掘、採用を担当するようになった。WWEの副社長でもあり、ビンス・マクマホン会長からの厚い信頼も受けている。

 そして昨年の夏あたりから、ローリネイティスが番組の登場人物としてリングに上がる機会が増えてくる。当初はロウの臨時GMの肩書で、CMパンク、HHH、ケビン・ナッシュらとの絡みを見せた。しだいに権力を増していくと、ロウにとどまらず、今回来日するスマックダウンをも配下におさめることに成功する。現役ではなくとも、事実上のトップはローリネイティス。そう言っても過言ではないだろう。

 そのローリネイティスが、現役でもないのに試合をおこなった。しかもその相手がWWEの看板選手であるジョン・シナ。5月20日におこなわれたPPV「オーバー・ザ・リミット」での出来事である。ブランクが大きいだけに、試合はシナ有利で進んでいった。ところが、最後の最後にきてローリネイティスの権力がモノをいう。数日前に理不尽な理由から解雇したばかりのビッグショーが乱入。ローリネイティスをアシストし、シナのピンフォール負けを現出させたのだ。ビッグショーは再契約のため、ローリネイティス側へ寝返ったのである。この策略により、ローリネイティスの力はますます強大になっていく。ローリネイティスとビッグショーのコネクションが、次回PPV「ノー・ウェイ・アウト」(6月17日)から8月の日本公演にかけて猛威を振るうことは十分にあり得る。この期に及んでジョニー・エース(ジョン・ローリネイティス)が注目の的となるなど、誰も予想できなかった。両国のリング上からローリネイティスが理不尽な振る舞いでジョニー・エース時代の“ピースサイン”を見せるのか。WWEユニバースにも日本のプロレスファンにも、ローリネイティスの動向は見逃せない!            (新井 宏)

wwe_02.jpg


コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/280289107
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。