「初代タイガーマスク基金」活動報告&チャリティーパーティー開催!記者会見では、3.16。“邪道”大仁田厚戦には「救急車を用意しろ!」[リアルジャパンプロレス]
「初代タイガーマスク基金」活動報告&チャリティーパーティー開催!記者会見では、3.16。“邪道”大仁田厚戦には「救急車を用意しろ!」


大会名:リアルジャパンプロレス『DAYBREAK〜黎明〜』
■開催日時:3月16日(金)18:30開始
■会場:後楽園ホール
大会詳細とチケット申込みはコチラ!


昨年11月に設立された「初代タイガーマスク基金」の活動報告会見ならびにチャリティーパーティーが23日、都内にて行われた。


 当初は自然に広がった善意の運動に自身が出て行くことを躊躇したという初代タイガーだが、松永修岳・初代タイガーマスク基金代表、そして新間寿・初代タイガーマスク基金顧問会会長に「これは宿命であり運命」と諭されたことから活動を決意。基金を設立して養護施設への寄付や訪問、プロレス大会への子どもたちの招待など精力的に活動している。
 かねてよりこうした慈善活動は行っていた初代タイガーだが、「タイガーマスクとしてこの活動を行うことで、子どもたちに夢や勇気を与えることができる」と虎仮面の力を改めて実感したといい、「子どもたちには勇気が何よりも大事。毎日忙しい限りですが、非常に幸せです」と充実した表情だった。

 さらに会見では郷里である山口県下関市の市長を表敬訪問し、巌流島観光親善大使に就任したことを報告。来たる5月5日には巌流島での大会を予定しているが、初代タイガーは「市を上げてやる大きなイベントなので、合宿もやって体調を整えて臨みます。すごく盛り上がっていて責任があります」と気を引き締める。

 そして初代タイガーマスク運動に関しては、「もっともっとたくさんの施設を回ったり、世の中の人々に慈愛を取り戻していきたい。やりがいがあります。日本のためにやっていきたい」と話し、いっそうの展開を誓っていた。


 また、3月16日に行われるリアルジャパンプロレス「DAYBREAK〜黎明〜」(東京・後楽園ホール)で“邪道”大仁田厚とのシングルマッチが決定している初代タイガーは、この対戦について問われると「救急車を呼んでおいてもらわないと」などと話し、対戦決定時と同様、大仁田に再び警告を発した。

 対戦発表会見では「おそらく全てにおいて“可哀相”なことになるんじゃないかと思います」といった言葉が相次いだ初代タイガーだが、この日もその舌鋒は衰えず。
「“危ないですよ”ということしか言えないです。“邪道”とかどうのこうの言ってるけど通じませんよ。5秒で終わるかもしれない」と絶対の自信を見せる。
 前述の巌流島イベントをにらみ、「今回は相当練習します。ひざもよくなってグラグラしなくなったし、思い切り蹴れてこんなに嬉しいことはない」と、大仁田の“蹴殺”も匂わせていた。

 大仁田は初代タイガーに明日24日に行われる自身のデビュー35周年記念ツアー大会(東京・新宿FACE)への来場を呼び掛けているが、タイガーはこれに行くとも行かないとも明言せず。邪道流の揺さぶりに動じるところはなかった。
「僕はそんなに甘い男じゃないですよ」
“邪道”をまるで意に介さないかの様子を見せたタイガーだが、試合へ向けては殺気を漂わせながら微笑んだ。

 また、会見に続いて行われたパーティーではプロレス好きとして知られる野田佳彦首相からメッセージが届き、アニメ「タイガーマスク」の主題歌「行け! タイガーマスク」を当時250万枚を売り上げた森本英世氏(当時の名前は新田洋)が熱唱すると、会場は手拍子で1つとなっていた。



コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。