【UFC JAPAN特集コラムVOL.2】UFCで活躍する日の丸ファイターの真実!@ 秋山成勲と山本“KID”郁徳の勇姿を見逃すな!! [UFC]
【UFC JAPAN特集コラムVOL.2】
UFCで活躍する日の丸ファイターの真実!@
秋山成勲と山本“KID”郁徳の勇姿を見逃すな!!
(構成・文:高須基一朗)

ufc_japan.gif

■大会名:UFC JAPAN
■開催日時:02月26日(日)10時00分開始
■会場:さいたまスーパーアリーナ
★大会詳細とチケット申込みはコチラ!


2月のUFC-JAPAN開催までいよいよ2週間ばかり。

今週は、そのUFC JAPANに出場予定で世界のトップファイターと真っ向勝負、臆する
事無くぶつかり合う試合を観せてくれる知名度抜群の日本人ファイターを二人、紹介したいと思う。

K-1が主催した総合格闘技イベント「HERO☆S」(2005年〜2007年)でチャンピオンに上り詰めた秋山成勲選手(以下、秋山選手)と山本“KID”郁徳選手(以下、KID選手)の2人だ。

格闘技ファンならば、誰もが知るファイターだが、格闘技を知らない人でも、2人の名前は聞いたことがあるのではないだろうか!?

この二人は、そのHEROS初代チャンピオンの肩書きを持ち、世界トップレベルの舞台
でも通用する日本人ファイターである。そして、この二人、歩んできた格闘家人生の道が非常に類似している。

当時は、メジャーイベント大会になると、階級も大きな括りでヘビー級、ミドル級、
ライト級と今現在の日本格闘技の主流となる階級の細分化、さらには軽い軽量級の制
定は無く、大きくは3種類の体重規制しかなかった。秋山選手は85KGの体重制限のミ
ドル級で初代チャンピオンに輝き、KID選手は70KGのライト級でチャンピオンに輝
いた。この二人、その持ち前のルックスの良さも際立ち、チャンピオンに輝いた際に
は、芸能人と同等の扱いで、各局から地上波テレビ出演のオファーが殺到し続けた格
闘家でもある。この職業を煌びやかで華やかなものにした選手として代表してあげら
れる。
当時は現役格闘家であった須藤元気(現在はテレビタレント、パフォーマー)とHERO
☆Sライト級決勝戦の舞台で戦い見事に勝利し、チャンピオンに輝いたのがKID選手。

そして、ミドル級では最強の呼び声高かったオランダの勇、メルビン・マヌーフを相手に一本勝ちで勝利したのが秋山成勲選手。

ともに強豪相手に激戦を乗り越え、有終の美を飾ったことも当時では大きく話題になった。

その後、HERO☆Sが事実上消滅し、新たな総合格闘技イベント「DREAM」が旗揚げされると、両者ともに、このDREAMを主戦場に活躍。

ここでも、連戦連勝の破竹の勢いは止まる事を知らず、その実績をかわれ、満を持して世界最高峰と称されるアメリカ総合格闘技大会のUFCへ挑戦。秋山選手はKID選手より早い段階で、2009年にUFC100回目の記念大会で米国デビュー。アメリカ人強豪ファイ
ターのアラン・ベンチャーを相手に僅差ではあったものの判定の末にデビュー戦を勝利し、さらに大会運営者よりファイトオブザナイト賞を獲得し、なんと驚きの10万ドルのボーナスまでもらうほどの壮絶な殴り合いの試合を見せた。

ただ、この試合で秋山選手は眼窩底骨折の大けがをして即刻手術。長期離脱を余儀なくされた。同様にKID選手が練習中に膝を故障。2008年から09年までは怪我で戦線離脱。

30代に入り、両者共に格闘技人生において、勢いとどまる事ない絶頂期、と思われた矢先の大怪我。選手生命を脅かす大怪我をした二人だが、その苦難も乗り越え、現役続行を決断し復帰!自国開催となる本大会において、会場のボルテージを最高潮に高めてくれる激闘を繰り広げてくれることは間違いない!


コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。