初代虎仮面が福島で“タイガーマスク運動”」[リアルジャパンプロレス]
★★初代タイガー会見IMG_6916.JPG


「初代虎仮面が福島で“タイガーマスク運動”」

初代タイガーマスクこと佐山サトルが13日、福島市を訪れ、放射線の簡易検出器500個を福島県全私立幼稚園協会の関章信理事長に寄贈。協会を通じ、福島、茨城両県の幼稚園に配布されることになった。

昨年、全国的に広まった“タイガーマスク運動”にならい、従来から行っていたチャリティー活動に加え、ちびっこたちの支援にも立ち上がった佐山氏。以前から交流のあった海外壮年協力隊を通じ、元東方神起である韓国の男性グループ「JYJ」によるチャリティーコンサートの収益金など2000万円を委託されたという。 
   
「自分はずっとタイガーマスクというイメージを背負って生きてきた。今後も何らかの形で貢献できたら」と、今後も“リアル・タイガーマスク運動”の継続を誓った佐山氏は、以前行って大好評だった岩手・宮古でのプロレスイベントをはじめ、今後も精力的な活動を行っていきたいと語った。


<コメント全文>

初代タイガーマスク「お付き合いがある海外壮年協力隊に頼まれて、元東方神起のJYJのチャリティーコンサートの収益金を委託され、放射線の簡易検出器500個を福島県全私立幼稚園協会に寄贈させていただきました。今後は協会を通じ、福島、茨城両県の幼稚園に配布されることになると思います。この前(8/25)、盛岡県宮古市でチャリティーマッチを開催いたしましたが、また12月にも行く計画もしています。現地では子供たちの明るい笑顔と、青年団の方々の、ご努力と頑張りで生まれ変わって前へ進んでいます。子供たちは将来的にはPTSDなども出てくるだろうけれど、精神的なケアの面でも自分も力になりたいと思っています。自分はタイガーマスクというイメージを背負って生きてきていますので、今後も何らかの貢献が出来れば。チャリティーマッチも続けていく予定です。


コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。