【4大インタビューその4)長州力】超満員記録更新中!レジェンド・ザ・プロレスリング名古屋・札幌シリーズに向けて![レジェンド・ザ・プロレスリング]
長州 力 特別インタビュー
レジェンド・ザ・プロレスリング 名古屋&北海道シリーズ(函館、札幌、厚岸郡浜中町)に向けて!“名勝負数え唄、再び!” 革命戦士・長州 力が、藤波辰爾との一騎打ち連戦への意気込みを語る!

 1月10日の後楽園ホール、5月7日の大阪府立体育会館で昭和のファン、そして今のファンを熱狂させたレジェンド・ザ・プロレスリングにおける藤波辰爾vs長州力の名勝負数え唄の復活。日本全国のファンのラブコールに応えるべく、今度は名古屋、北海道に上陸することが決定した。そして9月23日の名古屋国際会議場イベントホール、10月30日の札幌テイセンホールでも両雄の一騎打ちが行われる。これまで2連敗を喫している長州の藤波に対する想い、レジェンド・ザ・プロレスリングに対する想いとは…。
<聞き手=プロレスライター/小佐野景浩>

★大会詳細とチケット申込みはコチラ!


★長州力CP3D1166SP.JPG



――レジェンド・ザ・プロレスリング、後楽園ホール、大阪府立体育館(第二)、超満員の盛況。立ち上げのコンセプトは“プロレスの復興”でしたよね。

長州 みんな、この業界の中で遠回りしたよ。いろんな部分で遠回りした。それがどこかでバッタリ(この3人が)会ったんだろうな。会った時は時間も経ってるし(微笑)。だから「最後ぐらい同じ方向でやれるんだったら…」っていう話で、レジェンド・ザ・プロレスリングが始まった。この世界に近道があるのかどうかわからないけど、みんな遠回りしたんじゃないの?
“プロレスの復興”?そんな重いもんじゃないよ。せっかく3人が同時に会ったんだから「何かやれるんじゃないか」っていう。そこからですよ。そうしたら人生の中で経験するかしないかっていうような震災もあったし。立ち上げてスタートしたのは1月なんだけど、ビックリしたよね。ホント、開催地候補の中には東北も入っていたんだけど…来年、九州が終わったら入ろうと思っています。

――このレジェンド・ザ・プロレスリングは、プロレス復興であると同時に震災の前からボランティアをやっていくというのもテーマだったと思います。

長州 ボランティアっていうのは俺たちにとって重い言葉だよね。まあ、出来ることがあるんだったら、それはもう進んでいこうと。みんな個々でやっている最中です。俺たち3人(長州、藤波、初代タイガーマスク)に、貢献が出来ることもあるんじゃないかなって。だから素直に出来るよね。

――さて、レジェンド・ザ・プロレスリングは、1月10日の後楽園、5月7日の大阪を経て、9月には名古屋、北海道を回ります。

長州 新春からやって、今年は早く感じているよね。日が経つのが凄く早く感じていて、頭の中では九州ぐらいまであったんだけど、時間かけてゆっくりゆっくりやっていこうっていうのが、今、微妙にいい具合になっているのかな。今は身軽だよ。藤波さんも単体でドラディションやったり、佐山(初代タイガーマスク)も、リアルジャパンやっているから、ゆっくり時間をかけて決まったものを打ち出していける。それが俺たちのメリットかもしれないね。だから、そんなに重いものが出るわけでもないし。これが、今から20〜30年前だったら爆弾ばっかり考えていたけどさ。今はそういうものも要らないし、個々の価値観と考え方だけで。

――肩に力が入らない自然体というか…。

長州 ここ2〜3年いろんな団体を見てるけど、しんどいよね。各団体、動かしてるものがデカイからさ。レジェンドはそんなにものを抱えて動いているわけではないから非常に良い感じでやってるよ、ウン。藤波さんや佐山の価値観や考え方で動かしているだけだから。大きく団体で動いていくんだったら、しんどいと思うけどね。そこのところで今はまだプロレス業界は大変な時期だよね。でも、この業界は根強いからね、潰れることはないんだよ。好きな奴がやっていれば潰れることはない。これは間違いない。

――レジェンド・ザ・プロレスリングの場合、1月も5月も超満員でしたけど、長州さんとしてはどう分析していますか?

長州 それはね「最初はイケる!」っていう確信はあるよ、最初はね。まあ、最初言ったように時間があるから、この1年は種を撒いているのかなって。来年は試合数増えますよ。この状態で試合数が増えるから、まだ各団体よりも楽だよね。

――レジェンドには懐かしさで来るファンもいますけど、若いファンにとっては新しいものだと思います。

長州 そんなにキバって、どうのこうのっていうものを打ち出すつもりはないですよ、ホントに。でも間違いなく時間をかけて「石橋叩いてでも…」っていうのが強味…。っていうもんでもないんだけど、やっていけるっていう。荷が軽いっていう。それと3人の「やってみよう!」っていう気持ちに強いものがあるから。ある部分では楽しんでいるかもしれないね。リングの中は別だけど、ある部分で楽しんでいる。何か…今のこの時代だったら、間違いなく俺たちしかできないんだろうって。そういうものを10年後、20年後には今の選手がやっていくかもしれないね。

――レジェンドの前段階として、ドラディションやリキプロ、リアルジャパンで組んでいた頃に長州さんの方から藤波さんに「集大成として一騎打ちを付き合ってください」というラブコールがありましたが…。

長州 もう集大成は通り越してるよ、時間は通り越してる、ウン。

――でも長州さんの口から「一騎打ち」という言葉がポンと飛び出したというのは?

長州 あのままで行ってたら、多分、何の変化もないだろうし、ある意味では俺自身は疲れちゃう。「しんどいな」っていうのはあったよね。何て言うのかな、インパクト、刺激がないっていう。やっぱり何十年経ってもリングに上がる時の気持ちっていうのは、俺は変わらないからね。どういう状態だろうが、リングに上がる前の気持ちっていうのは、何十年前も今も変わらないですよ。それで「リングの中は怖いな!」って感じる時もあるし。そういうものがあるから「これはもうヤバイな!」と思うことがあったら黙ってリングを降りるよ。もう、1回引退してんだから、ああだこうだやるつもりはまったくない。だから、やれるだけのことはやってリングに上がるつもりではいるよね。藤波さんのところだろうが、佐山のところだろうが、上がる時の感覚は昔とまったく変わらないですよ。

――そういう意味で言ったら、藤波さんとは組むよりも戦った方が…。

長州 そうですね。やっぱり、ぶつかった時の刺激っていうのが自分を安心させるんだよね。どういう動きになろうが、どういう状況になろうが、自分を安心させることが出来る。多分、彼もそうじゃないかと思いますよ。

――刺激であり安心、ですか?

長州 俺、一番「クソーッ!」と思う時は、そのリングの上でのテンションと自分自身の動きがギクシャクした時だよね。気持ちと体のギャップって言うのかな。流れが作れなかった時は凄く後悔して腹立たしいよね。作れないんじゃなくて諦めたり…。これは自分にしかわからないじゃん。「なぜ、ここで止まったんだろう?」「なぜ、ここで行っちゃったんだろう?」とか。そういうのがあるよね。それはもう現実問題としてしょうがないことであって。30年前と同じだったら凄いよ(苦笑)。ただ、そういう姿勢だけはもう、昔と変わらないですよ。


lp201109nagoya-poster.jpg


――藤波さんは1・10後楽園の試合については、直前に手術もあってコンディションを作れずに悔いが残ったと言ってましたね。

長州 多分それはおんなじ、おんなじですよ。それは勝ち負け関係なく。俺は「彼は後悔してるんだろうな」、藤波さんも俺に対して「後悔してるな」って…感じ方は一緒ですよ。

――実際問題、久々に一騎打ちをした感触はいかがでしたか? やっぱり「ああ、藤波辰爾だ!」と?

長州 それは前からタッグでやっていた時から感じてましたよ。組み合う時の呼吸とか、動いた時の間っていうのが、凄く安心感がある。ただ、その間の中で考えていることと、自分の動きのギャップにジレンマはあるよね。「この間でなぜ行けなかった」「この間は違った」とかはあるよ。まあ、基本的に辛いのは…感情が出てこないよね。

――昔のようなガーッというものが?

長州 出し切れない。何でだろうな? まあ、それもやっぱり…丸くなったんだろ(苦笑)。

――昔とは状況も違いますしね。

長州 今度、まず名古屋があるでしょ?「名古屋の前に何試合かあれば楽だなあ」とは思うよね。何試合かやって、それ(一騎打ち)を迎えたいっていうのはあるよね。そこんとこはちょっと、しんどいというか。

――藤波さんは「長州とやると、体が本能のままに反応する」と言ってます。

長州 それはあるね。呼吸とか、間とか、そういう部分では、彼は俺に合わせているんだろうね。スイングとは違うんだよ。スイングしたらおかしくなっちゃうよ。でもまあ、シングルは日本全国をある程度、回ったら打ち止めって感じだよね。今はずっとシングルやっていきたいですよね。

――現在、長州さんは2連敗ですが…。

長州 関係ない。関係ないって言うのはおかしいけど…今度は先に行きたいよね。よくファンが言ってるんだけど、俺の方が勝率いいと思ってるんだよね(実際は藤波が11勝5敗2分4無効試合でリード)。でも、物凄い差があるんだよ(苦笑)。今から来年までやったって追いつかないぐらいの差があるんだけど。だから大変なのは彼の方だよ。

――かつての名称数え唄は長州さんのインパクトが強かったですからね。

長州 だから彼の方が大変なんですよ。ああだこうだって攻めてる方が勢いよく見える。それを受け止めるのは大変ですよ。俺だったら無理だよ(苦笑)。

――今回は名古屋、札幌と2回のシングルがあるんで、今年に入ってからの成績を2勝2敗のタイに持ち込めますよね。

長州 タイにしたいね。やっぱりポイントになるのは感情ですよ。感情ばかりが空回りしても駄目だろうし、感情なくして試合だけがスイングしても「えっ、こんなもんだったの?」ってなっちゃうだろうし。まあ、難しいところですよ、ウン。

――1週間でシングル2回というのは…。
長州 でも、その方がいい。時間が空くよりいい。いくらトレーニングしてもリングの中とはまったく違うからね。おんなじ人間とずっと戦い続けるのはしんどいんだけどね。
――あの名勝負数え唄時代は、試合ごとに戦法を変えようとか思っていたんですか?

長州 いや、そういうのは出来なかったね。年間260試合やっていたんだから、何をどうやって変えるんだよ? だから、その場その場の感覚で。ホント、途中から逃げたくなったもんな(苦笑)。だから、どこで何をやったか覚えてないよ。それはマスコミが調べてくれればいいから(苦笑)。

――そして甦った名勝負数え唄は過去への郷愁ではなく現在進行形ですか?

長州 それは当然だよ。それは当然。もう、過去を語るのはリングを降りた時だよ。別にしぶとく粘っているわけでもねぇし。もう、こういう考え方になっちゃっているんだから。今、藤波さんとの闘いで見せたいものっていうのはさ…たくさんありそうで、まったくないのかなっていう、ウン。まずは間違いなく言えるのは、リングの中でも降りてもライバルだよね。人生の中に良くても悪くても意識する人間がいるのか、いないのか。いない人たちっていうのはどういう人生を歩んでいるのかって思うよね。俺にはたまたまこういういう凄いライバルが目の前にいて、常に…お互いに遠回りしていても藤波辰爾っていうものを意識してるっていう。それは間違いないことだね。それは俗に言うライバルなんだろうね。どっかで「負けたくない!」っていう感情は間違いなくある。いろんな意味において「負けたくない!」って、ウン。

――そういうのがリングに滲み出てくるんでしょうかね?

長州 やってる俺にもわかんないよ。でもこうやって、まだやってるわけだから、あと何試合出来るかわからないけど…。

――藤波さんは「どっちかが勘弁してくれ言うまでやる」と言ってました。

長州 言わないよ、ウン(苦笑)。ホントの頑固っていうのは…藤波辰爾の方が頑固だよ。ホントの頑固さを持ってる。やっぱプロレスの中では、彼は天才だよ。プロレスをよく理解している。まあ、彼の理解力と、俺のプロレスに対する理解力は、多分、まだ平行線だと思うよ(苦笑)。それはどこかで一致するのかもしれないけど、一致した時はつまんないよ。つまんない。このまま平行で走ってる方がいい。彼のプロレス観と俺のプロレス観は違うと思う。それを合わせたら、こういうシングルもないだろうし、ウン。そういうところだよね。
<聞き手=プロレスライター/小佐野景浩>


『LEGEND THE PRO-WRESTLING 2011』
■開催日時:2011年9月23日(金・祝)開場15:00/開始16:00
■開催場所:名古屋国際会議場イベントホール
■チケット:
VIP席:10,000円
S席:7,000円
A席:5,000円
【対戦決定カード】
<メインイベント シングルマッチ60分1本勝負>
★藤波辰爾vs長州力

<セミファイナル シングルマッチ45分1本勝負>
★初代タイガーマスク vs 小林邦昭

<第4試合 タッグマッチ30分1本勝負>
★ウルティモ・ドラゴン&AKIRAvsエル・サムライ&高岩竜一

<第3試合 タッグマッチ30分1本勝負>
★藤原喜明&タイガー・シャークvsアレクサンダー大塚&青柳政司

<第2試合 6人タッグマッチ20分1本勝負>
★ヒロ斉藤&長井満也&ベアー福田vs本田多聞&泉田純至&菊地 毅

<第1試合 シングルマッチ20分1本勝負>
★倉島信行vs斎藤彰文


『LEGEND THE PRO-WRESTLING 2011』 
■開催日時:2011年9月29日(木)開場17:30/開始18:30
■開催場所:函館市民体育館
■チケット:
VIP席:6,000円
S席:5,000円
A席:4,000円
【対戦決定カード】
<メインイベント タッグマッチ60分1本勝負>
藤波辰爾& AKIRAvs 長州力&石井智宏

<セミファイナル タッグマッチ45分1本勝負>
 初代タイガーマスク&タイガー・シャークvs藤原喜明&空牙

<第4試合 シングルマッチ 30分1本勝負>
長井満也vsアレクサンダー大塚

<第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
大森隆男&菊地毅 vs 関本大介&本間朋晃

<第2試合 シングルマッチ 20分1本勝負>
本田多聞 vs 斎藤彰文

<第1試合 シングルマッチ 20分1本勝負>
泉田純至 vs 倉島信行


『LEGEND THE PRO-WRESTLING 2011』 
■開催日時:2011年9月30日(金)開場17:30/開始18:30
■開催場所:札幌テイセンホール
■チケット:
VIP席:8,000円
S席:6,000円
A席:4,000円
【対戦決定カード】
<メインイベント シングルマッチ60分1本勝負>
藤波辰爾 vs 長州力

<セミファイナル シングルマッチ45分1本勝負>
初代タイガーマスク vs 空牙

<第4試合 タッグマッチ30分1本勝負>
 大森隆男&石井智宏 vs 関本大介&本間朋晃

<第3試合 タッグマッチ30分1本勝負>
藤原喜明&アレクサンダー大塚vs本田多聞&泉田純至

<第2試合 シングルマッチ20分1本勝負>
AKIRA vs 菊地毅

<第1試合 タッグマッチ20分1本勝負>
 長井満也&倉島信行vs タイガー・シャーク&斎藤彰文

『LEGEND THE PRO-WRESTLING 2011』 
■開催日時:2011年10月02日(日)開場15:00/開始16:00
■開催場所:厚岸郡浜中町総合体育館
■チケット:
VIP席:8,000円
S席:6,000円
A席:4,000円
【対戦決定カード】
<メインイベント6人タッグマッチ60分1本勝負>
藤波辰爾&長州力&初代タイガーマスク vs 藤原喜明&AKIRA&菊地毅

<セミファイナルタッグマッチ45分1本勝負>
大森隆男&石井智宏 vs 本間朋晃&関本大介

<第4試合シングルマッチ30分1本勝負>
長井満也 vs アレクサンダー大塚

<第3試合シングルマッチ30分1本勝負>
本田多聞 vs 倉島信行
 
<第2試合シングルマッチ20分1本勝負>
泉田純至 vs 不動山

<第1試合シングルマッチ20分1本勝負>
タイガー・シャーク vs 斎藤彰文





コメント

表示の状態の転換の表示:時計が基本的な表示の状態がある時、腕時計―の下で押して、過渡は月、日、週を明らかに示して、数秒間の後でもとの基本的な表示の状態まで(へ)自動回復をとき放しますしかし。3種類の基本的な表示の状態の変換:コピーが基本的な表示の状態がある時、現れることができる3種類の基本的な表示の状態。必要な表示の状態に異動になる時、時計べきなら固定は選んだ基本的な表示の状態の上にあります。
学校の注意事項を加減して、当12時間を採択して表示をつくることを表して、月大きさは自動的に変えることができて、学校を加減する必要がなくて、2月に学校―回を加減しなければならない閏年がだけあります。コピー電池あるいは検査と修理を替えた後に、もし時計は基本的な表示の状態がありませんならば、先に表示の月のディジタル表示を探し当てて、それから学校の月を加減してから項を追って学校を加減することを行います。
(2013-10-31 10:35)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。