【会見報告】初代タイガーマスクvs4代目タイガーマスク 激突は12.9だ![リアルジャパンプロレス]
“初代タイガーマスクvsタイガーマスク(新日本プロレス)”
究極の師弟対決で、《プロレスの復興を賭けた試合》をする!


初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス
『EXTREME』12月9日(木)後楽園ホール大会

★大会詳細とチケット申込はコチラ!

 11月16日(火)、興義館でリアルジャパンプロレスが記者会見を開催。12・9(木)後楽園ホール大会で行われる初代タイガーマスクvs4代目タイガーマスクの一騎打ちを向け、両者が会見に出席し、現在の心境を語った。

 6月に開催された『リアルジャパンプロレス5周年記念興行』で一度は決まっていた“猛虎対決”。しかし、4代目が頸椎を痛め試合を欠場し、待望の師弟対決は流れてしまった。
 ただ、初代はあくまでも弟子との対戦にこだわり、今回改めてオファー。4代目もその気持ちに応えて、仕切り直しの一戦が正式に決まった。

 もちろん2人の心にあるのは「プロレスの復興」と「ストロングスタイルへの情熱」だ。「“タイガーマスクとは何か?”を本当に出せる試合にしたい。派手なものだけを見て、それを凄いと言われている部分があるかもしれませんが、そんなことはない。“演じるのではなく、戦いの中で行われている”のがタイガーマスクの真実であります」

 会見の冒頭でそう宣言した初代の口からはさらに熱い言葉が続く。
「ポップコーンを食べ、ジュースを飲みながら、その場で喜ぶような試合ではなく、それらを置いて見入ってしまうような試合にこそプロレスの復活があり、本当の価値があるということを分かってもらいたい。そういう戦いを私の弟子であるタイガーマスクとしてみたい。これが私の切なる願いです。この試合に“今後のリアルジャパンが懸かっている”とは言いません。“プロレスが懸かっている”と思っています」

 自分の団体のためだけでなく、プロレス界全体のために、決戦に臨もうとしている初代は、肉体改造に着手。これまでは怪我などもあり、なかなか思うようなコンディションが作れないでいたが、今回は多忙の中でも時間を作って走り込みを続け、早くも3kgのダイエットに成功。試合までには10kg近く落とし、完璧なコンディションで弟子の前に立つつもりのようだ。

 対する4代目はまだ万全の体調とは言えないようだが、試合に対する思い入れは強く、そして深い。
「怪我はこの仕事につきものですけど、当然先生もそういうものを乗り越えてきているわけですから、僕が“ここが痛い”などと言ってられない。先日、道場で長州さんに会いましたら、“(初代は)かなり絞れているぞ”と話していました。本気でこの一戦に向かってきているんだなと感じています。先生が本気になった時の怖さは僕が一番知っていますし、萎縮する部分があるとは思いますけど、本物のプロレスを見せるためにはそれを取っ払わなくていけないと思っています」

 師匠を目の前にしても堂々と自分の思いを語った4代目からは挑発的なコメントも飛び出した。
「もしかしたら、初っ端から張り手をかますかもしれないし、何をするか自分でも分からない。この一戦は自分自身のためにもなるし、これからのプロレス界にも残っていく試合だと思っています。久々に戦うんですけど、自分自身でも楽しみです」

 負傷明けとはいえ、すでに新日本プロレスのシリーズにも出場し、GHCジュニアタッグ王者(パートナーは金本浩二)としてタイトルマッチも乗り越えてきており、心配はなさそうだ。
 その言葉から弟子の成長を感じ、目を細めた初代も決意を新たにした様子。
「彼は私の弟子だから、私の考えは全部分かっていると思う。これでプロレスを盛り上げることができるのならば、トコトン勝負にこだわって、物凄い試合をしたい。彼が超一流であることは分かっているので、中途半端な状態で臨むつもりはありません。ちゃんとした動きをする自信もありますし、進退を懸けるべき試合でもあるのかなと。まあ、弟子に倒されるなんてこんな本望なことはありません。戦えば自分の体調も分かるでしょうし、彼が超一流のさらに上を行く人間なのかも分かるでしょうし、意志を込めて戦うつもりです」
 もちろん4代目もそんな師匠の気持ちを受け止めた上で勝利を目指す。
「タイガーマスクとして、当時先生が培ってきた技術を、今は誰でもできると思われている部分では、逆に先生自身が“それは違うんじゃないの?”と思っているんじゃないですか。うわべだけじゃないよと。あれをやるためにはその下にちゃんとしたものがあるんだよって。僕はそれがストロングスタイルだと思うんです。基本がなければ何もできないよという。今、新日本プロレスもスタイル的にも変わってきていて、あまり、おちゃらけた試合ってないと思うんですよ。みんな“戦い”をテーマにしていますから。僕自身はいつも通りの試合をするつもりですし、反対に先生が飛ぼうとしたら潰しにいくかもしれない。この試合に“チャンスがあったら飛ぶ”なんてことは必要ないと思っているんで」
 さらに、会見終了後の囲み取材ではこんなことも語っていた。
「僕もタイガーマスクになって15年経ちましたから。そんなに若いわけでもないし、先生もまだ現役ですけど常に試合に出ているわけでもないですし。ここで師匠超えを果たさなければいけないんでしょうね。先生にはまだまだ負けないという気持ちもあるでしょうし。だから、超えたら淋しいんですけど、超えられなかったら悔しいでしょう…。僕にとっては物凄いテーマがある試合ですよね」

 複雑な心境を垣間見せた4代目だが、同時に「師弟対決をやる機会はもうほとんどないだろう」ということを自覚している。「先生の引退試合では僕が相手を務めたい」「リアルジャパンの若い選手にも期待しているし、戦ってみたい」という発言は、ある意味、“師匠越え”が自信の中でリアルになっている証拠でもあるだろう。

 表面だけを捉えると、「タイガーマスクvsタイガーマスク」という華やかな部分だけに目がいってしまいがちだが、この試合には「世代交代」や「ストロングスタイルの復興」という意味もしっかりと込められている。どんな結末になるにせよ、ひとつの区切りとなるであろうこの試合には、果たしてどんなが結末がまちかまえているのだろうか?

 なお、折原昌夫のアピールを受けて、折原&ブラックタイガーvsタイガー・シャーク&ブラック・シャドー戦も正式に決定した。折原はこの試合を新設のタッグタイトル戦にしたいと宣言しているが、初代は「とにかくプロレスの復興が第一。ストロングスタイルの試合をやってくれるんであれば認めますけど、学芸会のような試合であったら認めない」と条件を提示した。これを受けて、折原たちがどんな反応を見せるのかにも注目したい。

初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス
『EXTREME』
12月9日(木)東京・後楽園ホール開場17:30開始18:30
■決定対戦カード
▼タッグマッチ
折原昌夫、ブラックタイガー
vs
タイガー・シャーク、ブラック・シャドー
■既報対戦カード
▼スペシャルシングルマッチ
初代タイガーマスク
vs
タイガーマスク
■出場予定選手 太陽ケア(初参戦)、藤波辰爾、長州力、天龍源一郎、鈴木みのる、長井満也、ウルティモ・ドラゴン、スーパー・ライダー、スーパー・タイガー、ザ・グレート・サスケ、グラン浜田、石川雄規、アレクサンダー大塚、ケンドー・ナカザキ、間下隼人、齋藤彰文
■チケット VIP席12,000円(特典付)、RS席8000円、A席6000円、B席4000円
※来場者全員に初代タイガーマスク本大会特製ポートレートをプレゼント


コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。