【WWE2010年8月来日公演特集コラムB】WWE両国2DAYSで、“日本人スーパースター”ヨシ・タツの凱旋&初来日!真のスーパースターへと飛躍するターニングポイントを見逃すな![WWE]
 WWEのスーパースターとなった日本人ヨシ・タツが、8月20日(土)&21日(日)に東京・両国国技館で開催される「WWE RAW presents サマースラムツアー2010」で待望の凱旋帰国を実現させる。ヨシ・タツとは、元・新日本プロレスの山本尚史。現在ではWWEにおける唯一の日本人として活躍中で、ヨシ・タツとしては“初来日”ということになる。
(構成・文:新井宏)



★公演名:『WWE RAW presents サマースラムツアー2010』
★公演日時:8・20(金)19時00分開演
      8・21(土)18時00分開演
★会 場:両国国技館

★公演詳細とチケット申込はコチラ!




©WWE


 新日本では2002年10月にデビュー。同期には中邑真輔、後藤洋央紀、田口隆祐、長尾浩志がいる。「IWGPヘビー級のベルトに憧れて」レスラーになったという彼には、「どうしても抜けないだろう」という同期がいた。08年2月の両国大会、中邑真輔が元・WWEのスーパースター、カート・アングルを破りIWGPヘビー級のベルト問題に決着をつけた。オリンピックのゴールドメダリストでもあるアングルを倒した中邑の姿を見て、「いまのままでは試合内容でも存在感でも勝てない」と痛感したという。

さらには、もうひとりの同期である後藤洋央紀からも刺激を受けた。後藤はこれまでのメキシコ修業の常識を覆す姿で凱旋。メキシコで体を見違えるほど大きくし、逞しさを数倍増して帰ってきた。ジュニアだった男が、ヘビー級に転向、しかもIWGPヘビー級王座に挑戦できるほど強くなっていたのだ。

「体格や雰囲気が全然変わっていて、あれだけ強くなったのに、棚橋(弘至)や中邑を超えたわけではない。自分が彼らを抜くにはどうするべきなのか。そう考えたときに、世界で一番のWWEに上がって、そこで名を上げればいいのではないかと思ったんです」

 07年11月からアメリカに遠征していた彼は、08年4月にWWEの育成選手として契約に至る。しばらくはファーム団体FCW(フロリダチャンピオンシップレスリング)での修業が続いたが、09年6月30日、ついにECWブランドでのデビュー戦へとたどり着いた。ここでは身体能力ならWWEナンバーワンともいえるシェルトン・ベンジャミンから衝撃の勝利。以後、ECWのベビーフェースとして徐々に人気を高めていく。

 1軍デビューから4ヵ月後の10月27日には、クリスチャンの保持するECWヘビー級王座に挑戦のチャンスを得た。惜しくもメジャータイトル奪取こそならなかったが、ECWのテレビ放送にレギュラー出演するようになっていく。ECWブランドは消滅したものの、番組最終回のメインではザ・ミズ&ビッグ・ショーのWWE統一タッグ王座に挑戦。ブランドを超えてやってきた王者に番組最終回で挑戦したということは、ヨシ・タツが“ECW最後の顔”になったのだ。

 ヨシ・タツの所属したECWはその後、「NXT」としてリニューアルされた。NXTとは次代のスーパースターを育成するWWEのニューブランド。後期のECWからはヨシ・タツをはじめ、シェイマスらが1軍デビュー、オリジナルECWのイメージは消え、次代のスーパースターを発掘する意味合いが大きかった。それだけに、ヨシ・タツたちがNXTへの橋渡しをしたことにもなるのだろう。

 今年4月におこなわれたドラフトにより、ヨシ・タツはロウブランド所属となった。このドラフトではロウがスマックダウンを上回るであろうスーパースター陣を獲得。そんなこともあって、現在のヨシ・タツはロウ所属ながら本編にはあまり絡んでいない。ロウの大会でおこなわれるその他の試合を収録した「スーパースターズ」枠か、ダークマッチへの出場が中心だ。
 それでも、ヨシ・タツ個人に送られる声援は大きい。ベビーフェースというポジションも理由のひとつとはいえ、ファンは彼の動きのよさから歓声を上げることのほうが多い。それは、実際にヨシ・タツの試合を現地で観ての実感だ。それだけに、こんどの凱旋帰国は山本尚史からヨシ・タツに生まれ変わった姿を確認する絶好の機会。ヨシ・タツ本人も、両国2連戦を今後を左右する闘いと捕えている。

なんといっても、発表されたカードが破格。初日があのクリス・ジェリコとのシングルマッチで、2日目がメイン。しかも現在のエースといえるジョン・シナと組み、シェイマス&ジェリコ組と対戦するのだ。

「お客さんに観てもらう試合ということだけでなく、オフィスにもメインでやれるんだとアピールする、とても重要な試合です」と、ヨシ・タツはいう。初日に闘うジェリコは日本を知り尽くした相手。WWEのスーパースターになって久しいが、来日公演のたびに日本で学んだテクニックを披露している。WWEでのキャラクターを守りつつ、日本向けのスタイルもやってのけるのだ。2日目に組む、ジョン・シナからはさまざまなアドバイスを受けるのだという。対角線にはシナを執拗に追いかけるシェイマスがいる。シナとシェイマスの抗争にヨシ・タツがどれだけ食い込めるかも、試合のカギを握りそうだ。



 日本公演をまえにした7月8日、ヨシ・タツはディーバのマリースとともに来日、記者会見をおこなった。この会見でヨシ・タツは、こんなコメントを残している。

「現時点でのロウの立場を考えたら不相応な扱いをしてもらってると思います。こんどくるときには、後ろめたさを感じさせないポジションになりたいと思います」

 ロウのメインストリームに絡んでいないにも拘らず、大々的な記者会見を開き、両国2連戦では主要カードに名を連ねた。しかも2日目はシナかシェイマスがWWEヘビー級王者である可能性が高い。そのなかでのメインイベント登場。それだけに、現在のヨシ・タツが凱旋ということだけで主役となっている事実に後ろめたさを感じてしまうのも無理はない。とはいえ、これをきっかけにロウの中心に割り込んでいく可能性は十分にあるのではなかろうか。

 本公演は「レッスルマニア」に次ぐ大きなPPV「サマースラム」(8・15ロサンゼルス)からわずか5日後。「サマースラム」までに、ヨシ・タツが本編に絡んでいる可能性だって捨てきれないし、「サマースラム」への出場もあるかもしれない。いずれにしても、両国2連戦は、真のスーパースターへの飛躍をかけたターニングポイント。その瞬間を目撃するためにも、この2日間は絶対に見逃せない!            



コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。