【WWE2010年8月来日公演特集コラムA】8・20&21両国にやってくるWWEの顔 ジョン・シナこそ、現時点における最大のスーパースター! [WWE]

 世界最大のプロレス団体WWEでは、所属選手を「レスラー」ではなく、「スーパースター」と呼ぶ。世界中でテレビ放送されているWWEだけに、「スーパースター」の呼称は大げさでもなんでもない。では、「WWEスーパースター」の中で現在もっとも「スーパースター」と呼べるのは誰なのか。

★公演名:『WWE RAW presents サマースラムツアー2010』
★公演日時:8・20(金)19時00分開演
      8・21(土)18時00分開演
★会 場:両国国技館
★公演詳細とチケット申込はコチラ!



©WWE


HHHやジ・アンダーテイカーが欠場しているいま、真の意味での「スーパースター」のなかの「スーパースター」は、ジョン・シナなのではないか。海外に行ってみると、そのことはすぐにわかる。アメリカはもちろん、メキシコやヨーロッパでも、WWEが公演をおこなうような国ではWWEグッズが当たり前のように街で売られている。なかでももっとも目にするのが、ジョン・シナ関連のグッズである。とくにチビッコファンの人気が高く、シナのTシャツを着たこどもたちの姿は試合会場付近はもちろんのこと、ふだんの生活のなかでもふつうに見かけることができるのだ。

そのシナが、こんどの日本公演にやってくる。8月20日(金)&21日(土)、東京・両国国技館での2DAYSは、ロウブランドでの上陸だ。シナはロウのメンバー。エースとしての来日と考えていい。

シナの初来日は2003年7月のスマックダウンだった。以来何度かWWEのメンバーとして日本に来ているが、8月の来日こそ、エースとしてのシナを存分に味わえる内容になると思われる。6月のPPV「フェイタル4ウェイ」では4人同時に闘うタイトルマッチでWWE王座を失ってしまったものの、今後もロウの主役であることに変わりはない。とくにここ数ヶ月に及んだバティスタとの激闘を振り返れば、現在のエースは間違いなくシナである。

バティスタとシナは、ファーム団体であるOVW時代からのライバルだった。レイ・ミステリオとの抗争からヒールに転向したバティスタは、次なる標的をシナに定めた。というのも、シナはかねてからバティスタのジェラシーの対象だった。

WWEデビュー後の数年間はレスリング経験の少なさもあって、シナは人気先行型の「スーパースター」だった。こどもたちには絶対的な人気を誇りながらも、通のファンからはブーイングの対象になっていた。しかしながら、経験を積んでいくうちにブーイングを飛ばされるケースは少なくなっていく。正直、いまでもブーイングはある。しかし現在のそれは、バティスタがシナにジェラシーを抱いたようなやっかみ半分のもの。一部ファンに“反シナ”の気持ちを抱かせるのも、「スーパースター」中の「スーパースター」である証しなのだろう。

とにかく、2・21「エリミネーション・チェンバー」からスタートしたPPVでの連戦はすさまじかった。ここではバティスタがWWE王座をゲットしたばかりのシナを奇襲する形でタイトルを横取り。次の「レッスルマニア26」では、バティスタが王者としてシナを迎え撃つ形になっていた。この頃からバティスタはシナへの積年のジェラシーを爆発させていた。「本当は、自分こそいまのシナのポジション、WWEの顔になるはずだったんだ」と・・・。

「レッスルマニア26」のセミにラインナップされた両者の対決は、シナの王座奪回で幕を閉じた。しかし、バティスタは執拗にシナを追いかけつづけた。4・25「エクストリーム・ルールズ」では“ラストマンスタンディングマッチ”、5・23「オーバー・ザ・リミット」では“アイ・クィット・マッチ”というともに厳しい条件がついた形式でメインでの対戦。

前者ではコーナーに括られ立ち上がれなくされるというシナの頭脳プレーにやられた。そしてどちらかが「アイ・クィット(やめる)」というまでつづく後者では、シナに担がれ車の上からステージ下へ落とされそうになったバティスタが恐怖のあまり「アイ・クィット」と口走ってしまった。PPVの正式な試合での同一カード3連戦も異例なら、3−0というスコアも異例だろう。

これをきっかけにして、バティスタはWWEから姿を消した。いずれはふたたびリングに上がると期待したいが、シナはライバルとの闘いに一応のピリオドを打ち、エースであることを満天下に知らしめたのである。その後、NXT軍の標的にされたのも、シナがおいしい存在だからこそ。それだけに、こんどの日本公演でのシナには注目が集まるのだ。

 8・21、2日目の両国では、シナとヨシ・タツがタッグを組み、クリス・ジェリコ&シェーマス組と対戦する予定になっている。日本凱旋のヨシ・タツには、真の「スーパースター」となったシナのオーラから直接なにかを得るチャンスでもある。シナは「スーパースター」でありつづけることで、真の「スーパースター」としてのアテチュード(心構え)を習得した「スーパースター」なのだ。(新井 宏)


コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。