【会見コメントアップ!】初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 11.27(金)記者会見 [リアルジャパンプロレス]
091210_realjapan_20.jpg

【会見コメントアップ!】初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 11.27(金)記者会見

初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 
12月10日(木)東京・後楽園ホール開場17:30開始18:30

★11/27(金)記者会見詳細記事はコチラ!

★大会詳細とチケット申込はコチラ!


091210_realjapan_21.jpg■佐藤光留
「よろしくお願いします。12月10日のリアルジャパン後楽園大会に出場することになりました、佐藤ミツル改め佐藤光留です。……あまりウケなかったんですけども…10年経っても(名前を)同じ間違いをされる選手として、ウルティモ・ドラゴン選手と組み、グラン浜田選手&ケンドー・ナカザキ選手と戦うこととなりました。前回、初参戦でシングルマッチで戦い、急遽相手が変わり、試合には負けてしまいました。あれからどう自分が変化したかというのを出して、全力で勝ちに行きたいと思います。よろしくお願いします」

――ウルティモ・ドラゴン選手と初めてタッグを組みますが、スタイルの違いをどう思われますか?

「総合格闘技がひとつのジャンルとして確立してる。その中で10年、パンクラスでやってきまして、元々、数あるプロレス団体の中からプロレスのスタイルとしてパンクラスという団体を選んで、その団体が総合格闘技というモノを創り出した。その流れにいた自分なんですけども、パンクラス以外にルチャ・リブレに大変興味がありまして、高校時代はアマチュアレスリングや柔術の試合に出た時も、勝った負けたより“マヒストラルができなかった”とか、そういうことを反省して先生に怒られたりしてました。パンクラス時代、鈴木さんの試合を観に行って、ウルティモ・ドラゴン選手とご挨拶をさせていただいたことがあり、非常に感激した記憶があります。そのウルティモ・ドラゴン選手とタッグを組めるということで、スタイルの違いはありますけども、逆に言えばパンクラスのスタイルもルチャ・リブレのスタイル、2つもあるということです。目標は1つ、チームの勝利。それに向かって、様々なスタイルを駆使して相手チームを攻略していきたいと思います」

■初代タイガーマスク(佐藤のコメントを受けて)
「両者の違いが凄くありすぎて心配してましたけども、佐藤選手のその思想を聞いて、“これは上手くいくかな”と。いい試合ができると思います。」

■和田城功
「今回でリアルジャパン、3度目の参戦となります。前回は隣の佐藤選手とシングルで戦わせていただいて、その試合を観られていた渡部館長から“スーパー・タイガー選手と戦ったらいいんじゃないか”と推薦していただいて、今回こういうカードになりました。そういうことなんで、スーパー・タイガー選手とガンガンやり合って、佐山先生が日頃おっしゃっているナチュラルなプロレスを表現したいと思います」

■スーパー・タイガー
「今回、サスケ選手&和田選手と戦うことになりました。サスケ選手とは前回も戦いましたけど、偉大な選手なので、気後れしないように自分の持ち味を出していきたいと思います。和田選手とは、いつか戦いたいという気持ちが僕の中にありました。長州選手の遺伝子を受け継ぐ和田選手と、僕が本来持っている格闘技のスキルを存分にプロレスの中で発揮できるんじゃないかなと思ってます」

091210_realjapan_19.jpg

■質疑応答
――非常に濃いメンバーでのタッグマッチですが、和田選手は鈴木みのる選手をどうお考えでしょうか?
和田「お客様は当然、鈴木さんとサスケさんの絡みを期待されると思うんですけども、自分とスーパー・タイガー選手がどこまで2人の存在感に消されず、よりインパクトを残せるか、上回れるかを意識したいと思います。ガンガンやり合いたいです。鈴木さんは、自分がレスリングを始めて横浜高校に出稽古に行っていた時に、レスリング場に写真が貼ってて、“いつかプロレスラーになって戦いたいなあ”と思ってて、同じルーツの選手ですし、試合ができるということは大変光栄だと思います」
――和田選手はスーパー・タイガー選手のどういったところに惹かれてガンガンやり合いたいと考えてるんでしょうか?
和田「マスクの下に隠してる格闘技のスキルはもの凄いモノがあるので、それがまだ正直、プロレスのリングで完全に発揮してないと思います。それを発揮していただいて、自分も長州さんに教わったプロレス、保永さんに教わった技術、石井さんに教わった技術で、それに対抗していきたいなと思います」
――スーパー・タイガー選手、格闘技のスキルが発揮できてないという耳に痛い言葉がありましたけど、どうですか?
スーパー・タイガー「それはもう、自分自身も感じていて。でもやっぱり相手あっての試合なんで、今回、和田選手がそういう思いでブツかってきてくれるということは、僕もそれに対して思いをブツけられるんで、新たに覚醒できるチャンスなんじゃないかと思ってます。注目していただいて、今まで以上のモノを出せるように頑張っていきたいと思います」
――スーパー・タイガー選手、9月の後楽園大会で鈴木選手にかなり怒られてましたが、その部分に関してはいかがですか?

スーパー・タイガー「前回の反省もありますし、そういう部分を今回生かしていければなと思ってます。ただ鈴木選手と組んで、一戦一戦、確実に僕の中で変わってる部分がありますから、まだまだ鈴木選手には怒られると思うんですけども、自分の力に変えて、それをリングで表現できるように頑張っていきたいと思います」

――佐山選手、ご自身が育てたスーパー・タイガー選手と長州選手が育てた和田選手が闘うことについて、なにかご感想をお聞かせいただければ。

初代タイガー「うーん、スーパー・タイガーはまだ育ちきってないというか。格闘技の方は完全に育ちきっちゃってるけども、プロレスにおいては非常に苦しんでいる状態。誰もが通る道なんで当たり前なんだけども、格闘技とプロレスは全然違うんで、それを今、痛感してるんだろうと思います。凄く難しいですね、プロレスって。何て言うのかな、非常に難しいモノがある。そこを如何に潜り抜けるかという。そこを経験することは非常にいいことだと思うんですね。最初からポンポーンとできると面白くないですから。それに対して、和田選手の場合は長州さんを始めいろんな方にプロレスを教えていただいて、結構出来上がっちゃってる。長州さんのお弟子さんと自分の弟子が戦うからどうのこうのという問題ではなく、スーパー・タイガーには戦いを通じて、いっぱい吸収してもらいたいなと思います。僕はちょっと武道を創ることが精一杯で、そればかりに時間を取られてますので、プロレスは全然見てない状態。2月に本が出来るんですが、これが思想の本でして、10年掛かりで創ってる本ですから、それで迷惑掛けちゃってるけどね。ホントはスーパー・タイガーのプロレスの方も見てあげたいんだけど、格闘技の方を見るのが精一杯で。パンチがどうした関節技がどうした、タイミングはどうだ、足の運びはどうだと、そんなことばっかりやってる選手にプロレスが簡単に出来るかといったら、なかなか出来ない。そこんとこを鈴木選手に教わりながら、和田選手にも教わって、一生懸命いい試合が出来れば。学芸会のような試合をしたら僕は怒りますけども、ナチュラルで悪い試合なってるんで、怒る理由がない。あとはナチュラルでいい試合をしてくれればいいだけ。怒られても、彼が今の道を進んでいることに非常に満足してます。あとは思いっ切り楽しんで来なさい、ということです。次のカードもいっぱいいいモノがありますので、この中の試合にも絶対に負けないような戦いを見せてもらいたい。間下と斎藤の試合も誇れる試合ですし、折原昌夫の試合も誇れる試合ですし、アレクサンダー大塚の試合もそうでしょう。藤波&長州&初代タイガーが組む試合もプロレスの醍醐味を見せてくれる。この中にスーパー・タイガーが溶け込めるかどうか。絶対にそうしてもらいたいし。でも、一歩間違えたら大変な選手になりますよ。もちろん和田さんも、佐藤さんもそう。片意地張ることなく、頑張ってもらいたいなと思います!」


『REVIVAL』
12月10日(木)東京・後楽園ホール開場17:30開始18:30
■決定対戦カード
▼シングルマッチ
スーパー・ライダー(RJPW)
vs
山本裕次郎(チーム太田章)
▼タッグマッチ
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門メキシコ)、佐藤光留(パンクラスMISSION)
vs
グラン浜田(フリー)、ケンドー・ナカザキ(RJPW)
▼タッグマッチ
鈴木みのる(パンクラスMISSION)、スーパー・タイガー(RJPW)
vs
ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)、和田城功(リキプロ)
■既報対戦カード
▼第1試合
間下隼人(RJPW)
vs
斎藤彰文(RJPW)
▼6人タッグマッチ
折原昌夫(メビウス)、タイガー・シャーク(RJPW)、ブラック・シャドー(フリー)
vs
アレクサンダー大塚(AODC/第3代レジェンドチャンピオン)、石川雄規(バトラーツ)、稔(フリー)
▼メインイベント6人タッグマッチ
初代タイガーマスク(RJPW)、藤波辰爾(ドラディション)、長州力(リキプロ)
vs
高山善廣(高山堂)、長井満也(ドラディション)、関本大介(大日本プロレス)
■チケット VIP席(特典付)12,000円、RS席8000円、A席6000円、B席5000円
■問 KIAI PROJECTリアルジャパン事務局03−3833−3662

091210_realjapan_01.jpg


コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。