【藤波&長州&初代タイガーの歴史的レジェンド夢のトリオ結成で全国ツアー開始!】ドラディション北海道・大阪ツアーは目前だ![リアルジャパンプロレス]
ドリームインパクトな3人が暴れまわる!

藤波辰爾のドラディションが積極果敢の北海道ツアーを敢行することになった! ドリームインパクトというツアー名だけに、とっておきの目玉が必要になってくると思っていたら、とんだ目玉が誕生した。なんとツアーを通して名レスラーの3人、藤波辰爾、長州力、初代タイガーマスクが強力トリオを組むのである。考え方が違うこの3人がトリオを組むなんて、当時のファンなら信じがたいかもしれない。いったい、なぜなんだ!? しかし、その理由を知れば、こりゃ見に行かねばなるまい!

090906_dradition_01.jpg

考えが違う3人の大物が結集した理由とは!?

1980年代のプロレスは藤波辰爾、長州力、初代タイガーマスクの活躍があって隆盛をきわめたと言っていい。しかし、三人はまったく考えが違う。藤波と長州はことあるごとに対立して名勝負を生産し続けたし、初代タイガーマスクは独自の四次元殺法でスターダムに。

なんで、そんな考え方が違う名レスラーがトリオを組むことになったのだろう。実はここ最近、3人は何度か組んでいて、いずれの試合もプロレスの迫力を見せつけている。エネルギッシュで素晴らしい。いったい、どこからこれほどまでのエネルギーが出てくるのかと思うほどだ。
なぜ3人が組むのか。

それはそれぞれ強い思いがあって、その思いをリングでぶつけることによって、インパクトのある試合になると思われたからだ。レジェンドトリオの名前がつけられてないが、ドリームインパクトというチーム名であっても悪くない。

ちょっと、それぞれの考え方を紹介しよう。
初代タイガーマスクの佐山の考えはこれまで何度も会見などで明らかにされているが、実に明快である。

090906_dradition_02.jpg簡単に言うと、
●「自分のためにプロレスをしているのではない。自分の使命は本当のプロレスを復活させること」
●「いまのような学芸会のようなプロレスであってはならない。昔はセメントを何時間もやり、苦しい練習をし、基礎を作った。基礎があったから、いまだってできるということを見せるんだ」
●「自分が試合に出ることで後輩たちにプロレスはこうなんだというメッセージを出したいし、ストロングプロレスという宝石を後輩たちのために業界に残しておきたい」

 初代タイガーは「強さを求めるプロレス」を復活したいと思っているのである。

長州の反骨精神が爆発!

090906_dradition_03.jpg それでは長州力はどうなのか。
 当然、長州は初代タイガーマスクとは違う気持ちでトリオを組んでいる。

実は長州はあの反骨精神がリングの原動力となっている。長州自身は何も語らないが、思っていることはひとつだ。「北海道を他団体に負けないくらいお客さんで埋めてやる!」という意気込みだ。
長州はいま新日本のリングに上がるのは本当に稀になった。新日本は若手の時代になったからだ。これに長州の反骨精神に火がついているのである。

「あいつらに負けてなるものか!」

長州はそういうレスラーである。

きっと藤波はそういう長州の性格をわかっていて、一緒に組もうとしたのだ。

090906_dradition_04.jpgなぜなら長州の反骨精神が燃えれば燃えるほど、藤波自身も長州に対するライバル心が燃え盛ってくるからだ。

レスラーという動物は実に不思議だ。目的を持つともの凄い力を発揮する。だからドリームインパクトの3人は、いつも凄い迫力で試合を見せられるのである。

果敢に向かう攻撃隊は大日本の若手ども

北海道巡業は9・13札幌テイセン、9・14旭川地場産業振興センター、9・15鳥取ドーム(釧路コミュニティ体育館)、9・16函館市民体育館。

このドリームインパクト3人に果敢に向かっていくのは、彼らも実力を認めている大日本プロレスの凄腕どもだ。

 大日本プロレスはとにかくプロレスラーとして肉体を大きくすることからスタートする。その代表格が関本大介だ。今回、ドラディションには関本に続いて佐々木義人、石川晋也、岡林裕二が参戦させるが、まずがっしりした肉体を持っている関本と佐々木は対レジェンド向け攻撃隊となる模様だ。

 関係者によると大日本側は3人のレジェンドでツアーをやることを聞きつけ、「ぜひとも勉強のために参戦させてほしい」と直談判をしたらしい。関本と佐々木の実力は承知しているドラディション側は、彼らなら試合が熱くするに違いないと了承したわけだ。

とにかくドリームインパクト3人には、それぞれ火が点いている。その火をメラメラと燃えさかせるには火薬がいる。その火薬として元気な大日本勢はもってこいと踏んだのである。ちなみに石川はまだ体が細いが、大日本のグレート小鹿曰く「石川は若い頃の藤波を見ているようだ」とも言う。

面白い北海道ツアーとなった。ドリームインパクト! まさに名前そのものである。

また楽しみなドリームインパクト3人組の北海道ツアーだが、皮切りとして9・6大阪府立体育館も組まれるので、こちらも見逃せない。

≫Draditionのチケット申込みはコチラ

 
090906_dradition_05.jpg


コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。