【リアル・ダーク会見コメント全文アップ!】3・1(日)リアルジャパンの目玉は“初代タイガーvs長州”ではない![リアルジャパンプロレス]
【“トンパチ”折原昌夫率いる「リアル・ダーク」2/24(火)記者会見 コメント全文アップ!】

realjapan_090301_12.jpg

リアルジャパンプロレス第16弾興行『CHAOS』
3月1日(日)東京・後楽園ホール開場17:30開始18:30

★大会詳細とチケット申込はコチラ!


★団体フロント「当初6人タッグマッチに出場が決定しておりましたリアル・ダークのリーダーである折原昌夫が、2月20日・金曜日の自身が主催するメビウス千住大会で、高岩選手との対戦中に右腕を骨折いたしまして、3月1日のリアルジャパンプロレス後楽園大会をやむなく欠場することになりました。症状と致しましては診断書によりますと、右橈骨骨間部骨折ということで、全治6週間となっております(東京厚生年金病院で診断)。本日はその怪我と欠場に関して、本人からの説明と、リアル・ダーク他2名(タイガー・シャーク、ブラック・シャドー)も出席の上、3月1日はどうするのかというのを発表させていただきたいと思います」


★折原「2月20日、メビウスという私の自主興行の北千住大会において、右腕を試合中に骨折してしまい、3月1日のリアルジャパン後楽園大会に出場することが不可能な状況になりました。長い間、レスラー生活をしていますけど、骨折したのは初めてで。決して注意を怠っていたわけじゃないんですけど、終わってみれば、とても相手方に迷惑をかけたなという気持ちでいっぱいです。誠に申し訳ありません。今まで私たちを応援してくれてたリアルジャパンのファンの人たちに頭を下げます。本当に申し訳ありませんでした(立って深々と頭を下げる)」

※リアル・ダーク(折原昌夫、タイガー・シャーク、ブラック・シャドー)勢揃い
realjapan_090301_13.jpg

★折原「このリアルジャパンにおいて、リアル・ダークというチームを結成しましたけども、そのリアル・ダークは果たしてリアルジャパンにおいて何を目標にこれから動き出していくのか、ということと、3月1日、私が穴を開けてしまった大会について、その2つの点について述べたいと思います。
私が怪我をした2月20日の次の日に、隣にいるシャドーとシャークに電話で呼び出されまして、某ホテルで相談をされました。彼たちが言うには、3月1日はこのままの体制で、折原昌夫抜きの3対2での強行突破を会社側とマスコミにリリースしてくれと。まだリアルジャパン側からはOKはもらっていません。今日はその答えと色々なことを話にきました」

★ブラック・シャドー「折原さんが抜けたことで、今の時点では3対2ということになっているんでしょうけど、自分としては楽しみが増えたというか、別に3対2でも負ける気はしないので。まあまあ、ちょっとシャークとは不仲ですが、そこの鮫野郎と3人まとめてぶっ倒してやろうと思います」

★ タイガー・シャーク「まあ、そこの黒いのが言った通り、2人でも十分だろうと。あとはこの(折原)教官の抜けた穴に代わりもいねえだろうというのが俺の考えでもあるし。1人でも十分って言いたいところだけど、さすがにそこまではナメられないんで、協力できればと思ってます。だけど、長くこの2人という体制ではやるつもりないんでね。早く教官にも復活してもらわないといけないんだけど、とりあえず今回はチームとしてしっかり相手を倒しにいければと」

★団体フロント「先ほどの折原選手の要望を昨夜受けまして、リアルジャパンが団体としてそういう試合をしてもいいのか簡単に決められる話ではありませんので、初代タイガーマスクこと佐山先生に話をしました。佐山先生としては“その形式であっても本当にリアルジャパンプロレスとしてプロレスを見せられるという自信がリアル・ダーク側にあるのであれば”と。折原選手はずっとリアルジャパンでも教官をしていた経歴もあり、佐山先生の方からも実力は保証されている男です。その折原昌夫がそこまで言うのであれば、特別にその対戦カードでいけというお許しを、昨夜いただきましたので、リアル・ダークの要望通り、3対2のハンディキャップマッチということにさせていただきたいと思います」

■質疑応答
――折原選手はどの大会で復帰を目指すんでしょうか?

★折原「3月1日に他団体の試合に穴を開けてしまったというのは、先ほど言ったようにすごく重く捉えています。ただ、自分の復帰に関しては、4月4日にメビウスの新宿FACE大会がありますから、そこの大会までには何が何でも体を整えて、リングに立ちたいと思ってます」

――シャドー選手とシャーク選手は仲が悪いということで有名ですが、今回のタッグ戦に向けて、お互いの関係をよくするために合同練習などは予定されてますか?
ブラック・シャドー「まあ、仲が悪いと言われるのもどうかと思うんですけど、合同練習はなくても、各々が持っている力というのは本物だと思うんで、それを出し合えば別に3対2でもまったく問題ないと自分は思ってます」

タイガー・シャーク「このチームでお互いを信じているものがあるとしたら、お互いの実力だけだからね。それを出し合えばいいんじゃないかと」

★折原「一見、2人ともいがみ合っているように見えるんですけど、今回は間に入っているまとめ役の僕が出られないということで、実はとても心配なんです。ただ、試合においてはまったくその心配は感じておりません。どうして仲が悪そうに見えるこの3人が1つのチームを組んでやっていけるのかという理由ですけど、今、僕たちリアル・ダークはリアルジャパンの中において、あることを始めようとしています。それは、今回の3対2のハンディキャップマッチに勝利した時に大々的に発表します。もうすでにその行動については動きを出しています。リアルジャパンをより一層活性化するために、そして、来たお客さんにたくさんの思い出を残せるように、その第一歩の行動を始めています。ただ、今ここでは言うことができません。そこの一番上にある目標が3人とも同じだということで、仲が悪そうには見えますけど、目標が同じである間は2人もうまくやっていけるんじゃないかと。僕はそういう心配はしてません」

――折原選手は前回の会見の時に「プロレスの形は1つじゃない。従来の形だけがプロレスじゃないという試合を見せたい」と話していたが、今回ハンディキャップマッチになったことで、2人はどんな試合を期待していますか?

★折原「リアルジャパンのプロレスリングというのはしっかりとした基盤の上に、派手ではないですけど、要所要所にキツい攻めがあるプロレスになっていると思います。シャークに関しても、シャドーに関しても、今まで勝ち取ってきた格闘技の中で、しっかりとしたものを持ってますから。決して1人が欠けたからといって、ヘコむ部分というのはないですね。2人の気持ちの中にもないと思います。何を表現するかというのは、今のリアルジャパンにはない色ですね。折原昌夫なしでも、この虎のマスクを被った2人も十分に表現できると思います。さきほど言いましたように、僕たちには物凄い大きな企みがありますから、それを早く発表したいですね。そこで勝利を得て」


■会見終了後の囲み
――怪我をした試合は高岩選手とタッグだったと?
折原「私とディック東郷、そして高岩竜一選手と藤田ミノル選手のタッグマッチ。セミファイナルですね。試合では最後、強引にマヒストラルで藤田ミノルを押さえたんですけど、開始5分ぐらいでもう負傷してましたね」

――その時の技は脇固めですか?
★折原「いや、何でやったかはハッキリで分からないですね。後でVTRでも見てみます。記憶の中では右の脇を極められた時に凄い音がしたんで、そこじゃないかなと」
団体フロント「試合後、救急車で新宿区にあります東京厚生年金病院に運ばれまして、そこで治療を受けて。右橈骨骨間部骨折ということで、全治6週間の診断を受けました」

――さきほど話していた大きな計画というのは、今回の怪我をする前から考えていたことですか?
★折原「リアル・ダークとしてチームを組んだ時からですね。こういう動きにしていこうということは考えていました。もう全てのことは発表できる段階にありますけど、まず僕も穴を開けてしまったことだし、この虎の2人に勝利をしてもらってから、リングの上でお客さんとマスコミの皆さんに発表するという形にしたいです」

――それは初代タイガーマスク選手も了承済みですか?
★折原「知らないです。別に述べる必要はないです。彼の団体ですけど、いちいち彼に断りを入れて行動を起こすことはないと思います。まずは3月1日にこの2人の虎に勝利してもらってからの話ですね」

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。