【Hikaru&前村インタビュー前編】 CHICK FIGHTS SUN 「SUN SET」〜Hikaru・前村さきFINAL〜 4月26日(日) 東京・ベルサール六本木 14:00〜[プロレス]
【Hikaru&前村インタビュー前編】

090426_sun_02.jpg

2008年12月16日、ZERO1-MAX新宿大会でプロレスリングSUNのHikaru、前村さきが突然の引退を発表。端正なルックスと負けん気の強さで人気を集めるHikaruと、小柄な体格から繰り出されるパワーと技術の高さで魅せる前村が「プロレスをやってきて一番ベストな状態(Hikaru談)」の今、引退する理由は何なのか?

SUN最終興行となる4月26日六本木大会では、前村とHikaruのシングルも決定。前編では2人が引退を決意した理由に迫るほか、後編では全女時代の思い出話から、電撃入籍を発表したHikaruの“恋話(!?)”まで、プロレス&格闘技ライターのささきぃがイープラス独占インタビューを実現した。

ーー今日はよろしくお願いします。
Hikaru「Hikaruです!」
前村「前村さきです!」
2人「よろしくお願いします!!」 

ーー丁寧にありがとうございます(笑)。まず、おふたりが引退を発表された日のことからお話をお伺いしたいと思います。大会前、2人ともごくごく普通だったじゃないですか。
Hikaru「はい、普通でしたね」
前村「ぜんぜん普通」

ーーあの日に引退を発表するってことは決めてらしたんですよね。
Hikaru「そうですね。2人で『緊張するねー』って」
前村「『泣くわー』とか言ってたんですよ。変な緊張と変なテンションで、気持ち悪かったですね」

ーー試合やってても、いつもとは違う気持ちになったりしなかったですか。
Hikaru「いや、試合の時は緊張してたんで。試合終わって、負けちゃったんですよ、あの日。不意に」
前村「不意にね」

ーーHikaruさんが前村さんの丸め込みで、不意に負けてしまったんですよね。
Hikaru「不意すぎたのもあって、発表することさえも忘れそうになりましたね」
前村「ホントに? ちょっと〜(笑)」

ーー勝った前村さんはどんな気持ちでしたか?
前村「私は、試合のときは発表のことは考えてなくて、よし、早く言おうって感じでした。終わった瞬間に気持ちが切り替わりましたね」

ーーあの時、言いよどむというか、声がつまっているように聞こえましたし、目元には光るものもあったように見えたんですが。
前村「それは、ね」
Hikaru「……一大決心でしたからね。自分たちの中では、引退はもう決まっていたことなんで、あぁ、ようやく言えた、みたいな感じでしたね。だから」
2人「スッキリ」
前村「ハモったね(笑)」

090426_sun_03.jpg

ーー自分たちの中で決まっていることなのに、黙ってるのはしんどいですよね。
前村「泣くかもとか思ったんですけど、晴れ晴れとした感じでしたね」
Hikaru「だから、お客さんやファンの皆さんには『なんだ、あの軽々しい発表は』って思われちゃったかもしれないんですけど、そんなかでも自分たちなりの葛藤があって、いろんな重いがあって、やっと伝えられたっていう気持ちがあって、軽いわけじゃないんですよ」
前村「そうだよね。軽いわけじゃなかったです」

ーー引退を決めたのは、いつだったんですか?
Hikaru「一緒に引退しようとは思ってなかったんです。私のほうが先に、年内に引退しようと思っていますって前村さんに伝えました」
前村「去年の年内ですよ」

ーー去年の年内? 2008年中にですか?
Hikaru「報道では、寿引退とかって言われてるんですけど、そうじゃなくて、引退は引退なんです。それ(※結婚)があったからの引退じゃないんです」

ーーでは、Hikaruさんが引退を決めたきっかけは何だったんですか?
Hikaru「えっとですね……。今の自分は、コーナーからのミサイルキックを100%の力で、お客さんに必ず『すげぇ』と言わせるものを打っているつもりなんですけど、それが、すげぇと言われなくなったら辞めようと思ったんです。今の自分なら、相手の技も100%受けてみせられるし、現役の中で一番体調がいいんですよ。身体の具合も、動きも。このまま辞められたら私、すごい幸せだなぁと思って」

ーー選手は、自分の身体に限界を感じたら辞めるんじゃないかという印象があったんですけど、Hikaruさんの今のお話だと、全く逆ですよね。
Hikaru「そうですね。前村さんがずっと新人の時から私の一番近くで見てきているんで、前村さんが一番分かっていると思うんですけど、私、ほんとに怪我に悩まされて、現役生活を送ってきたんです。今ほど、こんなに動けて、身体が絶好調なときってないんですよ。この1年くらい、痛いとか、手が動かないとか、言ったことないですよね」

ーー全女時代もそうですし、SUNが始まってすぐぐらいの時も、ずっと怪我が続いていましたよね。
Hikaru「いつも、どこかしら怪我してたんですよ」

ーーいま、体重も落としたんだろうなって見て分かりますし、体調も非常に良さそうですよね。そこで『もっともっと動きたい』じゃなくて、今、辞めたいって思うんですか?
Hikaru「いま、本っ当に幸せなんですよ。自分の身体が思い通りに動けて。だから……全力で戦えるうちに辞めたかったんです。プロレスって、強いだけじゃなくて、人間くささを表現したりするものでもあったりすると思うんですけど、私はずっとマイナスで来てて、じりじり歯がゆい思いをずっとしてきて、今、ようやく100%のものを見せられるようになったから、今の自分を記憶に残して欲しいんですよ」

ーーファンの人の記憶に、いまの一番いいHikaruを残しておきたい?
Hikaru「そう。おあとがよろしいようで、って」
前村「アハハハハ」

ーーえーっと(笑)、前村さんはHikaruさんの意志を聞いて、どう感じて、どうご自分で決意されたんですか?
前村「Hikaruからは前々から辞めるとは聞いていたんですけど、私も私で辞めたい気持ちはあったんですよ。なんで辞めるかって、本当によく聞かれるんですけど」

ーーそりゃ聞きますよ!
前村「ハイ(笑)。それはですね、前々から言ってたんですよ。年は明かしていなかったんですけど、この年で辞めると決めていた年に、もうすぐなるので」

ーー○○才ですよね。
前村「……はい。年を言わないでください」

ーーそれって、いわゆる、全女(※全日本女子プロレス)の伝統にあった「定年」の年齢を守るってことですか?
前村「続けたい、辞めたいっていう気持ちには波があったし、いろいろ考えることはあったんですけど、最終的にこの年までには辞めるって思っていましたね。長く続けられる職業じゃ、ないじゃないですか。だから第2の人生を考えて。計画的に生きてるんですよ」

090426_sun_05.jpg

ーー4月26日のカードがHikaru対前村さきに決定しましたけど、この1年くらい、ずっとお2人はシングルで戦っていましたよね。変なことを聞くようですけど、飽きたりしないんですか?
Hikaru「これが、不思議なことに飽きないんですよ。人間、普通はこれだけ戦えば満たされるじゃないですか。でも前村さんとはどんだけ戦っても飽きないんです」

ーーそうなんですか?
Hikaru「身体の大きさが違うから。私のほうが大きくて、この人は小さいのに、いくら私がガンガン攻めても、この人は来るわけですよ。プロレス界で一番楽しめる相手ですよ。楽しいし、負けたら悔しい」

ーーあんなに毎日のように何戦も何十戦もやってても、負けたらやっぱり悔しいものですか。
Hikaru「悔しいですよ! 前村さんから捕られるときって、ほとんど(手を叩きながら)1,2,3,じゃないんですよ。(高速で)ワンツッスリー!みたいな感じなんです」
前村「違う違う違う!(笑)」

ーーまぁ、Hikaruさんが攻めていると思ったのに、急にフィニッシュが来るという負けかたが多いですよね。
Hikaru「そりゃ悔しいでしょー。9割わたし勝ってるんですよ」
前村「9割はウソ!」
Hikaru「9割5分」
前村「増えてるし!」

ーー前村さんはどうですか。
前村「そうですね。私もHikaruとやるのは一番楽しいですね。何回やっても。一番……一番痛いんだけど、一番危なくない」
Hikaru「そうですね。これが、すごいことで、仲がいいから優しくあてるとか、そういう気はさらさらないんです。信頼してるから、思い切りやれるんです。だからお客さんに、本当の戦いをみせられるんです。本来、女子プロレスがあるもので、女子プロレスって、新人のときに練習試合を毎試合毎試合、道場でやるでしょ。それで信頼関係ができて、思い切りやれるじゃないですか。そういう戦いが、まだ私たちには残っているんです。シングル、もう200回は越えたんじゃないですか」
前村「むちゃくちゃやってますよ」

ーー最後はその2人っていうことしか考えられなかったですか?
Hikaru「私はそうです」
前村「なんでそんな言い方するの(笑)。私も、もちろんそうです」

ーー最後、やっぱり自分が勝ちたいですか?
Hikaru「力尽きて辞めるわけじゃないんで。最後まで、勝負だし。『もうプロレスやりたくない』っていうくらい、徹底的にやろうねって言ってます。悔いが残らないように」

≫後編へ続く!

090426_sun_01.jpgCHICK FIGHTS SUN 「SUN SET」
〜Hikaru・前村さきFINAL〜
4月26日(日) 東京・ベルサール六本木
開場 13:15 / 開始 14:00


【決定カード】
Hikaru vs 前村さき


S席:¥6,000-
A席:¥4,000-


>>チケット申込みはコチラ


コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。