後半も見よ!【クマクマンボのK−1MAXのススメ[後半]】「K-1 WORLD MAX 2009〜日本代表決定トーナメント」 [K-1]
【前半はコチラよりご覧ください!】

「K-1 WORLD MAX 2009〜日本代表決定トーナメント」
2009年2月23日(月)
東京・国立代々木競技場第一体育館
開場16:00 開始17:00
★大会詳細とチケット申込はコチラ!


■高校サッカー出身で蹴りを得意とする期待のホープ参戦!

 もう一人、話題の初出場選手がいる。K-1待望の22歳という若き新鋭、日菜太(湘南格闘クラブ)である。高校サッカー出身の湘南ボーイは蹴り技を得意とし、特にサウスポースタイルから繰り出される左ミドルキックは“黄金の左ミドル”と称される。パンチ主体のK-1の中で、蹴りを主体としたファイトスタイルは異彩を放つであろう。昨年は白須康仁、龍二、HAYATOとK-1MAXに出場している選手を立て続けに撃破し、R.I.S.E.70kg級初代チャンピオンの座に就いた。

 その日菜太は1回戦で二連覇を狙う城戸と激突。トーナメント組み合わせ抽選会では、誰もがこの若き新鋭との対戦を避けて日菜太の隣には誰も行かず、最後に残った城戸が否応なしに対戦枠に入った。この時、日菜太はガッツポーズ。昨年のチャンピオンに勝つ自信があるかのように見えた。現役大学生で試合3日前には卒業検定を控えている身であるが、「今まで昨年度準優勝のHAYATO選手、(同大会に出場した)龍二選手を倒して、やるなら次は城戸選手しかいないなと思っていました。ずっとやりたかったんです」と城戸の二連覇を阻止する構え。迎え撃つ城戸もまた「偉大な3名の先輩(魔裟斗、佐藤、小比類巻)が二連覇しているので、僕も二連覇して歴史を崩さないようにしようと思います」と二連覇の目標に意欲を燃やしている。


■小比類巻の完全復活なるか?因縁のボビー弟と再戦!

 昨年、怪我での長期欠場から復帰するも、KO負けを喫した小比類巻が原点である日本トーナメントから再スタートを切る。しかも、対戦相手は因縁の“ボビーの弟”アンディ・オロゴン(チームオロゴン)だ。両者は2007年の日本トーナメントで激突し、アンディが延長Rでダウンを奪って判定勝ちするという番狂わせを起こして勝利。今回が約2年ぶりの再戦となる。小比類巻が調子を崩したのはまさにこのアンディ戦からで、「新しくスタートを切るために、日本トーナメントには自ら志願して出場することにしました」という小比類巻にはまさに絶好の相手。アンディも「日本トーナメントでアフリカ人が優勝するところを見せたいと思います」と意気込んでいる。

 トーナメント1回戦のもうひとつのカードは2006&2007準優勝の実績を持つTATSUJI(アイアンアックス)と全日本キックボクシング連盟ウェルター級チャンピオンの山本優弥(青春塾)が対戦。両者ともパンチによる手数の多さを得意とし、実力が拮抗したもつれつ試合となりそうだ。この試合の勝者が長島×HAYATOの勝者と準決勝を争い、城戸×日菜太の勝者VS小比類巻×アンディの勝者と決勝戦を争うことになる。

 実績的には小比類巻と城戸が優勝候補だが、長島と日菜太は未知の力を秘めているだけに初出場初優勝があるかもしれない。準優勝の実績があるHAYATOとTATSUJIが悲願の初優勝を飾る可能性もあれば、アンディと山本も侮れない実力者だ。まさに誰が優勝してもおかしくないデッドヒートが繰り広げられるであろう今年のMAX日本トーナメントは、昨年を上回る激闘の数々を生み出しそうである。


■闘う電通マンVSヤンキー代表、究極の格差社会対決!

 また、スーパーファイトには昨年の世界トーナメント準決勝で魔裟斗を苦しめた佐藤嘉洋(日本/フルキャスト/名古屋JKファクトリー)が登場、総合格闘技イベント『戦極』であの五味隆典を破ったセルゲイ・ゴリアエフ(ロシア/アクションフォース/MMA武士道)と対戦する。年末の『Dynamite!!』ではK-1ファイターが総合格闘家に全員KO負けを喫しているだけに、佐藤にはK-1の逆襲が期待されるところ。

 同じくスーパーファイトには“闘う電通営業マン”として有名になったエリートサラリーマン格闘家・大渡博之(正道会館)と、元暴走族でヤンキー代表の我龍真吾(ファイティングマスター)が対戦するという“究極の格差社会対決”もある。その他のカードもHIROYA(フリー)VS才賀紀左衛門(大誠塾)のフレッシュな対決、ISKA世界ライト級王者・上松大輔(チームドラゴン)VS元プロボクシング日本フェザー級王者・渡辺一久(フリー)の異種格闘技戦など話題のカードが目白押し。今年もK-1MAXから目が離せない!

【見所特集前半はコチラ!】


「K-1 WORLD MAX 2009〜日本代表決定トーナメント」
2009年2月23日(月)東京・国立代々木競技場第一体育館
開場16:00 開始17:00

【決定対戦カード】
▼日本代表決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾/NJKFスーパーウェルター級王者)
VS
HAYATO(FUTURE_TRIBE/2008日本準優勝)
▼日本代表決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
TATSUJI(アイアンアックス/2006・2007日本準優勝)
VS
山本優弥(青春塾/全日本キックボクシング連盟ウェルター級王者)
▼日本代表決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
城戸康裕(谷山/2008日本王者)
VS
日菜太(湘南格闘クラブ/R.I.S.E. 70kg王者)
▼日本代表決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
小比類巻太信(BRAVI RAGAZZI/2004・2005日本王者)
VS
アンディ・オロゴン(チームオロゴン/2008日本ベスト4)
▼日本代表決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
長島×HAYATOの勝者
VS
TATSUJI×山本の勝者
▼日本代表決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
城戸×日菜太の勝者
VS
小比類巻×アンディの勝者
▼日本代表決定トーナメント準決勝 3分3R延長2R
準決勝の勝者
VS
準決勝の勝者

▼スーパーファイト 3分3R延長1R
佐藤嘉洋(日本/フルキャスト/名古屋JKファクトリー/2006・2007日本王者)
VS
セルゲイ・ゴリアエフ(ロシア/アクションフォース/MMA武士道)
▼スーパーファイト 3分3R延長1R
上松大輔(チームドラゴン/ISKA世界ライト級王者)
VS
渡辺一久(フリー/元プロボクシング日本フェザー級王者)

▼スーパーファイト 3分3R
HIROYA(フリー/K-1甲子園2008優勝)
VS
才賀紀左衛門(大誠塾)
▼日本代表決定トーナメントリザーブファイト 3分3R延長1R
尾崎圭司(チームドラゴン/2007日本ベスト4)
VS
白須康仁(花澤/WMAF世界スーパーウェルター級王者)

▼スーパーファイト K-1ルール 3分3R延長1R
アルバート・クラウス(オランダ・チーム・スーパー・プロ/2002年世界王者)
VS
イ・スファン(韓国/KHAN/仁川ムビ/2003年韓国ミドル級王者)
▼オープニングファイト K-1ルール 3分3R
我龍真吾(ファイティングマスター/WMAF世界&M-1ミドル級、UKF世界ライトミドル級王者)
VS
大渡博之(正道会館/全日本空手道選手権軽量級4度優勝)

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。